1 2 次へ
14件中 11 - 14件表示
  • フィル・ミケルソン

    フィル・ミケルソンから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    しかし2004年のマスターズ・トーナメントで、彼の努力はついに報われる。最終日の18番ホールでバーディーパットを沈め、9アンダーパー(-9)で初優勝を飾った。大会前年優勝者のマイク・ウェア(カナダ)も左打ち選手であったため、マスターズのグリーン・ジャケット授与式では左打ち同士が顔を合わせた。続く全米オープンでも優勝争いに絡んだが、レティーフ・グーセンに惜敗。2005年のマスターズでは10位に終わったが、8月の全米プロゴルフ選手権で初日からトップをキープする完全優勝を果たし、メジャー大会2冠を獲得する。2006年のマスターズではフェード用、ドロー用の2本のドライバーを使い分け、最終日に抜け出し、メジャー大会2連勝を成し遂げた。フィル・ミケルソン フレッシュアイペディアより)

  • 1969年のスポーツ

    1969年のスポーツから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    2月3日 - レティーフ・グーセン(南アフリカ、ゴルフ)1969年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 梁容銀

    梁容銀から見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    2006年11月9日-12日に中国・上海での「HSBC選手権」では並み居る強豪たちを相手に初優勝を決めた(参考リンク )。この時に上位に入った選手は、2位がタイガー・ウッズ、3位がレティーフ・グーセン(南アフリカ、全米オープンゴルフ2001年・2004年優勝)、4位がマイケル・キャンベル(ニュージーランド、2005年全米オープンゴルフ優勝者)であった。翌2007年にはヨーロッパツアーにフル参戦し、賞金ランキング28位に入る。2008年以後はアメリカPGAツアーに本格参戦するようになり、2009年3月初頭の「ホンダ・クラシック」で米国ツアー初優勝を果たす。梁容銀 フレッシュアイペディアより)

  • ダンロップフェニックストーナメント

    ダンロップフェニックストーナメントから見たレティーフ・グーセンレティーフ・グーセン

    過去40年間には帝王ジャック・ニクラスをはじめ、ジョニー・ミラー(1974年優勝)、ヒューバート・グリーン(1975年優勝)、トム・ワトソン(1980年,1997年優勝)、セベ・バレステロス(1977年,1981年優勝)、クレイグ・スタドラー(1987年優勝)、ラリー・ネルソン(1991年優勝)、フレッド・カプルス、アーニー・エルス(1993年優勝)、グレグ・ノーマン、ビジェイ・シン、フィル・ミケルソン、レティーフ・グーセン、セルヒオ・ガルシア、デビッド・デュバル(2001年優勝)、タイガー・ウッズ(2004年・2005年優勝)、パドレイグ・ハリントン(2006年優勝)、ルーク・ドナルド(2012年・2013年優勝)、ジョーダン・スピースなど数々の世界のトッププレーヤーが参戦したトーナメントである(2012年まではアメリカPGAツアーは11月初旬にシーズンオフに入るため、他の日本国内大会に比べて有名選手を招待しやすい時期でもあった)。ダンロップフェニックストーナメント フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
14件中 11 - 14件表示

「レティーフ・グーセン」のニューストピックワード