1 2 次へ
15件中 11 - 15件表示
  • フィル・ミケルソン

    フィル・ミケルソンから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    しかし2004年のマスターズ・トーナメントで、彼の努力はついに報われる。最終日の18番ホールでバーディーパットを沈め、9アンダーパー(-9)で初優勝を飾った。大会前年優勝者のマイク・ウェア(カナダ)も左打ち選手であったため、マスターズのグリーン・ジャケット授与式では左打ち同士が顔を合わせた。続く全米オープンでも優勝争いに絡んだが、レティーフ・グーセンに惜敗。2005年のマスターズでは10位に終わったが、8月の全米プロゴルフ選手権で初日からトップをキープする完全優勝を果たし、メジャー大会2冠を獲得する。2006年のマスターズでは最終日に抜け出し、メジャー大会2連勝を成し遂げた。フィル・ミケルソン フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・デュバル

    デビッド・デュバルから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    全英オープンで優勝した後、2001年11月に初来日する。初出場のダンロップ・フェニックス選手権で、当年度の日本オープンゴルフ優勝者手嶋多一とのプレーオフを制して初優勝。宮崎の「フェニックス・カントリークラブ」には彼の名前にちなんで「デビッド・デュバル・ゴルフアカデミー」が設立された。(現在はデュバルの冠が取れ、「フェニックス・ゴルフアカデミー」と改名した。)翌週に静岡県御殿場市の「太平洋クラブ御殿場コース」で開かれた「EMCワールドカップ」のアメリカ代表として、世界ランキング1位のタイガー・ウッズとコンビを組んで出場する。大会期間中は2人とも万全の体調ではなかったが、最終日のフォアサムで最終18番ホール(パー5、517ヤード)の第2打をデュバルがミスした後、ウッズの“ミラクル・チップイン・イーグル”でアメリカ・チームはプレーオフに残った。4ヶ国によるプレーオフはアーニー・エルスとレティーフ・グーセンによる南アフリカチームが制し、アメリカ・チームはプレーオフ1ホール目で脱落した。デビッド・デュバル フレッシュアイペディアより)

  • アフリカーナー

    アフリカーナーから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    レティーフ・グーセン(ゴルファー)アフリカーナー フレッシュアイペディアより)

  • スチュワート・シンク

    スチュワート・シンクから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    2001年の全米オープンは、シンクのゴルフ経歴の中でもつらい敗北だった。オクラホマ州タルサにある「サザンヒルズ・カントリークラブ」(パー70)の最終ラウンドで、彼は 5 アンダーパーで最終18番ホールを迎えたが、最後にダブルボギーをたたいてしまう。その結果、シンクは 4 アンダーパー(-4, 276ストローク)で並んだレティーフ・グーセン(南アフリカ)とマーク・ブルックス(アメリカ)とのプレーオフ進出を逃し、3位に終わった。 このショックが尾を引き、彼はしばらくの間低迷に陥る。3年後の2004年、シンクは「MCIヘリテージ」(2000年当時の「MCIクラシック」から大会名称変更)で4年ぶり2度目の優勝を果たし、ツアーでも4年ぶりの3勝目を挙げた。この年は8月中旬の世界ゴルフ選手権シリーズ第2戦・NEC招待選手権(現在の名称はブリヂストン招待選手権)でも優勝があり、自身初の年間2勝獲得で賞金ランキング5位に入った。スチュワート・シンク フレッシュアイペディアより)

  • アーニー・エルス

    アーニー・エルスから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    2001年11月、日本の太平洋クラブ・御殿場コースで開催された世界ゴルフ選手権の「EMCワールドカップ」に南アフリカ代表として出場、レティーフ・グーセンとコンビを組んで優勝した。この時はアメリカを含む4チームによるプレーオフを制している。アーニー・エルス フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
15件中 11 - 15件表示

「レティーフ・グーセン」のニューストピックワード