176件中 11 - 20件表示
  • スウィートボックス

    スウィートボックスから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    2006年 - 日本でスバル・レガシィ・ツーリングワゴンのCMソングになった「Addicted」が大ヒット。同曲を含む約2年ぶりのアルバム「ADDICTED」には、浜崎あゆみに提供した楽曲のセルフ・カバーも収録。同年12月、JadeとGEOが脱退。(Jadeは引き続きGEOプロデュースで、2007年からソロ名義での活動を経て、2009年からはGEOとの新プロジェクト・ETERNITY∞を始動)スウィートボックス フレッシュアイペディアより)

  • スバル・EJ20

    スバル・EJ20から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    基本設計をスバル1000の時代まで遡るEA型に変わる新時代のエンジンとして、1989年に初代レガシィとともにデビューしたEJ20は、その後改良を重ね続け、2017年現在でも国内で販売されているスバルの乗用車の主力エンジンとなっている。排気量は1,994cc、ヘッド構造は搭載されるモデルに合わせてSOHC16バルブとDOHC16バルブがあり、スポーツ/ラグジュアリーグレード用のインタークーラー付ターボチャージャー搭載型のDOHCエンジンも用意される。他にも、希薄燃焼型(EJ20N)、CNG仕様(EJ20C)の環境対応型、北海道のタクシー会社向けに搭載されたLPG対応型など幅広いラインナップがある。スバル・EJ20 フレッシュアイペディアより)

  • 山野哲也

    山野哲也から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    2009年はクスコレーシングの休止により序盤は参戦しなかったが、第6戦よりR&D SPORTよりスバル・レガシィB4にて密山祥吾とともに参戦するが、トラブルにより出走できなかった。山野哲也 フレッシュアイペディアより)

  • スバル・FB型エンジン

    スバル・FB型エンジンから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    レガシィツーリングワゴン(BRM型、2012年5月-2014年10月 )…2スバル・FB型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • SI-DRIVE

    SI-DRIVEから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    2006年5月24日、4代目レガシィがD型(後期型)になった際に初搭載。それ以降の新型車にも搭載車種が増えている。センターコンソール上にあるSI-DRIVEセレクターをドライバーが操作することによりエンジンの出力特性が変化する。また搭載車種によって変化の度合いが異なっており、車のイメージに合った出力特性となっている。ステアリングまたはセンターコンソールに設置されたボタンやダイヤルを回す事で3つのモードを使い分けることが出来る。その結果、異なるエンジンキャラクターが1台で楽しめるようになった。以下に、各モードの特性を記す。SI-DRIVE フレッシュアイペディアより)

  • バトルギア3

    バトルギア3から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    レガシィ B4 2.0GT spec.B(BL5)*※バトルギア3 フレッシュアイペディアより)

  • ハードトップ

    ハードトップから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    しかし、ピラーレス・ハードトップ車が安全面で十分な対応をするには、前述のとおり大きなコストアップが必要である。そのため、それを避けたいメーカーの思惑から徐々にピラード・ハードトップや4ドアセダンへと移行し、1993年のローレル(1月)、カリーナED/コロナEXiV(10月)のフルモデルチェンジをもって、日本車におけるピラーレス・ハードトップ車は完全に消滅した。ピラーレス・ハードトップからピラード・ハードトップへの移行を行った車種は、他にセドリック、グロリア、ブルーバードなどである。また、ピラード・ハードトップ/サッシュレスドアから4ドアセダンへの移行を行った車種はクレスタ、クラウン、マークII、スカイライン、レガシィB4(旧・レガシィ(セダン))、インプレッサアネシス/WRX(旧・インプレッサ(セダン)。後に前者はインプレッサG4に改称、後者はWRXとしてインプレッサシリーズから独立)などである。但し、シーマはピラーレス・ハードトップから4ドアセダンへの移行を行った唯一の車種である。軽自動車では2代目オプティが軽自動車史上唯一の4ドアピラードハードトップであった。ハードトップ フレッシュアイペディアより)

  • いすゞ・アスカ

    いすゞ・アスカから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    1989年3月、いすゞの乗用車の中では最初に自社生産を終了。総生産台数は108,512台(いすゞHPより)。その後、在庫対応分のみの販売となり、翌年6月を以って後継車のアスカCX(初代スバル・レガシィセダンのOEM)と入れ替わる形で名実共に販売終了となった。いすゞ・アスカ フレッシュアイペディアより)

  • スバル・エクシーガ

    スバル・エクシーガから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    エクシーガ(EXIGA)は、SUBARU(旧・富士重工業)が製造・販売していた7人乗り乗用車である。生産はレガシィやインプレッサ同様、同社矢島工場(所在地:群馬県太田市庄屋町)。スバル・エクシーガ フレッシュアイペディアより)

  • 水平対向6気筒

    水平対向6気筒から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    アルシオーネSVXに搭載されたエンジンは240psを発揮するEG33型3.3L水平対向6気筒エンジン。元々はレガシィ ブライトン220用EJ22型水平対向4気筒SOHC16バルブ2.2Lをベースに2気筒追加し、ヘッドを狭角DOHC化したものであった。しかし、アルシオーネSVXも技術的には非常に先進的なメカニズムを持ちながら先代同様販売面で苦戦し、わずか数年で市場から退場を強いられた。水平対向6気筒 フレッシュアイペディアより)

176件中 11 - 20件表示

「レガシィ」のニューストピックワード