176件中 81 - 90件表示
  • 日産・アベニール

    日産・アベニールから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    ワゴンを大幅にマイナーチェンジ。同時に全てのグレード名に「サリュー」を冠した事から、営業上の車名を「アベニール サリュー」とした(正式な車名はアベニールのまま)。ヒット商品となったスバル・レガシィを意識した、外観を中心とした手直しとも言え、リアオーバーハングを延長した上で、リアコンビネーションランプを横長の大型のものに変更し、新たにガラスハッチを採用、併せてエンジンフード、ラジエータグリル、フロントバンパーもボリュームのある形状に変更された。これらは当時のウイングロードやプレーリージョイにも共通の手法であるが、初期のプレーンなスタイルを引き継ぐのはバンモデルのアベニールカーゴのみとなった。また、運転席SRSエアバッグが標準装備となり、インパネはP10プリメーラと共通化、4WDに直列4気筒DOHC SR20DET型ターボ付エンジン搭載モデルを設定した。CMには松嶋菜々子が登場し、松嶋のブレイクのきっかけになった。日産・アベニール フレッシュアイペディアより)

  • R&D SPORT

    R&D SPORTから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    RD408Rから、スバル・レガシィ B4に車両を変更し、第6戦鈴鹿より出場した。デビュー戦では予選中にフロントデフのトラブルにより出火し、出走を取りやめた。その後も開発を進めたが、目立った結果を出せなかった。R&D SPORT フレッシュアイペディアより)

  • 一千一秒の日々

    一千一秒の日々から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    その後、真琴が加納を訪ねて来た際、に真琴が哲とうまく行かなかったと泣き出した真琴を慰め、まだ彼女への想いが残っていると気づく。そして加納は以前から計画していた父のレガシィを借りてする予定だったドライブ旅行に真琴を連れて行くことにしする。一千一秒の日々 フレッシュアイペディアより)

  • 変わらぬ想い

    変わらぬ想いから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    スバル・レガシィ - 鈴木雅之によるカヴァー版がBP型のCMソングで使用された。変わらぬ想い フレッシュアイペディアより)

  • スバル・EA型エンジン

    スバル・EA型エンジンから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    1982年には2代目レオーネに日本初の水平対向エンジン+4WD+ターボモデルが登場するも、OHVエンジンのEA81Tエンジンは最高許容回転数が5,500rpmに過ぎず、他社の1.8Lターボ車が135PSの時代に、120PS止まりであった(共にグロス値)。1984年にSOHCエンジンのEA82が登場した際も、トヨタや日産・ホンダでは既にDOHCエンジンが一般化し始めるという状況で、ターボ化されたEA82Tエンジンも搭載車両の特徴的な車体レイアウトにより、インタークーラーの搭載が最後まで行えないままであった。結局EA82Tは1989年のスバル・レガシィ登場まで135PS(グロス値)止まりであり、1980年代のパワー戦争の時代にEAエンジンを搭載するスバル車はスペックの数字を追い求める市場からは「時代遅れ」と評価された。モータースポーツの現場でも、水平対向に特化したシャーシ設計と4WDで善戦するも、最後までEA型エンジンのアンダーパワーの影響を受け続けた。スバル・EA型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • カウンタック (漫画)

    カウンタック (漫画)から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    舜の走り屋時代の友人で、同い年。バイト先で舜と知り合い、舜が走り屋になるきっかけを作った。舜が走り屋をやめた後に音信不通となっていたが、事故時に偶然通りかかった舜に助けられ、再会を果たす。走り屋時代にはBNR32スカイラインGT-Rを駆り、舜のMR2に敗れる。今でもそのGT-Rは実家の車庫に保管してある(ナンバー・車検なし)。劇中での事故時に乗っていた車は父親のレガシィB4。その後、家族のため走り屋をやめるという約束を守るためにGT-Rのキーを舜に預けている。若い頃は“魔愚堕羅(マグダラ)”という暴走族のメンバーで、伝説の六代目総長だったらしい。カウンタック (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • saku sakuの出演者、登場キャラクター

    saku sakuの出演者、登場キャラクターから見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    愛車はスバルのレガシィ、自称スバリスト。saku sakuの出演者、登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • たばこ広告

    たばこ広告から見たレガシィスバル・レガシィ

    スバルはレガシィで参加していた1993年、555とスポンサー契約を結んでいたが、たばこ広告禁止地域で行われる場合、広告はボディに描かれず、初期はSUBARUのロゴが後にバナナのようなマークが描かれていた。また、92年RACラリー、93年スエディッシュではキャメルのマークを付けて参加していた。1993年、レガシィからインプレッサに変更された時、ホモロゲーション名『インプレッサ555』として登場、以後、長い活躍を続けたが、1998年、555は撤退、『555』をつけたインプレッサを見ることはできなくなったが、2008年に撤退するまで同様のカラーリングで走り続けた。たばこ広告 フレッシュアイペディアより)

  • エイント・イット・ファニー

    エイント・イット・ファニーから見たスバル・レガシィ スバル・レガシィ

    「エイント・イット・ファニー (Ain't It Funny) 」はアメリカ合衆国の女優で歌手のジェニファー・ロペスの楽曲。この楽曲は、彼女の2枚目のスタジオ・アルバム『J.Lo』に収録され、アルバムからは3曲目のシングルとして2001年7月3日にリリースされた。各国の週間シングル・チャートでは、イギリス、オランダ、スウェーデンで3位などとなった。富士重工業「レガシィ」のCMに使用された。エイント・イット・ファニー フレッシュアイペディアより)

  • 青森放送

    青森放送から見たスバル・レガシィスバル・レガシィ

    本社使用車両は、1990年代前半は日産・サニー、スバル・レガシィなどを使用していたが、1990年後半から2010年代まで初代と2代目のトヨタ・RAV4をメインで使用し、現在はトヨタ・プリウスαに変更され、3代目トヨタ・RAV4は予備車として保有している。青森放送 フレッシュアイペディアより)

176件中 81 - 90件表示

「レガシィ」のニューストピックワード