178件中 31 - 40件表示
  • クリス・ボッシュ

    クリス・ボッシュから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    この年はレブロン・ジェームズ、カーメロ・アンソニー、ドウェイン・ウェイドなど将来のスター候補生が犇いていたが、ボッシュはトロント・ラプターズから全体4位指名を受けてNBA入りを果たした。クリス・ボッシュ フレッシュアイペディアより)

  • トニー・パーカー

    トニー・パーカーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2005-2006シーズンのNBAパーカーは苦手だったロングレンジからのシュートを封印し、得意のペネトレイトからの得点により磨きをかけたことにより、フィールドゴール成功率が急上昇し、PGとしては異例の54.8%を記録。故障を抱え不調だったダンカンに代わりチームのリーディングスコアラーとして活躍し、平均18.9得点の成績を残し、初めてオールスターゲームに選出された。スパーズはチーム記録となる63勝19敗の成績を残したが、プレイオフではカンファレンスセミファイナルで宿敵ダラス・マーベリックスに敗れた。06-07シーズンにはダンカンが復調し、スパーズは順調に勝ち続け、プレイオフでも対戦相手を次々と退けてファイナルに進出。レブロン・ジェームズ率いるクリーブランド・キャバリアーズと対戦した。このシリーズでパーカーは独擅場とも言える働き振りを見せ、平均24.5得点5リバウンド3.3アシスト、フィールドゴール成功率は57%を記録し、キャバリアーズを4戦全勝のスイープで打ち破った。パーカーはファイナル制覇3回目にして初のファイナルMVPを獲得、7月に控えた婚約者との挙式に華を添えた。トニー・パーカー フレッシュアイペディアより)

  • ラッセル・ウェストブルック

    ラッセル・ウェストブルックから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2011-2012シーズン、NBAはロックアウトで短縮されたシーズンとなるも、ウェストブルックは前年と変わらずハイレベルなアベレージ(一試合平均23.6得点、4.6リバウンド、5.5アシスト、1.7スティール)を記録し、2年連続でオールNBAセカンドチームに選出された。一躍強豪の仲間入りを果たしていたサンダーは、プレーオフを勝ち上がると、カンファレンス・ファイナルでサンアントニオ・スパーズと対戦。最初の2戦を落とし、サンダーの不利に思われたが、レギュラーシーズン含め20連勝中だったスパーズを、なんとここから4連勝で下し、一気にNBAファイナルへと進出を決めた。フランチャイズをオクラホマシティに移転して以来初のファイナルとなり、相棒のケビン・デュラント対マイアミ・ヒートのレブロン・ジェームズという新世代のスター対決は大きな注目を集めた。サンダーは第一戦を105対94で勝利し、ウェストブルックも27得点11アシストで勝利に貢献。ファイナルデビュー戦で25得点10アシスト以上を記録したのは、マイケル・ジョーダンとウェストブルックのみである。ラッセル・ウェストブルック フレッシュアイペディアより)

  • ステフィン・カリー

    ステフィン・カリーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2月26日のオーランド・マジック戦ではカイル・コーバーが保持していた127試合連続3ポイントシュート成功のNBA記録を更新。2月27日に行われたオクラホマシティ・サンダー戦では試合は終始サンダーにリードを奪われる接戦を演じていたが、カリーはこの試合で16本中12本の3ポイントシュートを沈め、延長の末同点で迎えた試合時間残り2秒、最後にカリーがロングスリー放ち魔法のようにリングに吸い込まれ、劇的な勝利を飾った。この試合を見ていたドウェイン・ウェイドやレブロン・ジェームズ数々のNBA選手、レジェンド選手からTwitterで賞賛の言葉が送られた。この試合でコービー・ブライアントとドニエル・マーシャルが持つ1試合12本の3ポイントシュート成功の記録に並ぶと同時に、昨年自身が樹立したシーズンでの3ポイントシュート成功記録を更新した。3月7日のオーランド・マジック戦で7本の3ポイントシュートを決め、NBA史上初のシーズン3ポイントシュート成功数300本に到達。4月13日に行われたレギュラーシーズン最終戦となるメンフィス・グリズリーズ戦では10本の3ポイントシュートを沈め、自身が昨シーズンに記録した286本のを100本以上も上回る、402本の3ポイントシュートを記録するという偉業を成し遂げた。チームもこの試合で、95-96シーズンにブルズが樹立した72勝10敗の記録を塗り替え、73勝9敗を記録してシーズンの幕を閉じた。ステフィン・カリー フレッシュアイペディアより)

  • ケンドリック・ラマー

    ケンドリック・ラマーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    このリリースについては、NBAスターのレブロン・ジェームズが、ラマーのTop Dawg Entertainmentの創始者Anthony Tiffithに対して、「すぐに未発表の音源をリリースするべき! どう?」とツイートし、「ちょっと考えさせてくれ」との返答をもらっており、レブロン・ジェームズのこのツイートがリリースのきっかけとなった。ケンドリック・ラマー フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    腹筋を一日約300回行っている。体脂肪率は10%未満。垂直跳びは79cmとNBA選手の平均を上回る。2013年2月13日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦でのヘディングは最高到達点がほぼ3メートルに達した。スポーツ・イラストレイテッドが2014年に行った身体能力適合ランク(各選手が活躍しているそれぞれの競技において、どれだけ身体能力が適合しているかを採点)において、バスケットボール選手のレブロン・ジェームズに次ぐ2位に選ばれた。食生活もストイックに管理して体づくりをし、高いプロ意識で身体をケアしているため怪我にも強い。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • カワイ・レナード

    カワイ・レナードから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    プレーオフでは更に成績を伸ばし、初のNBAファイナル出場し、14.6得点、11.1リバウンドを記録し、大舞台での勝負強さを見せたが、レブロン・ジェームズとのマッチアップでは未だ力及ばず、チームも3勝4敗で敗退した。カワイ・レナード フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームス

    レブロン・ジェームスから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームス フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボールギリシャ代表

    バスケットボールギリシャ代表から見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    2006年の世界選手権では、NBAに所属している選手がいない中、ドウェイン・ウェイド、レブロン・ジェームス、カーメロ・アンソニーなどを擁したアメリカ代表を準決勝で破り、準優勝した。バスケットボールギリシャ代表 フレッシュアイペディアより)

  • リラプス: リフィル (エミネムのアルバム)

    リラプス: リフィル (エミネムのアルバム)から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    フォーエヴァー feat. ドレイク、カニエ・ウェスト&リル・ウェインはNBAスターのレブロン・ジェームズのドキュメンタリー映画サントラ曲。リラプス: リフィル (エミネムのアルバム) フレッシュアイペディアより)

178件中 31 - 40件表示