91件中 11 - 20件表示
  • ブライス・ハーパー

    ブライス・ハーパーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    『スポーツ・イラストレイテッド』から、「野球界のレブロン・ジェームズ」と称される逸材である。ブライス・ハーパー フレッシュアイペディアより)

  • コービー・ブライアント

    コービー・ブライアントから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    ジャクソン退任後の新HCには、一昨年までクリーブランド・キャバリアーズを指揮していたマイク・ブラウンが就任した。トライアングルオフェンスからの脱却に伴いメンバーの改革を図ったレイカーズは、33歳になったコービーの負担を軽減するため一流ポイントガードの補強に着手した。そして、ガソル、オドムの絡んだ三角トレードでクリス・ポール獲得に動き、チーム間で合意に達したが、正式承認直前にNBAコミッショナーのデビッド・スターンが介入し、トレードを阻止するという異例の事態が起きた。これは昨シーズン、ドウェイン・ウェイド、レブロン・ジェームズ、クリス・ボッシュの各チームでエースだった3人がマイアミ・ヒートに集結して物議を醸し出したように、一部のチームにスター選手が集中してしまうリーグの事態を懸念してのものだった。結果的にトレードは中止となったものの、選手の知らない水面下で進んでいたトレード内容が公になったことで、トレードに絡んでいたことにショックを受けた昨シーズン6thマン賞のオドムが自身を放出するようチームに要求するなど、一転して補強の計画が全て狂ったレイカーズは、昨シーズンより戦力が低下した状態で開幕を迎える事となってしまった。コービー・ブライアント フレッシュアイペディアより)

  • コービー・ブライアント

    コービー・ブライアントから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    コービーはデビュー当時から、ことあるごとにマイケル・ジョーダンと比較される。同期のアレン・アイバーソン、後輩のレブロン・ジェームスなど、これまでに多くの選手が同じようにネクスト・ジョーダンといわれてきたが、コービーほど極端に比較され続けてきた選手は他にはいない。それは恐らく、ポジションとプレイスタイル、体格と身体能力、ともに闘争心旺盛で筋金入りの負けず嫌いであること、果てはフリースローの仕草など、類似点が非常に多いことが理由として挙げられる。コービー・ブライアント フレッシュアイペディアより)

  • サンアントニオ・スパーズ

    サンアントニオ・スパーズから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2006-2007シーズンは、ジノビリがシックスマンへと移向。スターター級のジノビリがベンチに控えることは相手チームにとっては脅威となり、「行き詰った試合の流れを変える」というシックスマンの仕事はうってつけであった。地味ではあるがファブリシオ・オベルト、マット・ボナーの加入も効果が現れ、7割以上の勝率でプレーオフに進出した。また、このシーズンで、10年間続けて50勝以上に相当する戦績(勝率61%以上)でプレーオフに進出している。1回戦のデンバー・ナゲッツとのシリーズ第6戦ではジノビリに替わりスターターとなったマイケル・フィンリーがスリーポイントシュート9本のうち8本を決めるなど活躍。ナゲッツ、サンズ、ジャズを次々と下し、ウェスタンカンファレンス優勝を勝ち取った。ファイナルでは、レブロン・ジェームズ率いるイースタンカンファレンス優勝のクリーブランド・キャバリアーズを、02年のロサンゼルス・レイカーズ以来の四戦全勝で退け、2年ぶりの王座に返り咲いた。ファイナルでは、レブロン・ジェームズに、強固なディフェンダーであるブルース・ボーエンをマッチアップし、フィールドゴール成功率を35%に抑え込む一方、オフェンスでは、トニー・パーカーが独擅場とも言える働き振りを見せ、平均24.5得点5リバウンド3.3アシスト、フィールドゴール成功率は57%を記録し、ファイナルMVPを受賞した。欧州出身選手としては初受賞となった。これでスパーズは出場した4回のNBAファイナルですべて優勝を成し遂げている。また、4-0、4-1、4-2、4-3と勝利のすべてのケースを経験しており、通算16勝6敗(勝率72.7%)のファイナルに強いチームである。サンアントニオ・スパーズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームス

    レブロン・ジェームスから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームス フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のバスケットボール

    2010年のバスケットボールから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    19日 - クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズが史上最年少(25歳79日)で通算15000得点達成。2010年のバスケットボール フレッシュアイペディアより)

  • ドニエル・マーシャル

    ドニエル・マーシャルから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    オフにフリーエージェントとなったマーシャルはクリーブランド・キャバリアーズと契約。キャブスは21歳のエースレブロン・ジェームスを中心に1998年以来のプレイオフ進出を狙っていた。マーシャルはシックスマンに転向し、ジェームスとドリュー・グッデンらの控えとしてプレイした。シューターとしては十分な活躍はできなかったが、貴重な控えスコアラーとしてチームに貢献。キャブスにとっては8シーズンぶり、マーシャルにとってはジャズ時代以来3度目となるプレイオフ進出を果たした。翌06-07シーズンはさらに成績が後退したが、プレイオフカンファレンスセミファイナル第6戦では6本のスリーポイントシュートを決め、チームをカンファレンスファイナルに導いた。キャブスはカンファレンスファイナルでデトロイト・ピストンズを破り、念願のファイナルに進出したが、サンアントニオ・スパーズに4戦全敗で敗れた。ドニエル・マーシャル フレッシュアイペディアより)

  • クリーブランド・キャバリアーズのチーム記録

    クリーブランド・キャバリアーズのチーム記録から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    20.9 レブロン・ジェームズ(1試合平均)クリーブランド・キャバリアーズのチーム記録 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・サイラス

    ポール・サイラスから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    ホーネッツ退団後のすぐ翌2003-04シーズンにはクリーブランド・キャバリアーズのヘッドコーチに就任。この年キャバリアーズはレブロン・ジェームスという新人スター候補を獲得しており、将来への躍進が期待された。キャバリアーズは期待通り低迷期から抜け出し、順調に成績を伸ばしていったが、プレーオフにはなかなか手が届かず、また選手とサイラスとの間で軋轢も生じ、キャバリアーズでのキャリアは僅か2シーズンで幕を閉じた。ポール・サイラス フレッシュアイペディアより)

  • ネクスト・ジョーダン

    ネクスト・ジョーダンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズ (2003?) ジョーダンとマジック・ジョンソンを掛け合わせたような選手と評されている。背番号はジョーダンと同じ『23』。ただし、マイアミ・ヒートに移籍してからは『6』。ネクスト・ジョーダン フレッシュアイペディアより)

91件中 11 - 20件表示

「レブロン・ジェームズ」のニューストピックワード