レティーフ・グーセン ニュース&Wiki etc.

レティーフ・グーセン(Retief Goosen, 1969年2月3日 - )は、南アフリカ・リンポポ州ポロクワネ(旧名ピーターズブルグ)出身のプロゴルファーである。2001年と2004年の2度、全米オープンで優勝した実力者である。これまでにヨーロッパツアーで14勝、アメリカPGAツアーで7勝を挙げる(メジャー大会である… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「レティーフ・グーセン」のつながり調べ

  • フィル・ミケルソン

    フィル・ミケルソンから見たレティーフ・グーセン

    しかし2004年のマスターズ・トーナメントで、彼の努力はついに報われる。最終日の18番ホールでバーディーパットを沈め、9アンダーパー(-9)で初優勝を飾った。大会前年優勝者のマイク・ウェア(カナダ)も左打ち選手であったため、マスターズのグリーン・ジャケット授与式では左打ち同士が顔を合わせた。続く全米オープンでも優勝争いに絡んだが、レティーフ・グーセンに惜敗。2005年のマスターズでは10位に終わったが、8月の全米プロゴルフ選手権で初日からトップをキープする完全優勝を果たし、メジャー大会2冠を獲得する。2006年のマスターズではフェード用、ドロー用の2本のドライバーを使い分け、最終日に抜け出し、メジャー大会2連勝を成し遂げた。(フィル・ミケルソン フレッシュアイペディアより)

  • 2001年のスポーツ

    2001年のスポーツから見たレティーフ・グーセン

    EMCワールドカップ優勝:南アフリカチーム(アーニー・エルス&レティーフ・グーセン)(2001年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

「レティーフ・グーセン」のニューストピックワード