レスリング ニュース&Wiki etc.

アマチュアレスリングは、オリンピックの公式競技にもなっている格闘技、スポーツの一種である。単にレスリング、またはアマレスと省略表記されることもある。 (出典:Wikipedia)

「レスリング」Q&A

  • Q&A

    相撲最強に異論がある人はおらんよな? 現在の相撲最強説は以下の点による。 1、テイク…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年1月21日 13:42

  • Q&A

    監督が選手より目立とうとするのは、なぜですか?試合で勝ったのは選手であって、監督なん…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2017年1月18日 12:17

  • Q&A

    質問ではありません。前回回答しそこなった件について補足です。 :::::::::::…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年1月16日 14:50

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アマチュアレスリング」のつながり調べ

  • 倉持隆夫

    倉持隆夫から見たアマレス

    なお、解説として名コンビを組んだ山田隆ともども、新日本プロレス及び新日から移ってきたレスラーを下に見て扱うような言動が目に付いたが(鶴田VSアニマル浜口戦で「鶴田が負ける要素は何もありません!」とやって解説の馬場にたしなめられたのが有名)、日テレ退職後のインタビューで「アマレスの面白さは長州たちに教わった。プライベートでは仲良くやっていた」と語っている。(倉持隆夫 フレッシュアイペディアより)

  • ロック・ボトム

    ロック・ボトムから見たアマチュアレスリング

    比較的古典的なプロレス技で、別名「脊髄砕き」。水車落としの要領で、立っている相手の正面で前屈みになり、相手の腹部に片肩を当て、相手の両腿を両腕で抱え込み、そのまま起き上がることにより相手の体を担ぎ上げる。そして、前方に倒れ込むと同時に、体重を浴びせながら相手を背面からマットへ叩き付ける。走ってくる相手に対するカウンターとしても使用される他、相手を担ぎ上げた後に後方へ振り向いて繰り出す旋回式も存在する。レスリング風タックルからの連携で使用される時も多い。(ロック・ボトム フレッシュアイペディアより)

「アマチュアレスリング」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「レスリング」のニューストピックワード