91件中 31 - 40件表示
  • ビッグスリー

    ビッグスリーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    NBAマイアミ・ヒートのビッグスリー(2010-11シーズンの中心選手) - レブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュビッグスリー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ウォール

    ジョン・ウォールから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    ケンタッキー大学で1年プレーした後、2010年のNBAドラフトにアーリーエントリー、全体1位でワシントン・ウィザーズに指名されて入団した。この年夏にラスベガスで行われたサマーリーグで、平均23.5得点、7.8リバウンド、4.0アシスト、2.5スティールをあげた。デビュー戦となったオーランド・マジック戦では14得点、9アシスト、3スティールをあげたがチームは83-112で敗れた。キャリア3試合目、ホームでの最初の試合でチーム記録タイの9スティールをあげた。またNBA史上2人目となるデビューから3試合連続で9アシスト以上をあげた選手となった。11月10日の試合では19得点、10リバウンド、13アシストをあげて初のトリプルダブルを達成した。この試合ではさらに6スティールをあげてターンオーバーはわずか1回であった。またマジック・ジョンソン以来NBA史上2人目となるデビューから6試合でトリプルダブル、6スティールを達成した選手となった。またNBAでトリプルダブルを達成した選手ではレブロン・ジェームズ、ラマー・オドムに次ぐ3番目の若さであった。2011年のオールスターウィークエンドに行われたルーキーチャレンジではMVPに選ばれた。1月から4月までイースタン・カンファレンスの最優秀新人選手に選ばれ、ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票ではブレイク・グリフィンに次いで2位となり、NBAオールルーキーファーストチームに選ばれた。ジョン・ウォール フレッシュアイペディアより)

  • チャーリー・ビラヌエバ

    チャーリー・ビラヌエバから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    ビラヌエバはレブロン・ジェームズと同じ学年で、レブロンと同じく高卒でのNBA入りを目指していた。高校時代からその存在は注目されていた逸材ではあったが、精神面の未熟さを指摘されていた。チャーリー・ビラヌエバ フレッシュアイペディアより)

  • リッキー・ルビオ

    リッキー・ルビオから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズと同じく、バスケットボールに関することは右手で行い、食事や文字を書くのは左手で行う。リッキー・ルビオ フレッシュアイペディアより)

  • モーリス・ウィリアムズ

    モーリス・ウィリアムズから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    ウィリアムズのキャバリアーズ移籍は的確な補強と評価されたが、中堅選手の一人に過ぎないウィリアムズの加入がキャバリアーズを劇的に変化させるとは思われなかった。しかし2008-09シーズンが始まるとキャバリアーズの快進撃が始まり、終わってみればフランチャイズ史上最高の66勝をあげていた。MVPを獲得したレブロン・ジェームスと共に、彼と抜群の相性を見せ、3Pシュート成功率43.6%と高い数字を記録したウィリアムズの活躍も高く評価された。1月27日のキングス戦でキャリアハイとなる43得点をあげ、オールスターには怪我をしたクリス・ボッシュの交代要員として初出場を果たしている。チームも自身も最高のシーズンを送っていたが、優勝候補として臨んだプレーオフではカンファレンス決勝でオーランド・マジックの前に敗れた。モーリス・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

  • リラプス: リフィル (エミネムのアルバム)

    リラプス: リフィル (エミネムのアルバム)から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    フォーエヴァー feat. ドレイク、カニエ・ウェスト&リル・ウェインはNBAスターのレブロン・ジェームズのドキュメンタリー映画サントラ曲。リラプス: リフィル (エミネムのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ベン・ゴードン

    ベン・ゴードンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    ルーキーイヤーとなる2004-05シーズンは、82試合全てに出場し平均15.1得点、2.6リバウンド、1.9アシストと上々の成績を残し、新人選手としては初めてシックスマン賞(もっとも優秀なベンチプレーヤー)を受賞。さらにオールルーキー1stチームにも選出された。特に第4クオーターにおける2桁得点の試合数ではレブロン・ジェームズに次ぎ第2位(21試合)であり、新人らしからぬ驚異的な勝負強さを披露した。その一方で、ターンオーバーが多く、またスタミナ不足の問題もあった。ベン・ゴードン フレッシュアイペディアより)

  • タイソン・チャンドラー

    タイソン・チャンドラーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    ファイナル出場から4シーズン、プレーオフでは不調が続いていたマブスは1回戦でポートランド・トレイルブレイザーズを4勝2敗で破り、カンファレンスセミファイナルで3連覇を狙うロサンゼルス・レイカーズを4勝0敗とスイープで下した。勢いは止まらずカンファレンスファイナルでは4勝1敗でオクラホマシティ・サンダーを破ってマブスは5年ぶり2度目のファイナルに出場した。ファイナルの相手は奇しくも5年前と同じマイアミ・ヒートだった。ヒートはレブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュのビッグ3を擁し、優勝候補筆頭とも言われていた。マブスは初めのアウェー2試合を1勝1敗とし、ホームに戻るも3戦目に敗れ1勝2敗となった。しかし残りホーム2試合を連勝し、3勝2敗で再びマイアミに乗り込んだ6戦目105-95で勝利し、マブスは悲願の初優勝、チャンドラーも初のチャンピオンリングを手に入れた。タイソン・チャンドラー フレッシュアイペディアより)

  • 田中達之

    田中達之から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    CM: ナイキ - LEBRON JAMES IN CHAMBER OF FEAR 「誘惑の恐怖 」(2004年) 監督・キャラクターデザイン・美術設定・絵コンテ・作画監督・原画田中達之 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ブーザー

    カルロス・ブーザーから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    卒業後2002年のNBAドラフトで彼は、2巡目全体35番目で指名を受け、クリーブランド・キャバリアーズに入団する。ドラフト下位指名者ながらルーキーシーズンは10得点7.5リバウンドのアベレージを残し、オールルーキーセカンドチームに選出されるなど、期待以上の働きを見せた。2年目のシーズンはさらに活躍をみせる。ゲーム平均で15.5ポイント、11.4リバウンドを記録し、トータルリバウンドはNBAで5位の成績だった。ブーザーの予想以上の成長ぶりに加え、チームは2003年のNBAドラフトでレブロン・ジェームスを獲得しており、キャバリアーズはこの2人を中心としたチームとなるはずだった。しかしチーム側がブーザーとの3年目の契約を破棄し、新たに高額契約を結ぼうとしたが、ブーザーはキャバリアーズとは再契約せず、より高額なサラリーを提示したユタ・ジャズと契約した。カルロス・ブーザー フレッシュアイペディアより)

91件中 31 - 40件表示