176件中 31 - 40件表示
  • レガシィB4

    レガシィB4から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    レガシィB4 フレッシュアイペディアより)

  • レガシィツーリングワゴン

    レガシィツーリングワゴンから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    レガシィツーリングワゴン フレッシュアイペディアより)

  • デュアルレンジ

    デュアルレンジから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    1994年の三代目エステートバンの販売終了と共に、一時デュアルレンジ機構はスバルのラインナップから姿を消していたが、1997年にスバル・レガシィの派生モデルであるレガシィ・ランカスターの5速MT車にデュアルレンジ車が復活。やや遅れて2002年にはSUVのスバル・フォレスター(二代目)にも自然吸気エンジン・5速MT車にデュアルレンジが採用され、往年のレオーネと同じく走行中の積極的な変速を許容する事により実質的な前進10段・後進2段の変速を実現していた。しかし、レガシィ・ランカスターにおいてはその後2003年にアウトバックへのモデルチェンジの際に、フォレスターも2005年のビッグマイナーチェンジの折に再びデュアルレンジ車は姿を消す事になった。デュアルレンジ フレッシュアイペディアより)

  • ストレンジャー・イン・ディス・タウン

    ストレンジャー・イン・ディス・タウンから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    リッチー本人が、ギターのみならず全曲でボーカルを担当している。これまでのボン・ジョヴィのアルバムと比べると、全体的にブルース的なサウンドのアルバムである。ボン・ジョヴィとしてアルバム『ニュージャージ』制作時にデモ録音されたが、結局リリースされなかった曲がいくつか本作でリメイクされている。ドラムとキーボードにはボン・ジョヴィのティコ・トーレスとデヴィッド・ブライアンが参加している。また、「ミスター・ブルースマン」では、リッチーの要望によりエリック・クラプトンがギターで参加している。また、「ジ・アンサー」はブルース・ウィリス出演のスバル・レガシィのCM曲としても使用された。ストレンジャー・イン・ディス・タウン フレッシュアイペディアより)

  • レガシー

    レガシーから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    富士重工業の乗用車。スバル・レガシィを参照。レガシー フレッシュアイペディアより)

  • ユア・ザ・スター

    ユア・ザ・スターから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    日本では、「レディ・ラック」はテレビドラマ『沙粧妙子-最後の事件-』の主題歌に起用された。また、日本盤には、1975年のアルバム『アトランティック・クロッシング』からのシングル・ヒット曲「セイリング」がボーナス・トラックとして追加収録された。同曲は、当時スバル・レガシィのコマーシャルソングに起用されて、再発CDシングルもリリースされていた。ユア・ザ・スター フレッシュアイペディアより)

  • レーシングジャム

    レーシングジャムから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    レガシィツーリングワゴン GT-B(BG5)(緑)レーシングジャム フレッシュアイペディアより)

  • スポーツセダン

    スポーツセダンから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    本来実用性や快適性が求められることの多い4ドアセダン(1970年代以前は主に2ドアセダン)に、あえてスポーツ性を加味した趣味性の強いモデルが一般にスポーツセダンと呼ばれる。セダンの持つ性質から家族を持つ走り好きからの支持(スポーツセダンはクーペに対し周辺の理解が得やすい)があるといわれる。インプレッサ WRX STiやランサーエボリューションのように、絶対的な速さやモータースポーツへの参加を強く意識したモデルもあれば、アルテッツァ、スカイラインやレガシィB4のように速さよりも運転する楽しみを重要視したモデル、またはクラウンアスリートや、かつてのカローラGT、カリーナGT、ギャランVR-4、マークII三姉妹のGTツインターボ/ツアラー系などに代表される、普通の実用セダンとほぼ同じ平凡な外観でありながら、その気になればスポーツカーに一泡吹かせるほど速いという意外性を楽しめる「羊の皮を被った狼」的モデルもある。高出力エンジンや専用サスペンション、その他エクステリア・インテリアなどに専用装備を持つものも少なくない。また、近年においては、より実用性を重視したミニバンの流行により、4ドアセダンとしての存在価値を見いだすためにより軽量で、低重心でなおかつ空力特性に優れることからスポーツセダンとしての味付けを強調したモデルが増加しており、保守的な顧客のためのモデルとの間で二極分化が進行している。スポーツセダン フレッシュアイペディアより)

  • リズム&ブルース (ロバート・パーマーのアルバム)

    リズム&ブルース (ロバート・パーマーのアルバム)から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    「ワーク・トゥ・メイク・イット・ワーク98」は、アルバム『プレッシャー・ドロップ』(1975年)で発表した曲のセルフ・カヴァーである。「レッツ・ゲット・イット・オン98」はマーヴィン・ゲイのカヴァーで、パーマーは本作に先行して、パワー・ステーション名義のアルバム『リヴィング・イン・フィア』(1996年)でも、この曲を異なるアレンジでカヴァーした。日本盤のみ収録の「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」(ビートルズのカヴァー)は、スバル・レガシィのテレビCMで使用された。リズム&ブルース (ロバート・パーマーのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェデザイン

    ポルシェデザインから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    同社の元には、産業デザイン・商業デザインを行う「ポルシェデザイン・スタジオ」(オーストリア・ツェル・アム・ゼー)がある。同スタジオは、ポルシェ創業者であるフェルディナント・アントン・エルンスト・ポルシェの息子であり、初代ポルシェ・911のデザインにも携わったフェルディナント・アレクサンダー・ポルシェが1972年にドイツ・シュトゥットガルトに開設、2年後に現在の地に移転したものである。設立当初は資本上ポルシェと無関係であったが、2003年ポルシェと資本提携して子会社となった。過去のデザインにはスバル・レガシィ ブリッツェン、LaCieのハードディスクドライブなどがある。ドイツ軍の軍用時計をデザインしており、当初はオルフィナ(提携解消後にデザインを模倣した時計を販売したことで裁判沙汰となり同社は破産)、次いでインターナショナル・ウォッチ・カンパニーと提携していた。またエテルナを買収している。ポルシェデザイン フレッシュアイペディアより)

176件中 31 - 40件表示

「レガシィ」のニューストピックワード