101件中 31 - 40件表示
  • ラスカル

    ラスカルから見たレッサーパンダレッサーパンダ

    アニメのデザインは、実際のアライグマよりレッサーパンダに近いものとなっている。ラスカル フレッシュアイペディアより)

  • リュブリャナ動物園

    リュブリャナ動物園から見たレッサーパンダレッサーパンダ

    2008年、2016年まで動物園全体の改装を行うことが発表された。2009年には、新しくやってきたリスザルの展示が始まった。同年にはアルパカやレッサーパンダも加わった。2009年にはアシカの展示も始まり、2013年には3頭のカリフォルニアアシカも迎えている。2010年、シベリアトラが高齢で死亡した。1996年からは、から一組のライオンが移ってきた。オスは2011年の整形手術の後に死亡し、メスは2013年にガンで死亡した。リュブリャナ動物園 フレッシュアイペディアより)

  • アクロン (オハイオ州)

    アクロン (オハイオ州)から見たレッサーパンダレッサーパンダ

    ダウンタウンから州道59号線を隔てたすぐ西側にはアクロン動物園が立地している。同園は1900年に市の創設者の1人であるサイモン・パーキンスの子孫、ジョージ・パーキンスおよびアン・パーキンスが寄付した79エーカー(320,000m2)の土地で、寄贈された2匹のヒグマを飼育したことに始まった。やがて同園は時代が下るにつれて敷地を広げ、サル、ジャガー、ワシ、レッサーパンダ、スマトラトラ、ライオン、フンボルトペンギン、ユキヒョウ、コモドオオトカゲ、ガラパゴスゾウガメ、ハイイログマといった具合に飼育する動物の種を増やし、「トラの谷」、「野生の伝説」、「コモド王国」といったテーマ化を進めていった。また、園内にはクラゲやタコなどを飼育する、「礁への旅」と名付けられた水族館や、地元オハイオ州の花木を植えた庭園もある。アクロン (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • 北澤功

    北澤功から見たレッサーパンダレッサーパンダ

    動物園時代は、チンパンジー、オランウータン、レッサーパンダ、ゾウ、キリンなどの飼育・治療業務に加え、生態を考えた獣舎(日本の森、レッサーパンダ舎)を日本で初めて設計する。北澤功 フレッシュアイペディアより)

  • 釧路市動物園

    釧路市動物園から見たレッサーパンダレッサーパンダ

    1975年 - 開園。北海道で初めてネパールレッサーパンダ、アフリカゾウが来園。釧路市動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 龍門山脈

    龍門山脈から見たレッサーパンダレッサーパンダ

    龍門山は古名を「茶坪山」、「湔山」などと呼び、伝説では龍門山の北の汶山・石紐(現在の北川羌族自治県)が禹の誕生の地とされる。銀廠溝など多数の景勝地があり、またハンカチノキ(珙桐)、メタセコイア(水杉)、イチョウなど太古から生き延びた植物や、ジャイアントパンダ、レッサーパンダなど希少な動物が住むなど生態系や生物多様性の面でも貴重な土地である。中国政府は龍門山国家地質公園、龍門山国家森林公園、龍門山自然保護区などを設け生態系を保護している。龍門山脈 フレッシュアイペディアより)

  • 台北市立動物園

    台北市立動物園から見たレッサーパンダレッサーパンダ

    主な展示動物 - モウコノウマ、オオカミ、ヒグマ、アメリカバイソン、オオヤマネコ、ピューマ、ビーバー、アライグマ、コツメカワウソ、ツキノワグマ、レッサーパンダ台北市立動物園 フレッシュアイペディアより)

  • おかん (凪原ナツの漫画)

    おかん (凪原ナツの漫画)から見たレッサーパンダレッサーパンダ

    下界ではレッサーパンダの姿だが、天国にいるときは人間の姿に変わる。横山家の財力があるため、やることなすこと全てが破天荒。ルシルの家に居候しており、しっぽにはたくさんの武器が収納されている。おかん (凪原ナツの漫画) フレッシュアイペディアより)

  • シセンレッサーパンダ

    シセンレッサーパンダから見たレッサーパンダレッサーパンダ

    シセンレッサーパンダ フレッシュアイペディアより)

  • 日本平動物園

    日本平動物園から見たレッサーパンダレッサーパンダ

    2005年に直立することが話題になった、レッサーパンダの「風太」の生まれた動物園である。休園日は毎週月曜日(祝日、振替の時は翌日)と12月29日?1月1日となっている。開園時間は9:00?16:30(16:00までは入園可能)。料金は、大人(高校生以上)610円、小・中学生150円(静岡市内に居住、又は通学する小・中学生は証明提示で無料)、未就学児無料となっている。日本一長いローラースライダーが設置されている(大人 200円、子供 100円)。ホームページでは飼育日記を掲載している。施設の老朽化が進んでいることから、2013年春、全面リニューアルオープンした。日本平動物園 フレッシュアイペディアより)

101件中 31 - 40件表示

「レッサーパンダの風太」のニューストピックワード