91件中 21 - 30件表示
  • 2007年のNBAファイナル

    2007年のNBAファイナルから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    最初の2試合は接戦で、いずれの試合も76-79のスコアでクリーブランドが破れた。0勝2敗となってから脚光を浴びたのは、クリーブランドとレブロン・ジェームズであった。この後も激戦が繰り広げられることとなり、キャブスはホームでの2試合をそれぞれ、88対82、91対87で勝利した。第5試合はデトロイトに戻り、NBA史上でも有数の熱戦を繰り広げた。6分14秒を残しチームが79対78の1点リードの状況になってからは、レブロンが1人で得点を重ねるマシンと化した。最後の12点のうちの11点はレブロンが取り、第4クォーターが終わった時点では91対91の同点であった。1回目の延長戦では、レブロンはキャバリアーズの得点の全てとなる9点を1人で取り、1回目の延長は100対100と再び同点で終了した。2回目の延長戦でも、レブロンは再びチームの9得点全てを取り、最後の30点のうち驚異的な29点を挙げ、その中には25点連続得点が含まれている。これによって、クリーブランドは、この試合に109対107で勝利した。キャバリアーズはホームでの第6試合でピストンズを破り、東カンファレンス決勝を制して、チーム史上初めてNBAファイナルへの進出した。クリーブランドはカンファレンス決勝で0勝2敗から7戦制のシリーズを制したNBA史上3つ目のチームとなった。2007年のNBAファイナル フレッシュアイペディアより)

  • スウィングマン

    スウィングマンから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    ボールハンドリングを行い、ランオフェンスをするスウィングマン(ポイントガード、シューティングガード、スモールフォワードの役割をする選手)はポイントフォワードと呼ばれる。ピッペンはポイントフォワードと評価されている。現在ではレブロン・ジェームス、ラマー・オドム、ヘド・ターコルーなどがポイントフォワードとして認知されている。スウィングマン フレッシュアイペディアより)

  • ウィングスパン

    ウィングスパンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2011年5月現在、NBAのボストン・セルティックスに所属するプロバスケットボール選手。身長185センチメートルに対してウィングスパンは206センチメートル。手のひらが大きいことでも有名で、レブロン・ジェームズ(身長203センチメートル)よりも大きい。ウィングスパン フレッシュアイペディアより)

  • ポイントフォワード

    ポイントフォワードから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    現役(2009年)では、NBAで活躍するレブロン・ジェームズ(LeBron James)らが該当する。ポイントフォワード フレッシュアイペディアより)

  • ドリュー・グッデン

    ドリュー・グッデンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2004-05シーズンは先発出場に定着。既にチームのエースであったレブロン・ジェームズを支える形で活躍。プレイオフには届かなかったが、チームトップの平均9.2リバウンドを記録した。平均得点も前年を上回り、さらにはフリースロー成功率は.810の好成績を残した。ドリュー・グッデン フレッシュアイペディアより)

  • リッキー・デイビス

    リッキー・デイビスから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    01?02シーズン開幕前にヒートはクリーブランド・キャバリアーズとトロント・ラプターズを交えた三角トレードを実行し、デイビスをキャブスに放出する。ベンチ出場ながらローテーションに食い込み、キャリア初の全試合出場と、1試合平均2桁得点の成績を残す。02?03シーズンはチームのエースとしてプレーした。チームは下位に止まったが、デイビスは初の平均20点オーバーの成績を残した。しかし、翌シーズンのドラフトで、キャブスはレブロン・ジェームズを1位指名。レブロン中心のチーム作りのため、デイビスはボストン・セルティックスへトレードされる。リッキー・デイビス フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・ギブソン

    ダニエル・ギブソンから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームスにマークが集中し、フリーになり3ポイントシュートを連発というのが得意技。そのため、レブロンからも厚い信頼を得ている。規定数に達しなかったため目立たなかったが、実はルーキーシーズン怪我をするまでは3P成功率3位だった。2年目の2007-2008シーズンも、そのシュートタッチはさらに向上し、成功率4位という成績を残した。ダニエル・ギブソン フレッシュアイペディアより)

  • ブランドン・ジェニングス

    ブランドン・ジェニングスから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2009年のNBAドラフトにて1巡目全体10位で指名され、ミルウォーキー・バックスに入団。10月30日に行われたフィラデルフィア・セブンティシクサーズとのデビュー戦では17得点、9リバウンド、9アシストの成績をあげトリプルダブル達成に後一歩であった。11月14日のゴールデンステート・ウォリアーズ戦では第3Qだけで29得点、合計55得点をあげて1970年にルー・アルシンダーが作った新人の1試合得点チーム記録を更新した。。またこれはNBA全体でもアール・モンローが1968年に作った記録以来となる高得点であり、55得点をあげた最も若い選手、21歳未満の選手としてはレブロン・ジェームズが2005年にあげた56得点に次ぐ歴代2位、チームの1試合得点記録でもマイケル・レッドが2006年にあげた57得点に次ぐ歴代2位であった。ブランドン・ジェニングス フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・ヒューズ

    ラリー・ヒューズから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    ウィザーズでは年々成績を伸ばしていく。特に04?05シーズンはギルバート・アリナス、アントワン・ジェイミソンらと共にウィザーズをプレーオフに導いた。同シーズン、ヒューズはリーグのスティール王を受賞した。シーズン終了後、再びフリーエージェントとなったヒューズに各チームがオファーを出す中、キャバリアーズが好条件を出したため、移籍を決める。契約金もよかったこともあったが、リーグを代表する若手スター、レブロン・ジェームズとプレーできるというのも大きな要因になったとされる。ラリー・ヒューズ フレッシュアイペディアより)

  • カイル・コーバー

    カイル・コーバーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    クレイトン大学卒業後NBAドラフトにアーリーエントリーをする。しかし、03年のドラフトはレブロン・ジェームズ、カーメロ・アンソニー、ドウェイン・ウェイドら、ルーキー時から活躍するプレイヤーが大量にエントリーした近年最高の豊作年で、コーバーは全体の51位指名(下から8番目の指名)をニュージャージー・ネッツから受けたが直後にカットされ、シクサーズに入団した。カイル・コーバー フレッシュアイペディアより)

91件中 21 - 30件表示

「レブロン・ジェームズ」のニューストピックワード