176件中 41 - 50件表示
  • いすゞモーター店

    いすゞモーター店から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    アスカ(2代目はスバル・レガシィのOEM、3・4代目はホンダ・アコードのOEM)いすゞモーター店 フレッシュアイペディアより)

  • ムーンライト・セレナーデ

    ムーンライト・セレナーデから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    後にミッチェル・パリッシュにより歌詞が書き加えられ、歌としても取り上げられる事がある。シカゴ(スバル「レガシィ」CMソング(1996年)、関西テレビ「シングルス」(1997年)の主題歌として採用)やカーリー・サイモン(2005年のアルバム「Moonlight Serenade」に収録)などがカヴァーしたことでも有名。1999年小野リサがボサノヴァのアレンジで歌ったものは、三菱・パジェロイオのCM曲としても取り上げられた。ムーンライト・セレナーデ フレッシュアイペディアより)

  • ツインスクロールターボ

    ツインスクロールターボから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    元来、マツダの2代目サバンナRX-7(前期型)に搭載された、分割された2つのスクロール入り口の片方に開閉バルブを設け、タービンブレードに当たる排気ガスの流速と角度を変化させることによって、可変ノズルターボの様な特性を持たせたものをツインスクロールターボと呼んでいたが、近年では、スバル・インプレッサ、スバル・レガシィ、三菱・ランサーエボリューション等に採用されている、切替えバルブを持たない前述のタイプ(自動車技術会ではツインエントリーターボチャージャー、マツダではツイン・インディペンデントスクロールターボと呼ぶ)をツインスクロールターボと呼ぶことが多い。ツインスクロールターボ フレッシュアイペディアより)

  • メルセデス・ベンツ・W202

    メルセデス・ベンツ・W202から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    190シリーズ (W201) の後継車種として1993年にデビュー。デザイナーはオリビエ・ブーレイで、彼は同時期のスバル・レガシィ (2代目:BD/BG系) でもチーフデザイナーを務めている。上下に伸びた三角形のテールライトが特徴で、トランクリッドがバンパー位置から開閉可能となった。190シリーズ比に比べて全長が70mm、ホイールベースが20mm拡大したことにより後席の居住性が改善されている。メルセデス・ベンツ・W202 フレッシュアイペディアより)

  • モデルチェンジ (自動車)

    モデルチェンジ (自動車)から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    通常、フルモデルチェンジの中間期に行われることが多く、しばしばそれ以前を「前期型」、それ以降のものを「後期型」(3段階の場合は中期型、それ以上は「数字+型」)と呼称する。またメーカーによっては、定期的に小変更を加えていく手法をとっているところもある。「年次改良」と呼んで1年毎に行われることが多く、この手法で変更された同一車種の区別は「イヤーモデル」と称される(例:3代目ステップワゴンなど)。これは、ライフサイクルが長い欧米の車種において、従来からよく行われている手法である。日本国内においては、スバルがレガシィ、フォレスター、インプレッサなどにおいてこの手法を採っていることで知られる。開発コストの高騰や、コンピュータ技術の導入に伴う基本設計の精度充実に伴い、日本でも近年はモデルサイクルが伸びる傾向にあり、マイナーチェンジを複数回行なう車種も増加している。ただし、これらの法則に当てはまらない車種も存在する(例:ランサーエボリューション)。モデルチェンジ (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • 刑事・鳴沢了シリーズ

    刑事・鳴沢了シリーズから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    ゴルフのIII型(「破弾」まで)→ヤマハ・SR(「熱欲」より)・レガシィ(「帰郷」より)刑事・鳴沢了シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 首都高バトル (PSP)

    首都高バトル (PSP)から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    スバル・レガシィ B4 2.0GT SpecB (BL5)首都高バトル (PSP) フレッシュアイペディアより)

  • プローバ

    プローバから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    現在でこそ表向きはスバル車専門チューナー/パーツメーカーであるが、1980年代後半?1990年代にかけては、グループA時代の全日本ツーリングカー選手権、N1耐久レースシリーズ(現・スーパー耐久)などにおいて、フォード・シエラ、日産・スカイラインGT-R(R32/R33型)、三菱・ミラージュ、ホンダ・シビック/インテグラなど様々な車両で、木下隆之、清水和夫、原貴彦、桂伸一、佐藤久実、吉田寿博らを擁してレースでの活動を中心にしていた経緯がある。それらに対してこの時期のスバル車でのレース自体は1989年、1990年のレガシィ(BC5型)での複数回の参戦のみしか確認できていないが、これらの車両に元富士重工業車両実験部、現スバルテクニカインターナショナル車両実験部長(2008年)で、スバルの”トップガン”と呼ばれる辰巳英治がドライバーとして参加していた事実はあまり知られていない。しかしこの事が一部のスバル車フリークには「プローバ=スバルワークス・チーム」との認識を与えているのも事実である。プローバ フレッシュアイペディアより)

  • 田島敏弘

    田島敏弘から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    1983年、同じく日本興業銀行出身の大原栄一富士重工業社長の要請を受け、富士重工業の副社長に就任。1985年代表取締役社長、1990年代表取締役会長。スバル・レガシィを発売。またいすゞ自動車と共同出資でアメリカ合衆国インディアナ州に現地生産会社、スバル・いすゞ・オートモーティブ(現スバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ)を設立するなど米国進出も進めた。田島敏弘 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・ステージア

    日産・ステージアから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    1996年(平成8年)10月3日、WC34型登場。Lクラスステーションワゴン専用車種としてローレル/スカイラインのシャーシと走行装置を採用。搭載するエンジンは直列6気筒のRB25DET型インタークーラー付ターボ、RB25DE型、RB20E型の3機種。グレードは「RS FOUR (V) 」・「25X (FOUR) 」・「25G (FOUR) 」・「20G」。また、純正エアロパーツには「DAYZ」(デイズ)のブランド名が付いていた。ステーションワゴンに6気筒ターボエンジンの搭載は7代目スカイラインワゴンに設定のターボ車以来となる。スバル・レガシィツーリングワゴンと同様、ドアはサッシュレスとなった。日産・ステージア フレッシュアイペディアより)

176件中 41 - 50件表示

「レガシィ」のニューストピックワード