52件中 41 - 50件表示
  • 2008年の音楽

    2008年の音楽から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    レオナ・ルイス:『スピリッツ』2008年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • Billboard Japan Hot 100

    Billboard Japan Hot 100から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    Billboard JAPANのHot 100で最初に首位を獲得した曲は、2008年3月3日付の嵐の「Step and Go」だった(2016年12月現在、公式サイトでは同年1月21日付にさかのぼってチャートが発表されている。同日付の1位は宇多田ヒカルの「Stay Gold」)。同年5月5日付でレオナ・ルイスの「ブリーディング・ラヴ」が1位になり、非日本人歌手初の首位獲得となった。また、2016年から2017年にかけては、星野源の「恋」が7週連続、通算11週間にわたって首位を記録している。Billboard Japan Hot 100 フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・ペイジ

    ジミー・ペイジから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    2008年8月24日に行われた北京オリンピックの閉会式に出席し、ボーカルを務めたレオナ・ルイスと共に「胸いっぱいの愛を」を演奏。同年に製作された記録映画『ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター』ではジ・エッジ、ジャック・ホワイトと対談やジャム・セッションを行った。また同映画では史上初めて自宅内部の撮影が許可され、所蔵した機材やアルバム等が公開されている。ジミー・ペイジ フレッシュアイペディアより)

  • グレンフェル・タワー火災

    グレンフェル・タワー火災から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    、リタ・オラ、ルイ・トムリンソン、レオナ・ルイス、ロジャー・ダルトリー、ロビー・ウィリアムズ、など。売上は「ロンドン・コミュニティ・ファンデーション」に全て寄付される予定だという。このチャリティー・ソングは発売から2日間でストリーミング含めて17万ユニットの売上を記録し、英国のヒットチャートで1位を獲得した。グレンフェル・タワー火災 フレッシュアイペディアより)

  • シェネル

    シェネルから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    ソングライターとしても精力的に活動しており、最近ではレオナ・ルイスなどへの楽曲提供も手掛ける。シェネル フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ナッシュ

    ケイト・ナッシュから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    イングランド系の父親とアイルランド系の母親の間、イングランドの首都ロンドン・ハーロウ・ロンドン特別区ハーロウで出生する。幼少からピアノやギターを学び、両親の影響でビートルズ、ローリング・ストーンズ、ハリー・ニルソン、ウィリー・ネルソン、ジョニー・キャッシュ、ジャニス・ジョプリンなどを聞く。米国ロックバンドのホールと米国のミュージシャンのキャスリーン・ハンナに影響を受けた。アデル、エイミー・ワインハウス、ジェシー・J、レオナ・ルイス、ケイティ・メルアらを輩出したブリット・スクールを卒業。元来、役者を志していたがいくつかの演技関係高等教育機関の入学試験に失敗する。彼女はファッションブランドのリバーアイランドやレストランのチェーン店ナンドなどで働く。ほどなくして階段から落ちて足を骨折、療養中の自宅で退屈から逃れるため曲作りを始める。書いた曲を披露するため地元でいくつかのギグをし、のちに、MySpaceにホームレコーディングをアップロード、おおいに人気を得る。2007年2月5日にモシモシ・レコーズよりデビューシングル「Caroline's a Victim」を発売、イギリスで2000枚のみの販売だった楽曲はすぐに完売した。同年4月、ポリドール・レコード所有のフィクション・レコードと契約、同年6月18日にデビューアルバム『メイド・オブ・ブリックス』(Made of Bricks)から2枚目のシングル「彼と彼女の関係」(Foundations)をリリース、全英シングルチャートで第2位を記録した。同年8月6日にリリースされたアルバム『メイド・オブ・ブリックス』は全英アルバムチャートで第1位を獲得、英国レコード産業協会よりプラチナディスク認定される。また、全米のアルバムチャートの初週で16,000枚を売り上げる。2007年の中頃、ワイヤレス・フェスティバル、グラストンベリー・フェスティバル、レディング・フェスティバル、T in the Parkといった様々な音楽祭でパフォーマンスを行う。ブリット・アワードで3部門にノミネートされ、2008年2月9日、ブリット・アワード最優秀女性アーティスト賞を授与された。バーナード・バトラーがプロデューサーとして参加したセカンドアルバム『マイ・ベスト・フレンド・イズ・ユー』(My Best Friend Is You)を2010年4月19日にリリースした、当初のアルバム名は『Crayon Full Of Colour』だったがパオロ・ヌティーニの楽曲タイトル「Pencil Full Of Lead」に似ていたため変更した。アルバムは全英アルバムチャートで第8位を獲得、同アルバムからの先行シングル「Do-Wah-Doo」は2010年4月12日にリリースされ全英シングルチャートで第15位を記録。ケイト・ナッシュ フレッシュアイペディアより)

  • クロイドン区

    クロイドン区から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    クロイドンはロンドンと南東イングランドにおける文化・芸術の発信地の一つでもある。のような文化センターがあることにより、区が活気づいている。一方で、有名なフリンジシアターであるは、2012年に区からの資金支援が打ち切られ、2013年に建物が取り壊された。1994年に女王エリザベス2世により、図書館と映画館と博物館が入る複合文化施設、が開業した。2000年から2010年までは、5万人を超える観衆とともに、地域の黒人とインド人の文化の多様性を祝う祭りが毎年夏に開催されていた。インターネットラジオ局 Croydon Radio が地元の人々により運営されている。また、地元のテレビ局 Croydon TV の本拠地でもある。プレミアリーグのクリスタル・パレスFCは1924年以来、にある競技場、セルハースト・パークを拠点に活動している。他にも、大司教の別荘にもなったことのある18世紀の大屋敷や、1850年代に建てられた、大ロンドンに現存する数少ない大型風車の一つである、アデル、エイミー・ワインハウス、レオナ・ルイスなど数々の芸術家を輩出した、BRITトラストが運営する芸術専門学校などがある。クロイドン区 フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・テダー

    ライアン・テダーから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    ライアン・テダー(Ryan Tedder, 1979年6月26日 - )は、アメリカ合衆国のシンガーソングライターで、ワンリパブリック (Onerepublic) のフロントマン。レオナ・ルイスに「Bleeding Love」を提供しNo.1ヒットとなる。他にもビヨンセなど楽曲提供多数。ライアン・テダー フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    「Just Stand Up!」MARIAH,BEYONCE,MARY J.BLIGE,RIHANNA,FERGIE,SHERYL CROW,MELISSA ETHERIDGE,NATASHA BEDINGFIELD,MILEY CYRUS,LEONA LEWIS,CARRIE UNDERWOOD,KEYSHIA COLE,LEANN RIMES,ASHANTI,CIARA(2010年 - 2013年)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • ダイアナ・ロス

    ダイアナ・ロスから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    ロスはマライア・キャリー、ビヨンセ、ジャネット・ジャクソン、マイケル・ジャクソン、クリスティーナ・アギレラ、リル・キム、ソランジュ、テイラー・スウィフト、アシュレイ・ティスデイル、ケイティ・ペリー、ケリー・キー、ファーギー、ジェニファー・ロペス、レオナ・ルイス、タマー・ブラクストン、ニコール・シャージンガーなど多くのアーティストに影響を与えた。スプリームスのメンバーとして、ザ・スリー・ディグリーズ、エモーションズ、デスティニーズ・チャイルド、などスプリームスの後継となる他のアフリカ系アメリカ人女性たちにも影響を与えた。ダイアナ・ロス フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示