198件中 71 - 80件表示
  • ユー・アンド・アイ (レディー・ガガの曲)

    ユー・アンド・アイ (レディー・ガガの曲)から見たレディー・ガガレディー・ガガ

    「ユー・アンド・アイ」(Yoü and I)は、アメリカ合衆国のレコーディングアーティストレディー・ガガの楽曲。彼女の2枚目のスタジオ・アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』からの4枚目のシングルとして2011年8月23日に発売された。ユー・アンド・アイ (レディー・ガガの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 山口裕子 (デザイナー)

    山口裕子 (デザイナー)から見たレディー・ガガレディー・ガガ

    、必ず一点もののハローキティのぬいぐるみをプレゼントしている。レディー・ガガ来日の際には、彼女の来日時のスタイリング(虹色のヘアスタイルや、グリーンのコートなど)を早急に模したハローキティのぬいぐるみをプレゼントし、話題を呼んだ。山口裕子 (デザイナー) フレッシュアイペディアより)

  • アートポップ

    アートポップから見たレディー・ガガレディー・ガガ

    『アートポップ』 (ARTPOP)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、レディー・ガガの3枚目のスタジオ・アルバム。このアルバムは2013年にインタースコープ・レコードより公式にリリースされる予定である。アートポップ フレッシュアイペディアより)

  • スピーク・ナウ

    スピーク・ナウから見たレディー・ガガレディー・ガガ

    初動で100万枚以上を売り上げた女性アーティストは4組目であり、ホイットニー・ヒューストン、ブリトニー・スピアーズ、ノラ・ジョーンズに次ぐ記録である。(後にレディー・ガガも初週100万枚以上の売り上げを記録している。)スピーク・ナウ フレッシュアイペディアより)

  • トニー・ベネット

    トニー・ベネットから見たレディー・ガガレディー・ガガ

    2011年9月にはアルバム『Duets II』を発表。同年7月に急死したエイミー・ワインハウスの最後の録音が含まれ話題となった。他にアレサ・フランクリン、マライア・キャリー、レディー・ガガらとデュエットしている。85歳にしてBillboard 200で自身初の初登場1位を獲得。またボブ・ディランが67歳の時に『トゥゲザー・スルー・ライフ』で作った最年長首位記録を大幅に塗り替えた。トニー・ベネット フレッシュアイペディアより)

  • テレフォン (曲)

    テレフォン (曲)から見たレディー・ガガレディー・ガガ

    「テレフォン」(Telephone)は、アメリカ合衆国のレコーディングアーティストレディー・ガガの2枚目のスタジオ・アルバム『ザ・モンスター』からの楽曲である。アメリカのR&B歌手ビヨンセをフィーチャーしている。当初ガガはこの曲をブリトニー・スピアーズの為に書いたが、その企画は流れた。その後ビヨンセをヴォーカリストとして迎え、自身も録音に参加した。音楽的には誇張されたブリッジ、韻文ラップとエピローグを特徴とする。テレフォン (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 清水ミチコのミッチャン・インポッシブル

    清水ミチコのミッチャン・インポッシブルから見たレディー・ガガレディー・ガガ

    2011年7月30日(ニッポン放送における放送日)・放送分では、レディー・ガガが来日した際に録ったインタビューを放送した(30分ネット版では、前半に放送しているコーナーを休止し、ガガのインタビューを放送した)。清水ミチコのミッチャン・インポッシブル フレッシュアイペディアより)

  • パパラッチ (レディー・ガガの曲)

    パパラッチ (レディー・ガガの曲)から見たレディー・ガガレディー・ガガ

    「パパラッチ」(Paparazzi)は、アメリカ合衆国のポップレコーディング・アーティストのレディー・ガガのデビュー・アルバム『ザ・フェイム』からの楽曲。この曲はロブ・フサーリとガガによって書かれたものである。イギリス、イタリアではアルバムからの3枚目のシングル、カナダとアメリカでは4枚目、オーストラリアとニュージーランドでは5枚目のシングルとして発売された。イギリスでは2009年7月6日、オーストラリアでは同年7月10日に発売された。『ラブゲーム』はイギリスでの3枚目のシングルとして発売される予定であったが、潜在的に論争の的となるであろう要素があったため、替わりに『パパラッチ』が発売されることになった。歌は彼女の闘いと名声に対する愛情によって書かれた。パパラッチ (レディー・ガガの曲) フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・ウォーターズ

    ロジャー・ウォーターズから見たレディー・ガガレディー・ガガ

    2010年からは『ザ・ウォール』の発売30周年を記念したソロ・ツアー「The Wall Live」を行う。全世界を回る大規模なツアーとなっており、驚異的な観客動員を記録している。ビルボード誌の発表による「2010年米国で最も稼いだアーティスト」(Music's Top 40 Money Makers 2011)において、レディー・ガガ、ボン・ジョヴィに次いで第3位(2,449万ドル)となっている。2011年3月13日、ロンドンのO2アリーナでの公演にギルモアとメイスンが出演し、久々にフロイドのメンバー3人が顔を揃えた。ロジャー・ウォーターズ フレッシュアイペディアより)

  • ミレーヌ・ファルメール

    ミレーヌ・ファルメールから見たレディー・ガガレディー・ガガ

    2010年にはミレーヌはベン・ハーパーとリン・レノー(:fr:Line Renaud) とのコラボレーションでレノーのカムバックアルバムに曲を提供しデュエットをレコーディングしている。またINXSのマイケル・ハッチェンスのトリビュートアルバムに『Never Tear Us Apart』をカバーする。またオリジナルアルバムの『Bleu Noir』を発表。これは以前のようにプロデュサーにブトナが参加せず、レディー・ガガを手がけたRedOne(:en:RedOne) によるプロデュースのフランス人の曖昧なニュアンスを歌ったという『Oui mais... non』やMobyなどが曲を提供したアルバムで好セールスをマークし新境地を開拓した。このアルバムによりミレーヌは全部で12曲のNo1保持することになる。ミレーヌ・ファルメール フレッシュアイペディアより)

198件中 71 - 80件表示

「レディー・ガガ」のニューストピックワード