前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示
  • レティーフグーセン

    レティーフグーセンから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    レティーフグーセン フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・デュバル

    デビッド・デュバルから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    全英オープンで優勝した後、2001年11月に初来日する。初出場のダンロップ・フェニックス選手権で、当年度の日本オープンゴルフ優勝者手嶋多一とのプレーオフを制して初優勝。宮崎の「フェニックス・カントリークラブ」には彼の名前にちなんで「デビッド・デュバル・ゴルフアカデミー」が設立された。(現在はデュバルの冠が取れ、「フェニックス・ゴルフアカデミー」と改名した。)翌週に静岡県御殿場市の「太平洋クラブ御殿場コース」で開かれた「EMCワールドカップ」のアメリカ代表として、世界ランキング1位のタイガー・ウッズとコンビを組んで出場する。大会期間中は2人とも万全の体調ではなかったが、最終日のフォアサムで最終18番ホール(パー5、517ヤード)の第2打をデュバルがミスした後、ウッズの“ミラクル・チップイン・イーグル”でアメリカ・チームはプレーオフに残った。4ヶ国によるプレーオフはアーニー・エルスとレティーフ・グーセンによる南アフリカチームが制し、アメリカ・チームはプレーオフ1ホール目で脱落した。デビッド・デュバル フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ブルックス

    マーク・ブルックスから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    全米プロゴルフ選手権の優勝を最後に、ブルックスはPGAツアーの優勝から遠ざかり、1997年以後はツアー賞金ランキング・世界ランキングともに下降の一途をたどった。5年後の2001年全米オープンゴルフで、彼に久々のチャンスが訪れる。この年の全米オープン開催コースはオクラホマ州タルサにある「サザンヒルズ・カントリークラブ」(パー70)であった。ブルックスは第2ラウンドで64(6アンダー)の好スコアを出し、4日間通算 4 アンダーパー(-4, 72+64+70+70=276ストローク)で回った。初日から首位に立っていた最終組のレティーフ・グーセン(南アフリカ)が、最終18番ホールで50センチのパーパットを外したため、ブルックスとグーセンの2人がプレーオフを戦うことになった。全米オープンのプレーオフは(他のトーナメントと異なり)もう1ラウンド(18ホール)プレーする方式で行われるが、ブルックスはプレーオフでグーセンに敗れ、メジャー2勝目のチャンスを逃した。マーク・ブルックス フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ビヨン

    トーマス・ビヨンから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    日本のダンロップ・フェニックス選手権で1999年、2003年の2度優勝していることから、日本でも高い知名度を持つ選手である。2001年11月に静岡県御殿場市の「太平洋クラブ御殿場コース」に誘致されたEMCワールドカップにもデンマーク代表として来日し、ソレン・ハンセンとコンビを組んで出場した。デンマークは4チームによるプレーオフに進んだが、そこで南アフリカチーム(アーニー・エルス&レティーフ・グーセン組)に敗れてワールドカップ優勝を逃した。トーマス・ビヨン フレッシュアイペディアより)

  • ポロクワネ

    ポロクワネから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    レティーフ・グーセン - プロゴルファーポロクワネ フレッシュアイペディアより)

  • アーニー・エルス

    アーニー・エルスから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    2001年11月、日本の太平洋クラブ・御殿場コースで開催された世界ゴルフ選手権の「EMCワールドカップ」に南アフリカ代表として出場、レティーフ・グーセンとコンビを組んで優勝した。この時はアメリカを含む4チームによるプレーオフを制している。アーニー・エルス フレッシュアイペディアより)

  • 2001年のスポーツ

    2001年のスポーツから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    EMCワールドカップ優勝:南アフリカチーム(アーニー・エルス&レティーフ・グーセン2001年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • スチュワート・シンク

    スチュワート・シンクから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    2001年の全米オープンは、シンクのゴルフ経歴の中でもつらい敗北だった。オクラホマ州タルサにある「サザンヒルズ・カントリークラブ」(パー70)の最終ラウンドで、彼は 5 アンダーパーで最終18番ホールを迎えたが、最後にダブルボギーをたたいてしまう。その結果、シンクは 4 アンダーパー(-4, 276ストローク)で並んだレティーフ・グーセン(南アフリカ)とマーク・ブルックス(アメリカ)とのプレーオフ進出を逃し、3位に終わった。 このショックが尾を引き、彼はしばらくの間低迷に陥る。3年後の2004年、シンクは「MCIヘリテージ」(2000年当時の「MCIクラシック」から大会名称変更)で4年ぶり2度目の優勝を果たし、ツアーでも4年ぶりの3勝目を挙げた。この年は8月中旬の世界ゴルフ選手権シリーズ第2戦・NEC招待でも優勝があり、自身初の年間2勝獲得で賞金ランキング5位に入った。スチュワート・シンク フレッシュアイペディアより)

  • ゲーリー・プレーヤー

    ゲーリー・プレーヤーから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    最近はプレジデンツカップで国際選抜チームの監督(2003年、2005年)を務めるなど、今なおプロゴルフ界の重鎮として多大な尊敬を集めている。プレーヤーの故国南アフリカからも、アーニー・エルスやレティーフ・グーセンなどの後輩選手たちが世界トップクラスの名選手として活躍している。ゲーリー・プレーヤー フレッシュアイペディアより)

  • ワールドカップ (ゴルフ)

    ワールドカップ (ゴルフ)から見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    2001年11月15日から18日にかけて、「日本ゴルフ100年祭」の最高潮をなすイベントとして「EMCワールドカップ」が静岡県御殿場市の「太平洋クラブ御殿場コース」に誘致された。1901年に日本で最古のゴルフ場として「六甲コース」が建造されてから100周年の記念行事が多数開催されたが、ワールドカップをそのクライマックスに位置づけたのである。この時はアメリカ代表として(当時)世界ランキング1位のタイガー・ウッズと同3位のデビッド・デュバルが来日した。アメリカ・チームは大会3連覇を逃したが、最終日の18番ホール(パー5, 517ヤード)でウッズが放った“ミラクル・チップイン・イーグル”は強烈な印象を残した。この時は4チームのプレーオフになり、アーニー・エルスとレティーフ・グーセンのコンビによる南アフリカチームが優勝した。なお、日本チームの伊沢利光と丸山茂樹のコンビは11位に終わっている。ワールドカップ (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示

「レティーフ・グーセン」のニューストピックワード