前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
157件中 1 - 10件表示
  • スバル・インプレッサ

    スバル・インプレッサから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    レガシィの下位モデルという位置付けで登場し、世界市場=特にヨーロッパにおけるCセグメント市場を狙ったスバルの世界戦略車としての役割も担っている。後述するが、日本車としては1代1代のモデルサイクルが長いことでも知られるが、3代目から4代目へのフルモデルチェンジは4年6ヶ月の異例の短スパンで行われた。スバル・インプレッサ フレッシュアイペディアより)

  • パトロールカー

    パトロールカーから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    警護車は、主に内閣総理大臣を初めとする閣僚や官公庁の上官、都道府県知事など国内外の要人警護を目的に使用され、ベース車にはトヨタ・センチュリー、トヨタ・セルシオ、トヨタ・クラウンマジェスタ、日産フーガ、日産・ティアナ、ホンダ・レジェンド、三菱・デボネア、スバル・レガシィB4(BM9)などの国産の高級車が採用される場合が多い。また、トヨタ・ランドクルーザープラド、トヨタ・ハイラックスサーフ、、スバル・レガシィアウトバックなどのSUVをベースとし、警護の車列には直接加わらない遊撃警護車も配備されている。パトロールカー フレッシュアイペディアより)

  • スバル・EJ型エンジン

    スバル・EJ型エンジンから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    レガシィ(E-BC2/3,E-BD2/3,E-BF2/3,E-BG2/3)スバル・EJ型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • スバル

    スバルから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    自動車の運動性能にもたらす四輪駆動の効果に世界中の自動車メーカーが注目する端緒となったドイツのアウディ・クワトロの発売は1980年であり、富士重工業は四輪駆動乗用車技術の長さではアウディをも上回る。2012年現在、軽自動車を含む全車種(BRZを除く)に四輪駆動が展開されているが、特にレガシィ、フォレスターは全モデルが四輪駆動である。スバル フレッシュアイペディアより)

  • スバル・レガシィアウトバック

    スバル・レガシィアウトバックから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    レガシィアウトバック (LEGACY OUTBACK) はスバルのレガシィシリーズで、レガシィ・ツーリングワゴンをベースに最低地上高を200mmにしたステーションワゴンとSUVの中間の自動車(クロスオーバーSUV)である。なお、本稿では、先代のレガシィグランドワゴン/レガシィランカスターも取り扱う。スバル・レガシィアウトバック フレッシュアイペディアより)

  • スバル・レオーネ

    スバル・レオーネから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    レオーネ(LEONE )はスバルブランドを展開する富士重工業で生産されていた自動車である。セダンとステーションワゴンのほか、多くのボディバリエーションを持ち、レガシィやインプレッサが登場する前の基幹車種だった。スバル・レオーネ フレッシュアイペディアより)

  • スバル・アルシオーネSVX

    スバル・アルシオーネSVXから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    日本国内向きにはアルシオーネの2代目にあたるが、海外では単にSVXという別モデル扱いをされている。国際性のあるグランツーリスモと位置づけ、開発のポイントとして、先代の高い空力性能は引継ぎつつ、悪天候下における安全性を兼ねそろえることが目標とされ、240PSを発揮するEG33型3.3L水平対向6気筒エンジン(レガシィ ブライトン220用EJ22型水平対向4気筒SOHC16バルブ2.2Lをベースに2気筒追加し、ヘッドを狭角DOHC化したもの)と、トルク配分式4WDシステムを搭載した。なお、総排気量が3.3Lとされたのは、3.0Lターボエンジンと比較して、「GTには自然吸気のフィーリングのほうがふさわしい」という理由から、3.0Lに1割増しの余裕が与えられたためである。スバル・アルシオーネSVX フレッシュアイペディアより)

  • 山野哲也

    山野哲也から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    2009年はクスコレーシングの休止により序盤は参戦しなかったが、第6戦よりR&D SPORTSよりスバル・レガシィB4にて密山祥吾とともに参戦するが、トラブルにより出走できなかった。山野哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 水平対向6気筒

    水平対向6気筒から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    アルシオーネSVXに搭載されたエンジンは240psを発揮するEG33型3.3L水平対向6気筒エンジン。元々はレガシィ ブライトン220用EJ22型水平対向4気筒SOHC16バルブ2.2Lをベースに2気筒追加し、ヘッドを狭角DOHC化したものであった。しかし、アルシオーネSVXも技術的には非常に先進的なメカニズムを持ちながらも先代同様に販売面で苦戦し、わずか数年で市場から退場を強いられている。水平対向6気筒 フレッシュアイペディアより)

  • スバル・EJ20

    スバル・EJ20から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

     1989年、基本設計をスバル1000の時代まで遡るEA型に変わる新時代のエンジンとして、初代レガシィと共にデビューしたEJ20は、その後改良を重ね続け、2010年現在でも国内で販売されているスバルの乗用車の主力エンジンとなっている。排気量は2.0L(正確には1994cc)、ヘッド構造は搭載されるモデルに合わせてSOHC16バルブとDOHC16バルブがあり、スポーツ/ラグジュアリーグレード用のインタークーラー付ターボチャージャー搭載型のDOHCエンジンも用意される。他にも、希薄燃焼型(EJ20N)、CNG仕様(EJ20C)の環境対応型、北海道のタクシー会社向けに搭載されたLPG対応型など幅広いラインナップを誇る。スバル・EJ20 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
157件中 1 - 10件表示

「レガシィ」のニューストピックワード