91件中 41 - 50件表示
  • ドワイト・ハワード

    ドワイト・ハワードから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    08-09シーズンは20.6得点13.8リバウンド2.9ブロックを記録でリバウンド王とブロック王の二冠を達成、NBA最優秀守備選手賞も受賞し、リーグトップセンターの座を不動のものとした。シーズン中には30得点19リバウンド10ブロックを記録してキャリア初のトリプル・ダブルも達成、オールスターファン投票では史上最多得票となる315万181票を獲得している。チームは59勝をあげると、プレーオフではフィラデルフィア・76ers、前年優勝チームのボストン・セルティックスを破ってカンファレンス決勝に進出し、レブロン・ジェームス率いるクリーブランド・キャバリアーズと対戦する。インサイドで暴れ回るハワードに手を焼いたキャバリアーズはファウルゲームを仕掛けたが、ハワードは重要な場面で苦手のフリースローをきっちりと決め、キャバリアーズの作戦を一蹴した。マジックは優勝候補だったキャバリアーズを4勝2敗で破り、ついにNBAファイナル進出を果たした。マジックの初優勝に期待が掛かったが、ハワードはロサンゼルス・レイカーズの厳しいディフェンスの前に持ち前の破壊力を発揮できず、またカンファレンス決勝では決めることができたフリースローを、重要な場面で尽く外してしまい、マジックは1勝4敗で完敗した。ドワイト・ハワード フレッシュアイペディアより)

  • クワミ・ブラウン

    クワミ・ブラウンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    グリン・アカデミー高を卒業後、フロリダ大学に進学する予定だったが取り止め、2001年のNBAドラフトで全体の1位指名をワシントン・ウィザーズから受けNBA入りした。NBA史上で初めて高校卒業でのドラフト1位指名(後の高卒1位指名にはレブロン・ジェームズ、ドワイト・ハワードのみ)となった。更に、当時ウィザーズの選手編成担当のマイケル・ジョーダンに指名されたこともあった。クワミ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • ジェラルド・グリーン

    ジェラルド・グリーンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    11-12シーズン3月には、ブレイク・グリフィンやレブロン・ジェームズらを抑え年間ベストダンクに選ばれた、驚異的な跳躍力を駆使したアリウープを披露。ジェラルド・グリーン フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・オデン

    グレッグ・オデンから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    高校はローレンスノース高校に進学。オデンとコンリー・Jr擁するローレンスノース高校はインディアナ州を代表する強豪校となり、2004年から3年連続で同州のタイトルを獲得、彼らが在学中の4年間の戦績は103勝7敗で2006年にはインディアナ州のチームとしては初めてUSAトゥデイ紙のランキング1位にランクされた。オデン個人は最終学年には22.1得点10.5リバウンド3.5ブロックのアベレージを残し、ネイスミス賞を獲得、マクドナルドアメリカンチームに選出され、ゲータレード選出の年間最優秀選手には2年連続で選ばれた。同賞を2年連続で獲得したのはオデンとレブロン・ジェームスだけであった。全国区となったオデンの名前はNBAのスカウトらの目にもとまり、彼が高校を卒業する2006年のNBAドラフトの目玉となるはずだったが、この年より高校生によるアーリーエントリーが不可能となったため、オデンはコンリー・Jrとともにオハイオ州立大学に進学した。グレッグ・オデン フレッシュアイペディアより)

  • リック・バリー

    リック・バリーから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    50得点以上達成最年少記録:57点 (対ニューヨーク・ニックス戦, 1965年12月14日) 2005年にレブロン・ジェームスによって更新される。リック・バリー フレッシュアイペディアより)

  • 1984年のスポーツ

    1984年のスポーツから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    12月30日 - レブロン・ジェームズ(アメリカ、バスケットボール)1984年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • バイロン・スコット

    バイロン・スコットから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2010年、クリーブランド・キャバリアーズのヘッドコーチに就任。スーパースターであるレブロン・ジェームズが抜けたチームの再建を託された。バイロン・スコット フレッシュアイペディアより)

  • クリーブランド (オハイオ州)

    クリーブランド (オハイオ州)から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    NBAのクリーブランド・キャバリアーズは1970年に創設された。創設当初は弱く、勝率4割にすら届かないようなシーズンが続いた。1976年にはカンファレンス決勝に進出したものの敗退、その後しばらくはまた低迷した。1980年代中盤から1990年代にかけては、マイケル・ジョーダン率いる黄金期のシカゴ・ブルズの壁に悩まされ、シーズンでは安定した成績を残してプレーオフには出場するものの1回戦で敗退するシーズンが続いた。1994年には野球のジェイコブス・フィールドと共にダウンタウンに新設されたガンド・アリーナ(ともに当時の名称)に本拠を移した。2000年代に入ると三たび低迷し、2002-03年のシーズンには17勝65敗、勝率.207に終わった。しかしこの低成績のため2003年のNBAドラフト1位指名権を獲得し、地元北東オハイオ、アクロン出身のレブロン・ジェームズを1位指名・獲得した。やがてチームは快進撃を始め、2007年にはチーム史上初のNBAファイナルに出場した。この快進撃の最中、2005年にガンド・アリーナはクイックン・ローンズ・アリーナという名に改められた。クリーブランド (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・マクヘイル

    ケビン・マクヘイルから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    ガーネットの指名は、リーグにいくつかの重要な影響を及ぼすことになった。一つには、ガーネットがNBAで成功を収めつつあることが明らかになると、当時議論を呼んでいた選手の低年齢化の傾向がいっそう強まることになった。ガーネット以降、コービー・ブライアントやクワミ・ブラウン、レブロン・ジェームズなどのように、大学に進学せずにNBAのチームから上位指名を受ける選手が次第に増えていった。ケビン・マクヘイル フレッシュアイペディアより)

  • ルオル・デン

    ルオル・デンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    16歳でアメリカ合衆国ニュージャージー州に引越し、ブレアアカデミーでバスケットボールをプレイした。チームメイトには2005年のNBAドラフトでトロント・ラプターズから指名されたチャーリー・ビラヌエバがいた。アメリカでも徐々に頭角を現すようになると、レブロン・ジェームズの次に優秀な選手であるとの声も聞かれるようになった。全米から優秀な高校生が結集するマクドナルドオールアメリカにも選出された。卒業後は名門デューク大学に進学。名将マイク・シャシェフスキー監督のもとで2004年にはNCAAのファイナル4に進出している。ルオル・デン フレッシュアイペディアより)

91件中 41 - 50件表示