157件中 91 - 100件表示
  • ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

    ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    BP型レガシイ・・・赤。最終バトル時に登場。ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT フレッシュアイペディアより)

  • プロドライブ

    プロドライブから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    1990年にはスバルと共同でWRCへの参戦を開始。当初はレガシィを用い、マルク・アレンやアリ・バタネン、コリン・マクレーをドライバーに起用して参戦し、1993年にはマクレーがスバルにWRC初優勝をもたらした。同年のシーズン途中からはインプレッサに車種を交代し、マクレーやカルロス・サインツ、リチャード・バーンズ、トミ・マキネン、ペター・ソルベルグらトップドライバーを起用し、2008年までWRCの主力チームの一つとして活躍していた。プロドライブ フレッシュアイペディアより)

  • メルセデス・ベンツ W202

    メルセデス・ベンツ W202から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    190シリーズ (W201) の後継車種として1993年にデビュー。デザイナーはオリビエ・ブーレイで、彼は同時期のスバル・レガシィ (2代目:BD/BG系) でもチーフデザイナーを務めている。上下に伸びた三角形のテールライトが特徴で、トランクリッドがバンパー位置から開閉可能となった。190シリーズ比に比べて全長が70mm、ホイールベースが20mm拡大したことにより後席の居住性が改善されている。メルセデス・ベンツ W202 フレッシュアイペディアより)

  • ナット座ピッチ直径

    ナット座ピッチ直径から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    スバル:スバル・インプレッサ、レガシィ/いすゞ・アスカCX、フォレスター、BRZナット座ピッチ直径 フレッシュアイペディアより)

  • 機動捜査隊

    機動捜査隊から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    機捜隊に属する車両は機動捜査用車と呼ばれ、殆どが覆面パトカーで、セダンタイプが主に用いられている(トヨタ・アリオン、日産・スカイライン、日産・ティアナ、スバル・レガシィB4、スバル・インプレッサなど)。警視庁では台数は少ないものの軽ワゴン車の覆面パトカーを導入している。緊急走行時に点灯させるパトライトは底部に磁石が付いており、助手席もしくは運転手の警察官(捜査員)が手で車両の屋根に装着するタイプである(TVの刑事ドラマでよく登場する場面。基本的には停車し装着する。)。機動捜査隊 フレッシュアイペディアより)

  • お台場合衆国

    お台場合衆国から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    SUBARU DRIVING FESTA(スバル・レガシィ新型車を展示)お台場合衆国 フレッシュアイペディアより)

  • 蛯原 友里

    蛯原友里から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    富士重工業 - 『スバル・レガシィ』、『スバル・インプレッサ』、『スバル・ステラ』(スバル創立50周年記念モデル)、『スバルDEX』(DEXデビュー編)蛯原友里 フレッシュアイペディアより)

  • 放課後のプレアデス

    放課後のプレアデスから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    当初この企画は、自社の「レガシィ」に採用した衝突防止機構「EyeSight(アイサイト)」のプロモーションを念頭に置いたアニメとして富士重工業がガイナックスに要望したものであり、主人公の成長物語としてキャラクターも仮設定していたが、議論を重ねた結果「クルマが出なくても構わない」「スバルの良さ」「スバルの挑戦」を見せたいという富士重工業側の要望と「車を登場させなくても、車の代わりとなる何かでスバルの良さを表現する」「スバルという存在自体を追求する」というガイナックス側の方向性により現在の形になり制作された。放課後のプレアデス フレッシュアイペディアより)

  • タバコ広告

    タバコ広告から見たレガシィスバル・レガシィ

    スバルはレガシィで参加していた1993年、555とスポンサー契約を結んでいたが、タバコ広告禁止地域で行われる場合、広告はボディに描かれず、初期はSUBARUのロゴが後にバナナのようなマークが描かれていた。また、92年RACラリー、93年スエディッシュではキャメルのマークを付けて参加していた。1993年、レガシィからインプレッサに変更された時、ホモロゲーション名『インプレッサ555』として登場、以後、長い活躍を続けたが、1998年、555は撤退、『555』をつけたインプレッサを見ることはできなくなったが、2008年に撤退するまで同様のカラーリングで走り続けた。タバコ広告 フレッシュアイペディアより)

  • 富士重工業

    富士重工業から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    しかし、折からの「バブル景気」によって資金調達のめどが順調に立ったことや、1989年1月、レガシィの発売以来、順調に国内市場、北米市場での販売を回復することに成功。1990年(平成2年)にはUDトラックス(旧: 日産ディーゼル)の経営再建に手腕を発揮した川合勇のもとで地道なコスト削減努力が続けられ、WRCへの出場など、CI(コーポレーテッド・イメージ)の積極的な訴求効果とあわせ、年産30万台規模の世界的に見て比較的小規模なマスプロダクツ・メーカーとして現在に至っている。富士重工業 フレッシュアイペディアより)

157件中 91 - 100件表示

「レガシィ」のニューストピックワード