178件中 21 - 30件表示
  • ブライス・ハーパー

    ブライス・ハーパーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    『スポーツ・イラストレイテッド』から、「野球界のレブロン・ジェームズ」と称される逸材である。ブライス・ハーパー フレッシュアイペディアより)

  • マイアミ・ヒート

    マイアミ・ヒートから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2009-2010シーズン後、FAとなっていたクリス・ボッシュがチームに加入。ほどなくレブロン・ジェームズもチームに加入することを発表。2003年ドラフトの同期であり、現役の各ポジションの第一人者であるウェイド、ジェームズ、ボッシュというNBA史上に残るスーパースタートリオがヒートに集結した。それと同時に、チームへの忠誠心を忘れて手段を選ばずスーパースターをかき集めたチームの手法は全米から厳しい非難を浴びている。スリーキングス誕生後、初となった2010-2011シーズンはレギュラーシーズンは好不調の波はあったがカンファレンス2位の好成績を獲得。プレーオフでは実力伯仲といわれたボストン・セルティックス、シカゴ・ブルズを撃破し、チーム史上2度目のNBAファイナルへの進出を果たした。しかし、迎えたファイナルではダーク・ノヴィツキー率いるダラス・マーベリックスに2勝4敗と敗れ2度目のNBAチャンピオンには到達しなかった。期待されたスリーキングスは、レブロンを始めとして精彩を欠いた場面も多く、批判を浴びた。マイアミ・ヒート フレッシュアイペディアより)

  • ティム・ダンカン

    ティム・ダンカンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    プロ10年目、30歳となる2006-07シーズンを迎えたダンカンは、成績を平均20.0得点10.6リバウンドに回復させ、オールNBA1stチームにも復帰。チームは58勝24敗を記録してプレーオフも順調に勝ち進んだ。このシーズンはレギュラーシーズンで断トツの勝率を残したダラス・マーベリックスが優勝候補だったが、マーベリックスが1回戦で敗退してしまったことで、カンファレンス準決勝でのフェニックス・サンズとスパーズのシリーズが事実上の優勝決定戦となった。サンズとのシリーズは乱闘騒ぎも発生するなど荒れた内容となったが、サンズを得意な相手としているスパーズは4勝2敗でサンズを降すと、カンファレンス決勝ではユタ・ジャズを破り、ファイナルに進出。クリーブランド・キャバリアーズとのシリーズでは、キャバリアーズの若きエース、レブロン・ジェームズにエースキラーのブルース・ボウエンがマッチアップするが、そのボウエンの後ろにダンカンが控えているとあっては、さしものレブロンも手も足も出なかった。チーム間の実力に明らかな差があるシリーズとなったファイナルは、スパーズが4戦全勝でキャバリアーズを一蹴。4度目の優勝を飾ったが、先の3回の優勝と違う点はファイナルMVPを受賞したのがダンカンではなく、トニー・パーカーであったことである。ダンカンもシリーズ平均18.3得点11.5リバウンドと活躍したが、それ以上に平均24.5得点をあげたパーカーの活躍が目覚しかった。しかし優勝のためにダンカンの貢献が不可欠であった点は変わることなく、ポポヴィッチはダンカンを「公分母」とたとえ、「99年、03年、05年と彼の周りには異なるメンバーがいた。ダンカンは彼らを皆受け入れた。ダンカンとのプレイはとても容易で、彼はとても基本的であるため、皆彼に適合し易かったんだ」と語った。またファイナルを観戦したデビッド・スターンNBAコミッショナーは「彼は同世代で最も優れた選手だ」と認めた。ティム・ダンカン フレッシュアイペディアより)

  • デショーン・スティーブンソン

    デショーン・スティーブンソンから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    ウィザーズでの1年目となった06-07シーズンも11.2得点と成績を維持し、オフには4年1500万ドルの契約を結ぶことに成功した。07-08シーズンのプレーオフではリーグ屈指のスーパースター、レブロン・ジェームスに対するスティーブンソンの挑発行為が話題となった。プレーオフ1回戦でレブロンのクリーブランド・キャバリアーズと対戦するスティーブンソンは、レブロンを「過大評価」と言い放つと、レブロンは「まるでジェイ・Zがソウルジャ・ボーイ(いずれも人気ラッパーで、レブロンはジェイ・Zと交友がある)のような若造のほざきに付き合っているようなものだ」とコメント(ちなみにスティーブンソンの方がレブロンよりも年長である)。シリーズはウィザーズが2連敗を喫するが、試合中もスティーブンソンは相手を挑発するような仕草を繰り返し、そしてワシントンD.C.で行われた第3戦は、レブロンに引き合いに出されたソウルジャ・ボーイをコートサイドの席に座らせた上で、キャバリアーズを破ってみせた。そこでジェイ・Zは自身の曲「Blow the Whistle」でスティーブンソンをバカにした。シリーズは結局ウィザーズの敗退で終わった。デショーン・スティーブンソン フレッシュアイペディアより)

  • O・J・メイヨ

    O・J・メイヨから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    高校はハンティントン高校に進学。2006年、18歳になったメイヨは2年連続でオハイオ州のミスター・バスケットボールとAP通信選出のデビジョンIII年間最優秀選手を獲得。チームも2年連続で州チャンピオンに導いた。益々名声を高めていくメイヨは、同じく高校生でスター選手になったレブロン・ジェームスとしばしば比較されるようになり、レブロンの高校時代と同様に彼の試合にも多くの観客が詰め掛けるようになり、その中にはレブロンやカーメロ・アンソニーらNBAスター選手の姿もあった。2006年2月にはこれまでで最多となる観客を動員し、16500人の観客の前で、メイヨとチームは当時全米ランキング1位のオークヒルアカデミー高校を降している。O・J・メイヨ フレッシュアイペディアより)

  • ジードルーナス・イルガウスカス

    ジードルーナス・イルガウスカスから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    キャバリアーズはレブロン・ジェームズの加入後にチーム成績が向上。一方で自身はドリュー・グッデンやアンダーソン・ヴァレジャオらの成長に伴い、出場時間は減少し、特にゲーム終盤ではベンチに控えることが多くなっていった。しかしベテランとしての役割を始め、チームにとっても欠かせない存在になっており、2005-06シーズンはルーキーイヤー以来となる8年ぶりのプレイオフ出場も果たした。翌2006-07シーズンには自身初のNBAファイナルに進出した。ジードルーナス・イルガウスカス フレッシュアイペディアより)

  • クリーブランド・キャバリアーズ

    クリーブランド・キャバリアーズから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    しかしキャブスはこの成績によりドラフト1位指名権を獲得、レブロン・ジェームズを指名した。ジェームズはルーキーシーズンから好成績を残し、新人王を受賞した。2004-05シーズンには一時期プレーオフ争いの東カンファレンス5位につけていたが終盤チームは失速。8位争いをしていたニュージャージー・ネッツと勝利数で並んだが、惜しくもプレーオフ進出を逃した。クリーブランド・キャバリアーズ フレッシュアイペディアより)

  • ルオル・デン

    ルオル・デンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    16歳でアメリカ合衆国ニュージャージー州に引っ越し、ブレアアカデミーでバスケットボールをプレイした。チームメイトには2005年のNBAドラフトでトロント・ラプターズから指名されたチャーリー・ビラヌエバがいた。アメリカでも徐々に頭角を現すようになると、レブロン・ジェームズの次に優秀な選手であるとの声も聞かれるようになった。全米から優秀な高校生が結集するマクドナルドオールアメリカにも選出された。卒業後は名門デューク大学に進学。名将マイク・シャシェフスキー監督のもとで2004年にはNCAAトーナメントのファイナル4に進出している。ルオル・デン フレッシュアイペディアより)

  • レイ・アレン

    レイ・アレンから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    2012-13シーズンファイナル第6戦・対サンアントニオ・スパーズ戦において、第4クォーター残り5秒、92対95で3点ビハインド、スパーズの優勝目前というシーン。レブロン・ジェームスが放った3ポイントシュートが外れ、クリス・ボッシュがオフェンス・リバウンドをもぎとる。同時にリバウンドに入っていたアレンがすかさずバックステップしながらボッシュからのパスをもらい、コーナーから起死回生の3ポイントシュートを決める。95対95のタイスコアになり、オーバータイムに突入。その後オーバータイム残り1.9秒、101対100の1点リードでマヌ・ジノビリのドライブを止め、ルーズボールをキープし、ティム・ダンカンからファウルをもらう。このファウルからボーナススローとなり、アレンは2本とも決め、最終スコア103対100で勝利し優勝への望みを繋いだ。レイ・アレン フレッシュアイペディアより)

  • ロンダ・ラウジー

    ロンダ・ラウジーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    初期の頃はヒールとして、ブーイングを浴びる事が多く、本人は「私はいつだってヒールになりたかった」「スポーツ界においてはスポーツマンシップに反する瞬間こそが最も印象的な場面になる」などと語っていた。しかしエキサイティングかつ圧倒的な内容で試合に勝ち続けたことで注目を集め、本人の個性も受けて人気がブレイク。格闘技の枠組みを超え、NBAのレブロン・ジェームズ、コービー・ブライアント、シャキール・オニール、レジー・ミラー、NFLのアーロン・ロジャース、ラリー・フィッツジェラルド、レジー・ブッシュ、女子サッカーのアレックス・モーガン、ホープ・ソロ、女子テニスのキャロライン・ウォズニアッキ、女子スキーのリンゼイ・ボン、俳優のシルヴェスター・スタローン、ラッパーのリル・ウェイン、歌手のデミ・ロヴァート、ナイル・ホーラン、ニック・ジョナス、俳優のクリス・プラット、ドウェイン・ジョンソン、マーク・ウォールバーグ、有名司会者のラリー・キング、キッスのポール・スタンレーなど多方面から応援・賞賛を受ける存在となっている。ロンダ・ラウジー フレッシュアイペディアより)

178件中 21 - 30件表示