前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
160件中 1 - 10件表示
  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たブリトニー・スピアーズ

    Twitterのフォロワー数は2012年現在3000万人を超える。2010年8月にフォロワー数が約568万人に達し、ブリトニー・スピアーズを抜き世界1位となったが、2013年1月21日にジャスティン・ビーバーに抜かれ世界2位となった。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たエルトン・ジョン

    ガガはデヴィッド・ボウイやクイーン、エルトン・ジョンといったグラム・ロッカーのほか、シンディ・ローパー、マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、マドンナといった複数のポップ歌手から音楽的に影響を受けている。また同時に自身が作詞・作曲とパフォーマンスを行う上で必須の部分であると語るファッションの面からも強い影響を受けている。2010年5月、アメリカの雑誌『タイム』の世界で最も影響力のある有名人を選出する「タイム100」のアーティスト部門の1位に選ばれた。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たエイコン

    19歳の時にデフ・ジャムと契約し、ニューヨーク市の近郊のクラブでダンサーをしながら生計を立てた。また同時期インタースコープ・レコードとソングライターとして契約をし、同レーベルのアーティストを中心に複数のミュージシャンに楽曲提供を行った。その後楽曲提供を行う中でエイコンにガガの歌手としての才能を認められ、エイコン自身のレーベルコンライブとレコード契約し、歌手としてのキャリアをスタートさせた。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たマドンナ (歌手)

    ガガはデヴィッド・ボウイやクイーン、エルトン・ジョンといったグラム・ロッカーのほか、シンディ・ローパー、マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、マドンナといった複数のポップ歌手から音楽的に影響を受けている。また同時に自身が作詞・作曲とパフォーマンスを行う上で必須の部分であると語るファッションの面からも強い影響を受けている。2010年5月、アメリカの雑誌『タイム』の世界で最も影響力のある有名人を選出する「タイム100」のアーティスト部門の1位に選ばれた。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たマライア・キャリー

    2008年にデビュー・アルバム『ザ・フェイム』をリリース。彼女自身が全ての歌詞を手がけ、メロディー作曲も自分でこなし、シンセサイザーの部分も自らが演奏している。『ザ・フェイム』は、オーストリア、イギリス、カナダ、アイルランドチャートにて1位を獲得。アメリカ合衆国とオーストラリアでは最高位4位を、日本では最高位6位を記録している。全世界での売上枚数は1200万枚を突破している。アルバムからのリードシングル「ジャスト・ダンス」は2008年4月8日にリリースされ、世界各国で首位を獲得。「ジャスト・ダンス」は、イギリスなど世界5カ国のシングルチャートで1位を獲得し、リリースから半年以上経った2009年1月にアメリカでも1位に到達した。2009年2月に行われた第51回グラミー賞では「ジャスト・ダンス」で最優秀ダンス・レコーディング賞にノミネートされるも、ダフト・パンクの「仕事は終わらない」が受賞し、ガガは受賞を逃している。「ジャスト・ダンス」は全世界で700万枚以上売り上げるヒットとなった。続いて2008年にリリースされた「ポーカー・フェイス」は2009年4月11日付けのアメリカ合衆国のシングルチャートBillboard Hot 100で1位となった。これによりガガは2000年以降、デビュー・アルバムから2枚のシングルを全米チャート1位に送り込んだ初の新人アーティストとなった。1st、2ndシングル2枚で全米1位を達成した女性新人アーティストは3人で、ガガはティファニー、マライア・キャリー、クリスティーナ・アギレラに次ぐ4人目となった。この楽曲はイギリス、カナダ、オーストラリアを始めとした世界17の国と地域のシングルチャートで1位を獲得している。また、「ポーカー・フェイス」はヨーロッパ全土を対象にしたシングル・チャートEurochart Hot 100 Singlesでも16週にわたって1位を記録。さらにイギリスのThe Official Chart Companyが発表した"イギリスで最もダウンロードされた曲"では77万ユニットのダウンロード数により1位を獲得している。「ポーカー・フェイス」は全世界で1000万枚以上売り上げ、2000年代を代表する楽曲となった。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たマイケル・ジャクソン

    ガガはデヴィッド・ボウイやクイーン、エルトン・ジョンといったグラム・ロッカーのほか、シンディ・ローパー、マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、マドンナといった複数のポップ歌手から音楽的に影響を受けている。また同時に自身が作詞・作曲とパフォーマンスを行う上で必須の部分であると語るファッションの面からも強い影響を受けている。2010年5月、アメリカの雑誌『タイム』の世界で最も影響力のある有名人を選出する「タイム100」のアーティスト部門の1位に選ばれた。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たデヴィッド・ボウイ

    ガガはデヴィッド・ボウイやクイーン、エルトン・ジョンといったグラム・ロッカーのほか、シンディ・ローパー、マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、マドンナといった複数のポップ歌手から音楽的に影響を受けている。また同時に自身が作詞・作曲とパフォーマンスを行う上で必須の部分であると語るファッションの面からも強い影響を受けている。2010年5月、アメリカの雑誌『タイム』の世界で最も影響力のある有名人を選出する「タイム100」のアーティスト部門の1位に選ばれた。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たブルース・スプリングスティーン

    4歳で楽譜なしでピアノが演奏できるようになった。父親が初めて聴かせてくれたレコードはスティーヴィー・ワンダーであり、その後ブルース・スプリングスティーンの曲などをピアノで練習するようになる。多くの有名アーティストを手掛けた先生からレッスンを受けるようになり、13歳になるころには初のピアノ・バラードを自分自身で作曲。11歳当時にジュリアード学院の音楽部門に合格するも、当時は音楽にさほど興味が無く入学を辞退し、マンハッタンのカトリック系私立学校、聖心女子学院()へ進学。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たスティーヴィー・ワンダー

    4歳で楽譜なしでピアノが演奏できるようになった。父親が初めて聴かせてくれたレコードはスティーヴィー・ワンダーであり、その後ブルース・スプリングスティーンの曲などをピアノで練習するようになる。多くの有名アーティストを手掛けた先生からレッスンを受けるようになり、13歳になるころには初のピアノ・バラードを自分自身で作曲。11歳当時にジュリアード学院の音楽部門に合格するも、当時は音楽にさほど興味が無く入学を辞退し、マンハッタンのカトリック系私立学校、聖心女子学院()へ進学。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たホイットニー・ヒューストン

    ガガはデヴィッド・ボウイやクイーン、エルトン・ジョンといったグラム・ロッカーのほか、シンディ・ローパー、マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、マドンナといった複数のポップ歌手から音楽的に影響を受けている。また同時に自身が作詞・作曲とパフォーマンスを行う上で必須の部分であると語るファッションの面からも強い影響を受けている。2010年5月、アメリカの雑誌『タイム』の世界で最も影響力のある有名人を選出する「タイム100」のアーティスト部門の1位に選ばれた。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
160件中 1 - 10件表示

「レディー・ガガ」のニューストピックワード