88件中 21 - 30件表示
  • アマチュアレスリング

    アマチュアレスリングから見た井上謙二

    2007年1月、当時HERO'Sと契約していた山本徳郁は北京オリンピック出場を目指し、全日本レスリング選手権大会フリースタイル60kg級に出場した。しかし、2回戦で自衛隊の井上謙二に敗れた。アマチュアレスリング フレッシュアイペディアより)

  • アマチュアレスリング

    アマチュアレスリングから見た古代ローマ

    グレコローマンスタイルにおいては、競技者は腰から下を攻防に用いることが出来ない。そのためスープレックスなどの投げ技中心の試合展開となることが比較的多い。このルールは古代ギリシアや古代ローマでのパンクラチオンのルールに由来する。「グレコローマン」は「ギリシアとローマの」と言う意味である。アマチュアレスリング フレッシュアイペディアより)

  • アマチュアレスリング

    アマチュアレスリングから見た水着

    女子の黎明期は特に規定されておらず、統一されていなかった。Tシャツにローカット型シングレットを重ねる選手も存在したものの、ショートパンツまたはブルマーが主流で、後にレオタードが増え、中には水着を着用する選手もいた。そして世界選手権が始まると男子同様のシングレットに統一された。ただし国内選手権はしばらくレオタード(ユニタード)が中心だった。アマチュアレスリング フレッシュアイペディアより)

  • アマチュアレスリング

    アマチュアレスリングから見たスポーツビズ

    2004年にはスポーツビズ所属の山本美憂がジャパンクイーンズカップに出場した。アマチュアレスリング フレッシュアイペディアより)

  • アマチュアレスリング

    アマチュアレスリングから見た新日本プロレス

    2000年より新日本プロレスに所属している永田克彦はプロ入り後も2002年度全日本レスリング選手権大会・グレコローマン中量級優勝、2004年アテネオリンピック出場などの記録を残した。アマチュアレスリング フレッシュアイペディアより)

  • アマチュアレスリング

    アマチュアレスリングから見た柔道

    フォール以外に、柔道と同じようにポイントによる判定決着もある。決めた技によって最大5ポイントが付けられ、フォールにならずタイムアップになれば判定となる。また、6ポイント以上の差が付いた場合や、5ポイントの技を1回または3ポイントの技を2回決めた場合は、その時点でテクニカルフォールによる決着となる。アマチュアレスリング フレッシュアイペディアより)

  • アマチュアレスリング

    アマチュアレスリングから見たパンクラチオン

    狭義のレスリングはFILAが管轄するルールのうち、オリンピックで競技が行われているグレコローマンスタイルとフリースタイルを指し、これらをオリンピックスタイルレスリング (Olympic-style wrestling) と表現する場合もある。FILAが管轄するレスリングのルールは他にグラップリング・サンボ・ビーチレスリング・パンクラチオン・フォークスタイルレスリング (en)・ベルトレスリング (en) が存在する。以上をまとめてアソシエイテッドレスリング(Associated Wrestling)と称する場合もある。アマチュアレスリング フレッシュアイペディアより)

  • アマチュアレスリング

    アマチュアレスリングから見たボクシング

    かつてはボクシング同様の階級名が付けられていて、戦後に8階級(フライ級・バンタム級・フェザー級・ライト級・ウェルター級・ミドル級・ライトヘビー級・ヘビー級)となった。アマチュアレスリング フレッシュアイペディアより)

  • アマチュアレスリング

    アマチュアレスリングから見た北京オリンピック

    (2008年北京オリンピックへ向けてルールが一部改正された。なお、これまでは(総試合時間6分は変わらないが)前・後半各3分ずつ行い、同ポイントの場合は更に3分間の延長戦を行う方式であった。)アマチュアレスリング フレッシュアイペディアより)

  • アマチュアレスリング

    アマチュアレスリングから見たアテネオリンピック (2004年)

    オリンピックでの階級(2004年アテネ大会以降)アマチュアレスリング フレッシュアイペディアより)

88件中 21 - 30件表示

「レスリング」のニューストピックワード