157件中 11 - 20件表示
  • 三菱・ギャラン

    三菱・ギャランから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    また、VR-4は1989年に発売され、ライバルであるスバル・レガシィ(初代)2.0RSと肩を並べる程の実力であった。三菱・ギャラン フレッシュアイペディアより)

  • スバル・エクシーガ

    スバル・エクシーガから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    エクシーガ (EXIGA) は、スバルブランドを展開する富士重工業が製造・販売する7人乗り乗用車である。生産はレガシィやインプレッサ同様、同社矢島工場(所在地:群馬県太田市庄屋町)が担当。スバル・エクシーガ フレッシュアイペディアより)

  • プリクラッシュセーフティシステム

    プリクラッシュセーフティシステムから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    初期のプリクラッシュシステムに装備されていた自動ブレーキ機能はあくまで衝突時の被害軽減を目的としており、装置への過信を戒めるためにも衝突前の停止は敢えて行われていなかったが、2008年発売のボルボ・XC60に搭載された(日本では2009年に認可がおり発売)「Volvo City Safety」は9mph (15km/h) 以下に限定して衝突前の停止も自動で行う1。2010年発売のスバル・レガシィに搭載された「EyeSight (ver.2)」では30km/hにまで対応する。両車とも運転者が依存することを避けるために衝突ぎりぎりまでブレーキは掛からず23、これによって自動ブレーキを認めていなかった日本の国土交通省の認可も受けることができた4。プリクラッシュセーフティシステム フレッシュアイペディアより)

  • トップ・ギア

    トップ・ギアから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    Car of The Year 2007:フォード・モンデオとスバル・レガシィ アウトバックのどちらかトップ・ギア フレッシュアイペディアより)

  • スウィートボックス

    スウィートボックスから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    2006年 - 日本でスバル・レガシィ・ツーリングワゴンのCMソングになった「Addicted」が大ヒット。同曲を含む約2年ぶりのアルバム「ADDICTED」には、浜崎あゆみに提供した楽曲のセルフ・カバーも収録。同年12月、JadeとGEOが脱退。(Jadeは引き続きGEOプロデュースで、2007年からソロ名義での活動を経て、2009年からはGEOとの新プロジェクト・ETERNITY∞を始動)スウィートボックス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・86

    トヨタ・86から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    そしてこの頃にトヨタからスバルへ、水平対向エンジンを使った低重心のスポーツカーの共同開発の提案が内々にあり、2007年中に外観はレガシィのまま、水平対向4気筒エンジンを搭載した低重心FR試作車が製作され、商品化した場合の採算性の検討も始まった。翌2008年初頭にはスバル側の開発責任者に増田年男が任命され、同年4月にトヨタとスバルは共同記者会見を開いて共同開発を正式に発表し、本格的に開発が始まった。トヨタ・86 フレッシュアイペディアより)

  • スバル・フォレスター

    スバル・フォレスターから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    フルモデルチェンジ。SG系。エクステリアはキープコンセプトの感があるが、初代と比べて10 - 30kg軽量化した。EJ20型ターボエンジンは最大出力が240仏馬力→220仏馬力とデチューンされたが、街乗りでの扱いやすさは向上した。また、「良-低排出ガス車」認定を取得した。なお、初代に設定のあったEJ25型の2.5L NAは消滅した。自然吸気MT車には引き続き、ランカスターと同様のデュアルレンジ機構を装着している。グレード体系は「X」・「X20」・「XT」の3グレードとなった。発売後2週間で月販目標の3,000台を達成。なかでも、ターボエンジンを搭載した「XT」に人気が集中し、全受注台数の6割を占めた。北米では月産1万台を目指した。スバル・フォレスター フレッシュアイペディアより)

  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー

    日本カー・オブ・ザ・イヤーから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    カー・オブ・ザ・イヤー:レガシィ(スバル)日本カー・オブ・ザ・イヤー フレッシュアイペディアより)

  • 水平対向エンジン

    水平対向エンジンから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    富士重工業(スバル)では、水平対向エンジンの英訳として、レオーネを含みそれ以前のエンジンについては「FLAT-4」であった。その後(レガシィ以降)は「flat engine」というアメリカ英語を採用している。水平対向エンジン フレッシュアイペディアより)

  • いすゞ・アスカ

    いすゞ・アスカから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    1989年3月、いすゞの乗用車の中では最初に自社生産を終了。総生産台数は108,512台(いすゞHPより)。翌年6月に後継車のアスカCX(レガシィのOEM)が登場。いすゞ・アスカ フレッシュアイペディアより)

157件中 11 - 20件表示

「レガシィ」のニューストピックワード