178件中 11 - 20件表示
  • カーメロ・アンソニー

    カーメロ・アンソニーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    高校はトーソン・カソリック高校に進学。2000年の夏には身長が5インチ(約13cm)伸びたことでバスケットボール選手として頭角を現し、2001年にはボルティモアの年間最優秀選手に選ばれている。カーメロはバスケット選手としてのキャリアをステップアップさせるため、全米随一のバスケット名門校として知られるヴァージニア州のオークヒル・アカデミー高校に転校。カーメロの名は全国区となり、マクドナルドオールアメリカンやUSAトゥデイオールアメリカン1stチーム、パレード誌オールアメリカン1stチームなどに選ばれ、スプライト・スラム・ジャム・ダンクコンテストでは優勝している。また同校在学中には彼より1学年下で後のライバルとなるレブロン・ジェームズ率いるセント・メアリー高校と対戦し勝利している(カーメロは36得点、レブロンは35得点をあげた)。この試合は全米でテレビ中継されるなどし、大きな注目を集めた。カーメロ・アンソニー フレッシュアイペディアより)

  • オールNBAチーム

    オールNBAチームから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    カリーム・アブドゥル・ジャバーとコービー・ブライアント、ティム・ダンカンが通算15回選ばれた記録を保持する。カール・マローン、シャキール・オニールが14回、レブロン・ジェームズが13回、ボブ・クージー、ジェリー・ウェスト、アキーム・オラジュワン、ダーク・ノビツキー、レブロン・ジェームズが12回で続く。ファーストチームに選ばれた回数は、カール・マローン、コービー・ブライアント、レブロン・ジェームズの11回が最高で、カリーム・アブドゥル・ジャバーとティム・ダンカン、ボブ・クージー、ジェリー・ウェスト、マイケル・ジョーダン、ボブ・ペティット、エルジン・ベイラーらが10回で続いている。オールNBAチーム フレッシュアイペディアより)

  • アロンゾ・ジー

    アロンゾ・ジーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    アラバマ大学で4年間プレーしたものの、2009年のNBAドラフトでは、どのチームからも指名を受けることは出来ず、ジーは同年のNBAサマーリーグでサンアントニオ・スパーズの一員として参加。 シーズン前のキャンプではミネソタ・ティンバーウルブズのキャンプに参加するも、開幕前に解雇され、11月のDリーグドラフトでオースティン・トロスから指名され、NBA入りを目指すことになり、翌年3月にワシントン・ウィザーズと10日間契約を結び、NBA入り。その後サンアントニオ・スパーズでもプレーするも、直ぐに解雇されるなどNBAに定着出来なかったジーだったが、2010年12月28日にクリーブランド・キャバリアーズと契約してから状況が一変。レブロン・ジェームズを失い弱体化していたキャバリアーズで直ぐにローテーションに加わり、スターターに定着。2012年9月10日には3年975万ドルの再契約を勝ち取り、2012-13シーズンは全試合にスタメン出場するなど、低迷に苦しむキャバリアーズを支えてきた。アロンゾ・ジー フレッシュアイペディアより)

  • アクロン (オハイオ州)

    アクロン (オハイオ州)から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    アクロンにおけるK-12課程はアクロン公立学区の管轄下にある公立学校によって主に支えられている。同学区は小学校30校、中学校9校、高校9校を有し、約22,000人の児童・生徒を抱えている。2013年には、グッドイヤーの旧社屋を利用した小中一貫(幼稚園・1-8年生)のチャーター・スクール、アクロン予備学校が開校した。このほか、アクロンにはレブロン・ジェームズの母校であるカトリック系のセント・ビンセント=セント・メアリーズ高校など、私立の学校もある。アクロン (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • 2005-2006シーズンのNBA

    2005-2006シーズンのNBAから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2006年のNBAオールスターゲームはヒューストンで開催され、122-120でイーストチームが勝利した。MVPには歴代最年少でレブロン・ジェームズが選ばれた。2005-2006シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ジョーンズ (バスケットボール)

    ジェームズ・ジョーンズ (バスケットボール)から見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    2014年7月、レブロン・ジェームスの後を追ってクリーブランド・キャバリアーズと1年契約を結んだ。ジェームズ・ジョーンズ (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • ヴィンス・カーター

    ヴィンス・カーターから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2007-2008シーズンは序盤から指と足に故障を抱えた状態でプレーをした事もあり、平均得点は前年よりもダウン。チーム不調の原因にもなった。しかし、故障を抱えた状態での成績としては一定の評価を得る。平均得点20点以上、平均アシスト5以上、平均リバウンド5以上の記録を残したのはカーターの他にコービー・ブライアント、レブロン・ジェームズ、トレイシー・マグレディの4人のみであった。チームはレブロン・ジェームズ獲得を視野に入れた改革に着手。チームの核であったキッド放出もあり、プレイオフ進出を逃す事となった。ヴィンス・カーター フレッシュアイペディアより)

  • ボリス・ディアウ

    ボリス・ディアウから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    、更にマッチアップしたクリス・ボッシュを平均11,3得点に抑え、レブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイドの "スリーキングス" を分断することに成功。ディアウが先発に入ったスパーズは3連勝を飾り、2014年6月15日、ヒート4勝1敗で下し、自身初のチャンピオンシップを獲得。最高のシーズンを締めくり、ディアウは "陰のMVP" と称された。ボリス・ディアウ フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボール男子アメリカ合衆国代表

    バスケットボール男子アメリカ合衆国代表から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    そして、選ばれたアメリカ代表は非常に若いチームになった。NBAでの優勝経験とMVP受賞歴を持つダンカンは28歳で、同じく数年前のMVPアレン・アイバーソンは29歳だった。代表のキャプテンを務めたこの二人がチームの最年長で、20代前半の選手も多く含まれていた。2003年にNBAで新人王になったアマーレ・スタウダマイアーは21歳、2005年に新人王になるエメカ・オカフォーも同じく21歳、そして2004年の新人王レブロン・ジェームズは19歳だった。代表選手の平均年齢は23.6歳だった。バスケットボール男子アメリカ合衆国代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2003-2004シーズンのNBA

    2003-2004シーズンのNBAから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    この年に行われたドラフトは21世紀に入って以来の最高のドラフトと言われている。クリーブランド・キャバリアーズから1位指名された高卒選手のレブロン・ジェームスをはじめ、カーメロ・アンソニー、クリス・ボッシュ、ドウェイン・ウェイドら将来NBAオールスターゲームに出場するスター選手が続々とNBA入りを果たした。他にもクリス・ケイマン、カーク・ハインリック、T・J・フォード、ルーク・リドナー、デビッド・ウェスト、ボリス・ディアウ、ケンドリック・パーキンス、リアンドロ・バルボサ、ジョシュ・ハワード、ジェイソン・カポノ、スティーブ・ブレイク、モーリス・ウィリアムス、カイル・コーバーらが指名を受けた。2003-2004シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

178件中 11 - 20件表示

「レブロン・ジェームズ」のニューストピックワード