157件中 31 - 40件表示
  • ユア・ザ・スター

    ユア・ザ・スターから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    日本では、「レディ・ラック」はテレビドラマ『沙粧妙子-最後の事件-』の主題歌に起用された。また、日本盤には、1975年のアルバム『アトランティック・クロッシング』からのシングル・ヒット曲「セイリング」がボーナス・トラックとして追加収録された。同曲は、当時スバル・レガシィのコマーシャルソングに起用されて、再発CDシングルもリリースされていた。ユア・ザ・スター フレッシュアイペディアより)

  • 石黒莞士

    石黒莞士から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    スバル レガシィアウトバック 『ふたりの足跡篇』 (2006年11月 - ) 七森美江と共演石黒莞士 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のSUPER GT

    2010年のSUPER GTから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    62号車のレガシィB4は、前年のAWDからFRに変更した。さらに第5戦からトランスアクスル化も行なった。2010年のSUPER GT フレッシュアイペディアより)

  • ストレンジャー・イン・ディス・タウン

    ストレンジャー・イン・ディス・タウンから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    リッチー本人が、ギターのみならず全曲でボーカルを担当している。これまでのボン・ジョヴィのアルバムと比べると、全体的にブルース的なサウンドのアルバムである。ボン・ジョヴィとしてアルバム『ニュージャージ』制作時にデモ録音されたが、結局リリースされなかった曲がいくつか本作でリメイクされている。ドラムとキーボードにはボン・ジョヴィのティコ・トーレスとデヴィッド・ブライアンが参加している。また、「ミスター・ブルースマン」では、リッチーの要望によりエリック・クラプトンがギターで参加している。また、「ジ・アンサー」はブルース・ウィリス出演のスバル・レガシィのCM曲としても使用された。ストレンジャー・イン・ディス・タウン フレッシュアイペディアより)

  • 車格

    車格から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    ミドルカー(ミドルクラス) - 1800cc超2400cc以下の排気量のエンジンが主の登録車。HS250h/SAI、アコード、アテンザ、レガシィ、キザシ等。車格 フレッシュアイペディアより)

  • R-TUNED:Ultimate Street Racing

    R-TUNED:Ultimate Street Racingから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    レガシィB4 2.0GTスペックB(BL5)R-TUNED:Ultimate Street Racing フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェデザイン

    ポルシェデザインから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    同社の元には、産業デザイン・商業デザインを行う「ポルシェデザイン・スタジオ」(オーストリア・ツェル・アム・ゼー)がある。同スタジオは、ポルシェ創業者であるフェルディナンド・アントン・エルンスト・ポルシェの息子であり、初代ポルシェ・911のデザインにも携わったフェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェが1972年にドイツ・シュトゥットガルトに開設、2年後に現在の地に移転したものである。設立当初は資本上ポルシェと無関係であったが、2003年ポルシェと資本提携して子会社となった。過去のデザインにはスバル・レガシィ・ブリッツェン、La Cieのハードディスクドライブなどがある。ドイツ軍の軍用時計をデザインしており、当初はオルフィナ(提携解消後にデザインを模倣した時計を販売したことで裁判沙汰となり同社は破産)、次いでインターナショナル・ウォッチ・カンパニーと提携していた。またエテルナを買収している。ポルシェデザイン フレッシュアイペディアより)

  • バトルギア4

    バトルギア4から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    SUBARU LEGACY B4 2.0GT spec.B (BL5)バトルギア4 フレッシュアイペディアより)

  • 七森美江

    七森美江から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    SUBARU 「レガシィ アウトバック」 『ふたりの足跡篇』 (2006年11月?) 石黒莞士と共演。七森美江 フレッシュアイペディアより)

  • プローバ

    プローバから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    現在でこそ表向きはスバル車専門チューナー/パーツメーカーであるが、1980年代後半?1990年代にかけては、グループA時代の全日本ツーリングカー選手権、N1耐久レースシリーズ(現・スーパー耐久)などにおいて、フォード・シエラ、日産・スカイラインGT-R(R32/R33型)、三菱・ミラージュ、ホンダ・シビック/インテグラなど様々な車両で、木下隆之、清水和夫、原貴彦、桂伸一、佐藤久実、吉田寿博らを擁してレースでの活動を中心にしていた経緯がある。それらに対してこの時期のスバル車でのレース自体は1989年、1990年のレガシィ(BC5型)での複数回の参戦のみしか確認できていないが、これらの車両に元富士重工業車両実験部、現スバルテクニカインターナショナル車両実験部長(2008年)で、スバルの”トップガン”と呼ばれる辰巳英治がドライバーとして参加していた事実はあまり知られていない。しかしこの事が一部のスバル車フリークには「プローバ=スバルワークス・チーム」との認識を与えているのも事実である。プローバ フレッシュアイペディアより)

157件中 31 - 40件表示

「レガシィ」のニューストピックワード