前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示
  • デリック・ローズ

    デリック・ローズから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    プレーオフではレブロン・ジェームス率いる2年連続リーグ最高勝率チームのクリーブランド・キャバリアーズと対戦。レギュラーシーズンを大きく上回る平均26.8得点7.2アシストの成績で健闘するものの、4勝1敗で敗退し2年目のシーズンを終えることとなった。デリック・ローズ フレッシュアイペディアより)

  • 2008-2009シーズンのNBA

    2008-2009シーズンのNBAから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    2010年FA市場の最大の目玉となるレブロン・ジェームス獲得を狙ってニューヨーク・ニックスやニュージャージー・ネッツは多くの主力選手を放出。各球団もこぞって財務整理に勤しんだ。 ESPN.comによる2010年にFAになる選手リスト。2008-2009シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • カーメロ・アンソニー

    カーメロ・アンソニーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    高校はトーソン・カソリック高校に進学。2000年の夏には身長が5インチ(約13cm)伸びたことでバスケットボール選手として頭角を現し、2001年にはボルティモアの年間最優秀選手に選ばれている。カーメロはバスケット選手としてのキャリアをステップアップさせるため、全米随一のバスケット名門校として知られるヴァージニア州のオークヒル・アカデミー高校に転校。カーメロの名は全国区となり、マクドナルドオールアメリカンやUSAトゥデイオールアメリカン1stチーム、パレード誌オールアメリカン1stチームなどに選ばれ、スプライト・スラム・ジャム・ダンクコンテストでは優勝している。また同校在学中には彼より1学年下で後のライバルとなるレブロン・ジェームズ率いるセント・メアリー高校と対戦し勝利している(カーメロは36得点、レブロンは35得点をあげた)。この試合は全米でテレビ中継されるなどし、大きな注目を集めた。カーメロ・アンソニー フレッシュアイペディアより)

  • O.J.メイヨ

    O.J.メイヨから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    高校はハンティントン高校に進学。2006年、18歳になったメイヨは2年連続でオハイオ州のミスター・バスケットボールとAP通信選出のデビジョンIII年間最優秀選手を獲得。チームも2年連続で州チャンピオンに導いた。益々名声を高めていくメイヨは、同じく高校生でスター選手になったレブロン・ジェームスとしばしば比較されるようになり、レブロンの高校時代と同様に彼の試合にも多くの観客が詰め掛けるようになり、その中にはレブロンやカーメロ・アンソニーらNBAスター選手の姿もあった。2006年2月にはこれまでで最多となる観客を動員し、16500人の観客の前で、メイヨとチームは当時全米ランキング1位のオークヒルアカデミー高校を降している。O.J.メイヨ フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ボッシュ

    クリス・ボッシュから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    この年はレブロン・ジェームズ、カーメロ・アンソニー、ドウェイン・ウェイドなど将来のスター候補生が犇いていたが、ボッシュはトロント・ラプターズから全体4位指名を受けてNBA入りを果たした。クリス・ボッシュ フレッシュアイペディアより)

  • ジードルナス・イルガスカス

    ジードルナス・イルガスカスから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    キャバリアーズはレブロン・ジェームズの加入後にチーム成績が向上。一方で自身はドリュー・グッデンやアンダーソン・ヴァレジャオらの成長に伴い、出場時間は減少し、特にゲーム終盤ではベンチに控えることが多くなっていった。しかしベテランとしての役割を始め、チームにとっても欠かせない存在になっており、2005-06シーズンはルーキーイヤー以来となる8年ぶりのプレイオフ出場も果たした。翌2006-07シーズンには自身初のNBAファイナルに進出した。ジードルナス・イルガスカス フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・デュラント

    ケビン・デュラントから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2007年のNBAドラフトには多くのスター候補生がエントリーしたため、レブロン・ジェームズらが指名された2003年のNBAドラフト以来の豊作の年として期待された。前述の通り前年からドラフトエントリーに年齢制限が課せられたために2006年のNBAドラフトへのエントリーを見送った選手たちが、こぞってエントリー宣言をしたのである。デュラントと共に2006-07シーズンのカレッジバスケの話題を二分したもう一人の怪物一年生、グレッグ・オデンもエントリーを宣言し、またフロリダ大学をNCAAトーナメント二連覇に導いたアル・ホーフォード、ジョアキム・ノアらも候補生の名簿に名を連ねた。焦点は一位指名権を獲得したポートランド・トレイルブレイザーズがオデンとデュラントのどちらを指名するかであったが、大方の予想通りトレイルブレイザーズはオデンを指名し、デュラントは2位指名でシアトル・スーパーソニックスに入団することが決まった。ドラフト後には大手スポーツメーカーナイキと7年6000万ドルの巨額契約を結ぶが、この数字は新人としてはレブロン・ジェームズに次ぐ歴代2位の数字となった(アディダスからは7000万ドルの契約を持ちかけられていた)。ケビン・デュラント フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボール男子アメリカ合衆国代表

    バスケットボール男子アメリカ合衆国代表から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    そして、選ばれた米国代表は非常に若いチームになった。NBAでの優勝経験とMVP受賞歴を持つダンカンは28歳で、同じく数年前のMVPアレン・アイバーソンは29歳だった。代表のキャプテンを務めたこの二人がチームの最年長で、20代前半の選手も多く含まれていた。2003年にNBAで新人王になったアマーレ・スタウダマイアーは21歳、2005年に新人王になるエメカ・オカフォーも同じく21歳、そして2004年の新人王レブロン・ジェームズは19歳だった。代表選手の平均年齢は23.6歳だった。バスケットボール男子アメリカ合衆国代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2003-2004シーズンのNBA

    2003-2004シーズンのNBAから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    この年に行われたドラフトは21世紀に入って以来の最高のドラフトと言われている。クリーブランド・キャバリアーズから1位指名された高卒選手のレブロン・ジェームスをはじめ、カーメロ・アンソニー、クリス・ボッシュ、ドウェイン・ウェイド、デビッド・ウェスト、ジョシュ・ハワードら将来オールスターに出場するスター選手が続々とNBA入りを果たした。他にもクリス・ケイマン、カーク・ハインリック、T・J・フォード、ボリス・ディアウ、リアンドロ・バルボサ、カイル・コーバーらが指名を受けた。2003-2004シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 2005-2006シーズンのNBA

    2005-2006シーズンのNBAから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2006年のNBAオールスターゲームはヒューストンで開催され、122-120でイーストチームが勝利した。MVPには歴代最年少でレブロン・ジェームズが選ばれた。2005-2006シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示

「レブロン・ジェームズ」のニューストピックワード