53件中 11 - 20件表示
  • レッサーパンダ

    レッサーパンダから見たクマ科

    形態の比較ではクマ科に近縁、アライグマ科に近縁、クマ科と鰭脚類からなる系統に近縁、イタチ上科Musteroidea内でも原始的とする説などがあった。1980年代にはジャイアントパンダがクマ科に近縁とする説が主流だったこともあり、アイソザイムや染色体の解析からジャイアントパンダとの類縁性は否定される説が有力となった。1980年代後半以降はミトコンドリアDNAの分子系統解析も行われることも増えたが、2000年代にかけても解析手法により結果は一定しなかった。1990年代後半にはイタチ科とアライグマ科からなる単系統群に近縁であることが示唆され、2000年にはアライグマ科・イタチ科・スカンク科と本科でイタチ上科Musteloideaを形成する説が提唱されたが上科内の系統は不明なままであった。複数の核DNAの分子系統解析では上科内ではスカンク科に次いで分岐した系統だと推定されている。レッサーパンダ フレッシュアイペディアより)

  • レッサーパンダ

    レッサーパンダから見た旭川市旭山動物園

    これを機に、各地の動物園で、後ろ足で立つレッサーパンダが取り上げられ、「風太」がJTのCMに起用されるなど、話題が過熱したため、旭山動物園(北海道旭川市)や世界自然保護基金などから、商用目的でレッサーパンダへ過剰な負担をかけることへの疑問や懸念が表明された。また、ブームの発端となった千葉市動物公園では、ラジオ番組の電話インタビューにおいて、「当初地方紙のみの記事であったはずが、いきなり全国的に取り上げられたため、その過熱ぶりに困惑気味であった」と語っている。二足で歩くズーラシアのデールについてもバッシングがあったが、その内容は「無理やり芸を仕込んでいる」という誤解に基づくものであった。レッサーパンダ フレッシュアイペディアより)

  • レッサーパンダ

    レッサーパンダから見た世界自然保護基金

    これを機に、各地の動物園で、後ろ足で立つレッサーパンダが取り上げられ、「風太」がJTのCMに起用されるなど、話題が過熱したため、旭山動物園(北海道旭川市)や世界自然保護基金などから、商用目的でレッサーパンダへ過剰な負担をかけることへの疑問や懸念が表明された。また、ブームの発端となった千葉市動物公園では、ラジオ番組の電話インタビューにおいて、「当初地方紙のみの記事であったはずが、いきなり全国的に取り上げられたため、その過熱ぶりに困惑気味であった」と語っている。二足で歩くズーラシアのデールについてもバッシングがあったが、その内容は「無理やり芸を仕込んでいる」という誤解に基づくものであった。レッサーパンダ フレッシュアイペディアより)

  • レッサーパンダ

    レッサーパンダから見た甘粛省

    インド北東部、中華人民共和国(四川省西部)、ネパール、ブータン、ミャンマー北部。ラオスでの報告例はあるが、確実性に乏しいとされる。甘粛省、貴州省、青海省、陝西省では絶滅したと考えられている。レッサーパンダ フレッシュアイペディアより)

  • レッサーパンダ

    レッサーパンダから見た森林

    標高1,500 - 4,800メートルにある温帯・亜熱帯の森林や竹林に生息する。インドのMeghalaya高原では標高700 - 1,400メートル(200メートルでの報告例もあり)の亜熱帯・熱帯の森林にも生息する。樹上棲と考えられている。夜行性もしくは薄明薄暮性で昼間は休むが、夏季には昼間も活動する。縄張りを形成して生活すると考えられ、オスは臭腺による臭い付けや一定の場所に排便することで縄張りを主張する。レッサーパンダ フレッシュアイペディアより)

  • レッサーパンダ

    レッサーパンダから見た昆虫

    タケやタケノコを食べるが小型哺乳類、鳥類の卵、昆虫、動物の死骸、果実、地衣類なども食べる。レッサーパンダ フレッシュアイペディアより)

  • レッサーパンダ

    レッサーパンダから見たよこはま動物園ズーラシア

    もともと各地の動物園で人気者になりつつあったレッサーパンダだが、2005年5月、千葉市動物公園で飼育されているオスの「風太」(ふうた、報道などでは君付けされ風太くんと称される)が、30秒程度の間、後ろ足二本で直立する、と内外のマスコミで取り上げられ、話題となった。レッサーパンダは元来、周囲の様子をうかがうときに直立することがある。このニュースが話題になると、風太の祖父や母までも直立することがわかった。また、よこはま動物園ズーラシアの「デール」や佐世保市亜熱帯動植物園の「海」のように、二足で数歩歩く個体もいる。レッサーパンダ フレッシュアイペディアより)

  • レッサーパンダ

    レッサーパンダから見た四川省

    インド北東部、中華人民共和国(四川省西部)、ネパール、ブータン、ミャンマー北部。ラオスでの報告例はあるが、確実性に乏しいとされる。甘粛省、貴州省、青海省、陝西省では絶滅したと考えられている。レッサーパンダ フレッシュアイペディアより)

  • レッサーパンダ

    レッサーパンダから見たエポック社

    ブーム下においては、直立したレッサーパンダの縫いぐるみなどのグッズが多数商品化され、ハピネットの『動物大百科』のソフビ人形は直立形態を前提に造形され、エポック社からは『レッサーパンダが立ちました』という名のフィギュア(カプセルトイ)が商品化された。ただし、二本足で直立という状態は、基本的にレッサーパンダにとっては頻繁に行う行動ではない。2018年3月現在14歳(7月で15歳)の風太くんは人間の年齢でいうと70歳の高齢となり立ち上がる回数は減ったが、おやつの時間には立ち上がる姿をまだ見せているという。レッサーパンダ フレッシュアイペディアより)

  • レッサーパンダ

    レッサーパンダから見たラテン語

    ジョルジュ・キュヴィエの弟であるフレデリック・キュヴィエは、レッサーパンダの標本を見て感動し、ラテン語で「炎色のネコ」という意味をもつ“Ailurus fulgens”という学名を付けた。レッサーパンダ フレッシュアイペディアより)

53件中 11 - 20件表示

「レッサーパンダの風太」のニューストピックワード