176件中 51 - 60件表示
  • デレック・ワーウィック

    デレック・ワーウィックから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    一度だけWRCにも参戦したことがある(1990年RACラリーでマシンはプロドライブ製のグループAスバル・レガシィ、成績は13位まで順位を上げていたが3日目にリタイアとなった)。デレック・ワーウィック フレッシュアイペディアより)

  • スバル・EZ型エンジン

    スバル・EZ型エンジンから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    3代目レガシィにEZ30が初めて搭載され、その後もレガシィシリーズ及びトライベッカにEZ30、EZ36が搭載されている。スバル・EZ型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • スバル・EE20

    スバル・EE20から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    EE20とは、富士重工業(現・SUBARU)が開発した水平対向4気筒ディーゼルエンジンである。4代目レガシィシリーズを皮切りに、インプレッサ、フォレスターにも搭載された。スバル・EE20 フレッシュアイペディアより)

  • モンディアル・ド・ロトモビル (2006)

    モンディアル・ド・ロトモビル (2006)から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    スバル・レガシィ/アウトバック・フェイスリフト(欧州初公開)モンディアル・ド・ロトモビル (2006) フレッシュアイペディアより)

  • スバルコリア

    スバルコリアから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    レガシィ(日本名:レガシィB4。ツーリングワゴンは投入されない) 排気量は2.5L(EJ25)と3.6L(EZ36)。ともにNAのみでターボは用意されない。スバルコリア フレッシュアイペディアより)

  • スバル・トライベッカ

    スバル・トライベッカから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    基本のプラットフォームをスバル・レガシィと共用しているが、リヤサスペンションは専用のダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用している。乗車定員は7名の3列シート構造(5名の2列シート仕様車も設定されている)。スバル・トライベッカ フレッシュアイペディアより)

  • 倉田英二

    倉田英二から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    富士重工業 「レガシィ」 『家族のもとへ篇』 (2006年11月〜) 白石真理、伊咲ミユらと共演。倉田英二 フレッシュアイペディアより)

  • マッキントッシュ・ラボ

    マッキントッシュ・ラボから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    日本国内においては、富士重工業(現・SUBARU)がレガシィ(3・4代目)のメーカーオプション扱いでマッキントッシュオーディオを採用したことで知られる。マッキントッシュ・ラボ フレッシュアイペディアより)

  • オリビエ・ブーレイ

    オリビエ・ブーレイから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    1989年に富士重工業に移籍し、日本の自動車会社で初の日本人以外のチーフデザイナーとなった。そこで2代目レガシィ(BG型)のデザインを担当した。オリビエ・ブーレイ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・オーリオン XV40

    トヨタ・オーリオン XV40から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    オーリオンが販売されるオーストラリア市場においては、同じ前輪駆動車で2008年に生産が終了された三菱・380のほか、後輪駆動車であるフォード・ファルコンおよびホールデン・コモドアが競合車種となった。また、TRDはスバル・リバティGTおよびマツダ・6 MPSの競合車種として投入された。投入以降、オーリオンは多数の賞を受賞し、好評を博した。特にその燃費性能やパフォーマンス、そして競合車にはオプションでしか用意されない安全装備や快適装備が標準装備されていることが評価された。トヨタ・オーリオン XV40 フレッシュアイペディアより)

176件中 51 - 60件表示

「レガシィ」のニューストピックワード