176件中 21 - 30件表示
  • トップ・ギア

    トップ・ギアから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    Car of The Year 2007:フォード・モンデオとスバル・レガシィ アウトバックのどちらかトップ・ギア フレッシュアイペディアより)

  • 放課後のプレアデス

    放課後のプレアデスから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    当初この企画は、自社の「レガシィ」に採用した衝突防止機構「EyeSight(アイサイト)」のプロモーションを念頭に置いたアニメとして富士重工業がガイナックスに要望したものであり、主人公の成長物語としてキャラクターも仮設定していたが、議論を重ねた結果「クルマが出なくても構わない」「スバルの良さ」「スバルの挑戦」を見せたいという富士重工業側の要望と「車を登場させなくても、車の代わりとなる何かでスバルの良さを表現する」「スバルという存在自体を追求する」というガイナックス側の方向性から現在の形になり、制作された。放課後のプレアデス フレッシュアイペディアより)

  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー

    日本カー・オブ・ザ・イヤーから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    カー・オブ・ザ・イヤー:レガシィ(スバル)日本カー・オブ・ザ・イヤー フレッシュアイペディアより)

  • SUBARU

    SUBARUから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    しかし、折からの「バブル景気」によって資金調達のめどが順調に立ったことや、1989年1月、レガシィの発売以来、順調に国内市場、北米市場での販売を回復することに成功。1990年(平成2年)には日産ディーゼル(現UDトラックス)の経営再建に手腕を発揮した川合勇のもとで地道なコスト削減努力が続けられ、WRCへの出場など、CI(コーポレーテッド・イメージ)の積極的な訴求効果とあわせ、年産30万台規模の世界的に見て比較的小規模なマスプロダクツ・メーカーとして現在に至っている。SUBARU フレッシュアイペディアより)

  • 三菱・ギャラン

    三菱・ギャランから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    VR-4は、ライバルであるスバル・レガシィ(初代)2.0RS(1989年発売)と肩を並べる程の実力であった。三菱・ギャラン フレッシュアイペディアより)

  • スバル・フォレスター

    スバル・フォレスターから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    フルモデルチェンジ。SG系。エクステリアはキープコンセプトの感があるが、初代と比べて10 - 30kg軽量化した。EJ20型ターボエンジンは最大出力が240ps→220psとデチューンされたが、街乗りでの扱いやすさは向上した。また、「良-低排出ガス車」認定を取得した。なお、初代に設定のあったEJ25型の2.5L NAは消滅した。自然吸気MT車には引き続き、ランカスターと同様のデュアルレンジ機構を装着している。グレード体系は「X」・「X20」・「XT」の3グレードとなった。発売後2週間で月販目標の3,000台を達成。なかでも、ターボエンジンを搭載した「XT」に人気が集中し、全受注台数の6割を占めた。北米では月産1万台を目指した。スバル・フォレスター フレッシュアイペディアより)

  • スバル・レガシィアウトバック

    スバル・レガシィアウトバックから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    レガシィ アウトバック(LEGACY OUTBACK )は、SUBARUが製造・販売するレガシィの派生車種。レガシィツーリングワゴンをベースに、最低地上高を200mmにしたステーションワゴンとSUVの中間の自動車(クロスオーバーSUV)である。なお、本稿では、先代のレガシィグランドワゴン/レガシィランカスターも取り扱う。スバル・レガシィアウトバック フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・86

    トヨタ・86から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    一方トヨタとスバルは同時期に始まった資本提携を生かすべく様々なプロジェクトを模索しており、そこにちょうど多田のプロジェクトのニーズ(低いスポーツカーの実現に水平対向エンジンを用いたい)が合致。2007年中に外観はレガシィのまま、水平対向4気筒エンジンを搭載した低重心FR試作車が製作され、商品化した場合の採算性の検討も始まった。翌2008年初頭にはスバル側の開発責任者に増田年男が任命され、同年4月にトヨタとスバルは共同記者会見を開いて共同開発を正式に発表し、本格的に開発が始まった。トヨタ・86 フレッシュアイペディアより)

  • スバル・WRX VA

    スバル・WRX VAから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    インプレッサとは異なる車種として販売はされているが、レヴォーグ同様に基本設計は4代目インプレッサをベースとしたものになる。ボディサイズは先代モデルより大幅に拡大されているが、アッパーミドルサルーンに路線変更した6代目レガシィ(B4名義としては通算4代目)と、Cセグメントクラスに位置するインプレッサG4の穴を埋めるミドルセダンとしての役割も担っているためである。また従来より設定されていたWRX STIのほかに、より裾野の広いモデルとして開発されたWRX S4も新たに設定された。尚、S4はその車名も含めて、国内専用車として設定されている。スバル・WRX VA フレッシュアイペディアより)

  • スバル・リバティ

    スバル・リバティから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    スバル・リバティ フレッシュアイペディアより)

176件中 21 - 30件表示

「レガシィ」のニューストピックワード