178件中 41 - 50件表示
  • 2010年のバスケットボール

    2010年のバスケットボールから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    19日 - クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズが史上最年少(25歳79日)で通算15000得点達成。2010年のバスケットボール フレッシュアイペディアより)

  • メーガン・ハーディン

    メーガン・ハーディンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2014年8月、アイス・バケツ・チャレンジを行った。その動画はCBSデトロイトによって、マイケル・ジョーダン、デレック・ジーター、レブロン・ジェームズに次いで4位に評価された。メーガン・ハーディン フレッシュアイペディアより)

  • スモールフォワード

    スモールフォワードから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    NBAでは、2000年以降では、総合的には、レブロン・ジェームズ、ポール・ジョージ、得点能力の点では、ケビン・デュラント、カーメロ・アンソニー、ディフェンス能力重視では、ビッグマンが獲得することが多いNBA最優秀守備選手賞を獲得しているカワイ・レナード、メッタ・ワールド・ピースなどがあげられる。過去の代表的なスモールフォワードでは、ジョン・ハブリチェック、ジュリアス・アービング、ジョージ・ガービン、ラリー・バード、リック・バリー、スコッティ・ピッペン、ジェームズ・ウォージーらを筆頭に数多くの名選手が名を連ねる。スモールフォワード フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム (スポーツ)

    スター・システム (スポーツ)から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2010年、NBAのプレーオフでも人気チームであるコービー・ブライアントを擁するロサンゼルス・レイカーズ、レブロン・ジェームズを擁するクリーブランド・キャバリアーズが視聴率の高い週末や月曜日(アメリカではマンデーナイトフットボールが行われるように月曜夜にスポーツ観戦する習慣がある。)に試合が開催された。スター・システム (スポーツ) フレッシュアイペディアより)

  • NBA 2K14

    NBA 2K14から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    NBAの許諾を得て、リアルなバスケットボールがプレイできるNBA 2Kシリーズの2014年版。パッケージのイメージキャラクターはレブロン・ジェームズNBA 2K14 フレッシュアイペディアより)

  • クライド・ドレクスラー

    クライド・ドレクスラーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    翌年、ドレクスラーは1997-98年のシーズンを最後に引退すると表明、引退後は彼の母校ヒューストン大学でヘッドコーチに就任すると発表。その年ドレクスラーはチームで最も高い平均得点を稼ぎ出し、オスカー・ロバートソン、ジョン・ハブリチェック、コービー・ブライアント、レブロン・ジェームズの4人しか達成していない20,000得点、6,000リバウンド、6,000アシストを達成、彼の偉大なNBAキャリアを締めくくった。クライド・ドレクスラー フレッシュアイペディアより)

  • ジャレッド・ジェフリーズ

    ジャレッド・ジェフリーズから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    全てのポジションをこなせるオールラウンダー。211cmという長身であることから、スモールフォワード、パワーフォワード、センターなどで起用されることが多いが、元々はガードとしてプレイしていた為、ボールハンドリングにも優れる。ガードとして起用される時は、容易に身長差によるミスマッチを誘発させることが出来る。ディフェンス力があり、2006年にウィザーズがプレイオフでクリーブランド・キャバリアーズと対戦した時は、相手のエース、レブロン・ジェームスを封じ込めるために投入され、上背を生かした守備でレブロンを苦しめた。ジャレッド・ジェフリーズ フレッシュアイペディアより)

  • リッキー・デイビス

    リッキー・デイビスから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    01-02シーズン開幕前にヒートはクリーブランド・キャバリアーズとトロント・ラプターズを交えた三角トレードを実行し、デイビスをキャブスに放出する。ベンチ出場ながらローテーションに食い込み、キャリア初の全試合出場と、1試合平均2桁得点の成績を残す。02-03シーズンはチームのエースとしてプレーした。チームは下位に止まったが、デイビスは初の平均20点オーバーの成績を残した。しかし、翌シーズンのドラフトで、キャブスはレブロン・ジェームズを1位指名。レブロン中心のチーム作りのため、デイビスはボストン・セルティックスへ放出された。リッキー・デイビス フレッシュアイペディアより)

  • エディー・ハウス

    エディー・ハウスから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2010年、2月18日、トレードにより、ニューヨーク・ニックスへ移籍して短い期間プレーしたのち、シーズン終了後に再びマイアミ・ヒートに所属することとなり、レブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュのビッグスリーの下でプレーし、2010-11シーズンは再びNBAファイナルに出場したが、ダラス・マーベリックスに2勝4敗で敗れた。翌2011-12シーズン開幕前にヒートから解雇され、その後はハウスと契約するチームも現れず、引退となった。エディー・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • ドニエル・マーシャル

    ドニエル・マーシャルから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    オフにフリーエージェントとなったマーシャルはクリーブランド・キャバリアーズと契約。キャブスは21歳のエースレブロン・ジェームスを中心に1998年以来のプレイオフ進出を狙っていた。マーシャルはシックスマンに転向し、ジェームスとドリュー・グッデンらの控えとしてプレイした。シューターとしては十分な活躍はできなかったが、貴重な控えスコアラーとしてチームに貢献。キャブスにとっては8シーズンぶり、マーシャルにとってはジャズ時代以来3度目となるプレイオフ進出を果たした。翌06-07シーズンはさらに成績が後退したが、プレイオフカンファレンスセミファイナル第6戦では6本のスリーポイントシュートを決め、チームをカンファレンスファイナルに導いた。キャブスはカンファレンスファイナルでデトロイト・ピストンズを破り、念願のファイナルに進出したが、サンアントニオ・スパーズに4戦全敗で敗れた。ドニエル・マーシャル フレッシュアイペディアより)

178件中 41 - 50件表示