198件中 61 - 70件表示
  • ザ・カッティング・ルーム

    ザ・カッティング・ルームから見たレディー・ガガレディー・ガガ

    この店に出演したアーティストとしては、ノラ・ジョーンズ、シェリル・クロウ、グウィネス・パルトロー、キッド・ロック、ヴァネッサ・カールトン、レディー・ガガ、サンドラ・バーンハード、ミニ・キッス(キッスのトリビュートバンド)などがいる。ザ・カッティング・ルーム フレッシュアイペディアより)

  • ザ・リミックス

    ザ・リミックスから見たレディー・ガガレディー・ガガ

    『ザ・リミックス』 (The Remix) は、アメリカ合衆国のレコーディング・アーティストレディー・ガガの1枚目のリミックス・アルバムである。2010年3月3日発売。ザ・リミックス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ライドン

    ジョン・ライドンから見たレディ・ガガレディー・ガガ

    女性ヴォーカルバンドや女性ミュージシャンが大好きでシンディー・ローパーとは特に仲が良い。PIL時代、96年ピストルズ再結成時を通じてツアーの前座には新人女性ミュージシャン&バンドを起用していた。ソニック・ユース、シュガーキューブスやL7などがブレイクを果たし、彼の見る目の確かさを物語っている。PIL時代は開演前のBGMもダイアナ・ロスやマドンナなどおよそ彼のイメージからは想像も付かない曲ばかりを流していた。レディ・ガガを知性に裏付けられた独創性があると讃え(彼女のヒット曲、”Paparazzi” などを例に)、ケイト・ブッシュの声域が非常に高いにもかかわらず「本当に心に響いた」とも褒めている。ジョン・ライドン フレッシュアイペディアより)

  • ヨンカーズ

    ヨンカーズから見たレディー・ガガレディー・ガガ

    R&B歌手レディー・ガガ(LADY GAGA)の出身地として知られる。ヨンカーズ フレッシュアイペディアより)

  • 周杰倫

    周杰倫から見たレディー・ガガレディー・ガガ

    2010年5月29日、米ビジネス誌「Fast Company」が選ぶ「ビジネスシーンで最もクリエイティブな100人」に、米人気歌手のレディー・ガガやjay-zとともに、周杰倫が中華圏の歌手として唯一選ばれた。歌手部門で選ばれたのはこの3名のみ。周杰倫 フレッシュアイペディアより)

  • タイムズスクエア・ボール

    タイムズスクエア・ボールから見たレディー・ガガレディー・ガガ

    2011 - 12:レディー・ガガ:彼女はボタンを押す約15〜20分前に、マリー・ザ・ナイト、ボーン・ディス・ウェイを歌った。タイムズスクエア・ボール フレッシュアイペディアより)

  • マダム・タッソー館

    マダム・タッソー館から見たレディー・ガガレディー・ガガ

    File:Gaga vax at Madame Tussauds London.jpg|レディー・ガガマダム・タッソー館 フレッシュアイペディアより)

  • iTunes Ping

    iTunes Pingから見たレディー・ガガレディー・ガガ

    コールドプレイのボーカリストクリス・マーティンがiTunes pingのイベントで「Viva La Vida」と「Yellow」、そして新曲の「Wedding Bells」を披露した。レディー・ガガもサービスの実用的デモの一部としてビデオメッセージを寄せたが、一方でアップルはレディー・ガガのプロモーションショットに関して同性婚関連の書き込みを検閲した。iTunes Ping フレッシュアイペディアより)

  • SHIZUOKA TOP40

    SHIZUOKA TOP40から見たレディー・ガガレディー・ガガ

    2010年の1位 - LADY GAGA「Telephone feat. Beyonce」SHIZUOKA TOP40 フレッシュアイペディアより)

  • ボーン・ディス・ウェイ (曲)

    ボーン・ディス・ウェイ (曲)から見たレディー・ガガレディー・ガガ

    「ボーン・ディス・ウェイ」(=こうなる運命のもとに生まれてきた)は、アメリカ合衆国のレコーディングアーティストレディー・ガガの楽曲。彼女の2枚目のスタジオ・アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』からのタイトル・トラックで、2011年2月11日に先行シングルとして発売された。楽曲の制作者にはガガ、プロデューサーにはガガの他フェルナンド・ガリベイ、DJホワイト・シャドウが名を連ねている。ボーン・ディス・ウェイ (曲) フレッシュアイペディアより)

198件中 61 - 70件表示

「レディー・ガガ」のニューストピックワード