1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示
  • マックス・マーティン

    マックス・マーティンから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    1990年代後半から2000年代前半にかけての彼の音楽は、ダンス向きのピアノ/シンセラーデン・ポップサウンドにファンク、ヘビーメタル、ユーロポップなどを混合したスタイルが特徴であった。しかし、ケリー・クラークソンの2004年と2005年のヒット曲「シンス・ユー・ビー・ゴーン」「ビハインド・ジーズ・ヘイゼル・アイズ」あたりから、より重いロックサウンドが増えた。2009年からR&Bジャンルへも進出し、レオナ・ルイスやリアーナ、アッシャー、T.I.などの様なアーティストの為に楽曲を提供した。マックス・マーティン フレッシュアイペディアより)

  • ビルボード

    ビルボードから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    Billboard JAPANのHot 100で最初に首位を獲得した曲は、2008年3月3日付けの嵐の「Step and Go」だった。同年5月5日付けでレオナ・ルイスの「ブリーディング・ラヴ」が1位になり、非日本人歌手初の首位獲得となった。2010年3月8日付け、第100回目のチャートで1位になったのは、Hey! Say! JUMPの「瞳のスクリーン」だった。ビルボード フレッシュアイペディアより)

  • ハローキティ

    ハローキティから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    また、グッズは2009年時点で世界約70カ国で展開され、年間5万種類が販売されており、年間売上4000億に到達する年もある。日本国外にもファンが存在する。著名人ではマイリー・サイラスやヒルトン姉妹やキャメロン・ディアス、マライア・キャリー、リサ・ローブ、ブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、レディー・ガガ、レオナ・ルイス、ジャッキー・エヴァンコ等がキティファンとして知られる。日本国外では日本のポップカルチャーの代表的存在の一つとして認識されている。また、日本国外に輸出されて使用されている言葉である「可愛い」の象徴とも言われている。ハローキティ フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    Just Stand Up!/MARIAH,BEYONCE,MARY J.BLIGE,RIHANNA,FERGIE,SHERYL CROW,MELISSA ETHERIDGE,NATASHA BEDINGFIELD,MILEY CYRUS,LEONA LEWIS,CARRIE UNDERWOOD,KEYSHIA COLE,LEANN RIMES,ASHANTI,CIARA(2010年?現在まで)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • エイコン

    エイコンから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    彼はデビュー・アルバム『トラブル』からの最初のシングル『ロックト・アップ』が大ビッチになった。2枚目のアルバム『コンヴィクテッド』はグラミー賞候補になるシングル『スマック・ザット』を生み出す。彼は自ら創設した2つのレーベル、コンヴィクト・ミュージックとコンライブ・ディストリビューションを持つ。彼は21世紀で最も成功した多才なR&B歌手の1人として知られる。。エイコンはしばしば他の歌手の為にゲストとして楽曲制作に参加しており、200以上の曲に参加し、36のBillboard Hot 100入りした曲を持つ。また、同チャートで同時に1位と2位を独占するという、なんとソロ歌手では初めての記録を達成した。。彼は6つのグラミー賞候補経験があり、レディー・ガガ、T-ペイン、レオナ・ルイス他多数のアーティストのヒットソングを手がけた。エイコン フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・クロフォード

    チェイス・クロフォードから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    2006年、テレビ映画 『Long Lost Son』やホラー映画 『レニー・ハーリン コベナント 魔界降臨』に出演。翌2007年に7回のオーディションの後、 『ゴシップガール』のメインキャストの一人であるネイト・アーチボルド役を獲得し、ティーン・チョイス・アワードの新人男優賞 (Choice Breakout Star Male) を受賞した。2008年はクライムアクション 『Loaded 』やインディーズ映画 『The Haunting of Molly Hartley』に出演、テレビのシットコムアニメ『ファミリー・ガイ』の数エピソードで声優を務め、2009年にはレオナ・ルイスの「I Will Be」のミュージックビデオに姿を見せた。2009年7月の『ピープル』誌では、最もHotな独身男性 (Hottest Bachelor) に選ばれている。公開待ちの作品には、ドラッグディーラーの役を演じる2010年公開予定のジョエル・シュマッカー監督作『トゥエルヴ』、主役に名が挙がっていたザック・エフロンが降板した為にクロフォードがキャストされた2010年3月から撮影開始予定の1984年作品『フットルース』のリメイク版がある。チェイス・クロフォード フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・ペイジ

    ジミー・ペイジから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    2008年8月24日に行われた北京オリンピックの閉会式に出席し、ボーカルを務めたレオナ・ルイスと共に「胸いっぱいの愛を」を演奏。同年に製作された記録映画『ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター』ではジ・エッジ、ジャック・ホワイトと対談やジャム・セッションを行った。また同映画では史上初めて自宅内部の撮影が許可され、所蔵した機材やアルバム等が公開されている。ジミー・ペイジ フレッシュアイペディアより)

  • 1985年

    1985年から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    4月3日 - レオナ・ルイス、歌手1985年 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示

「レオナ・ルイス」のニューストピックワード