178件中 51 - 60件表示
  • リック・バリー

    リック・バリーから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    50得点以上達成最年少記録:57点 (対ニューヨーク・ニックス戦, 1965年12月14日) 2005年にレブロン・ジェームスによって更新される。リック・バリー フレッシュアイペディアより)

  • ビッグ・リーグ・チュー

    ビッグ・リーグ・チューから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    NBAで活躍するプロ・バスケットボール選手レブロン・ジェームズは、自分の似顔絵をパッケージに入れる契約をバブリシャスと交わすまではビッグ・リーグ・チューの熱心なファンだったと言われている。ビッグ・リーグ・チュー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・ハリス (バスケットボール)

    ジョー・ハリス (バスケットボール)から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    ところが、2014年は、奇しくもレブロン・ジェームズがマイアミ・ヒートから4年振りに復帰した年でもあった。"チーム再建"から一気に "常勝軍団"へと路線が変更したキャバリアーズにおいて、ハリスは出場時間の獲得すら困難な状態に陥る。結局2014-15シーズンは51試合の出場で約10分の出場で3.8得点に終わり、翌2015-16シーズンは、足首の負傷もあり5試合の出場に止まり、2016年1月5日にオーランド・マジックに放出されて解雇された。ジョー・ハリス (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・オデン

    グレッグ・オデンから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    高校はローレンスノース高校に進学。オデンとコンリー擁するローレンスノース高校はインディアナ州を代表する強豪校となり、2004年から3年連続で同州のタイトルを獲得、彼らが在学中の4年間の戦績は103勝7敗で2006年にはインディアナ州のチームとしては初めてUSAトゥデイ紙のランキング1位にランクされた。オデン個人は最終学年には22.1得点10.5リバウンド3.5ブロックのアベレージを残し、ネイスミス賞を獲得、マクドナルドアメリカンチームに選出され、ゲータレード選出の年間最優秀選手には2年連続で選ばれた。同賞を2年連続で獲得したのはオデンとレブロン・ジェームスだけであった。全国区となったオデンの名前はNBAのスカウトらの目にもとまり、彼が高校を卒業する2006年のNBAドラフトの目玉となるはずだったが、この年より高校生によるアーリーエントリーが不可能となったため、オデンはコンリーとともにオハイオ州立大学に進学した。グレッグ・オデン フレッシュアイペディアより)

  • モーリス・ウィリアムズ

    モーリス・ウィリアムズから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    ウィリアムズのキャバリアーズ移籍は的確な補強と評価されたが、中堅選手の一人に過ぎないウィリアムズの加入がキャバリアーズを劇的に変化させるとは思われなかった。しかし2008-09シーズンが始まるとキャバリアーズの快進撃が始まり、終わってみればフランチャイズ史上最高の66勝をあげていた。MVPを獲得したレブロン・ジェームスと共に、彼と抜群の相性を見せ、3Pシュート成功率43.6%と高い数字を記録したウィリアムズの活躍も高く評価された。1月27日のキングス戦でキャリアハイとなる43得点をあげ、オールスターには怪我をしたクリス・ボッシュの交代要員として初出場を果たしている。チームも自身も最高のシーズンを送っていたが、優勝候補として臨んだプレーオフではカンファレンス決勝でオーランド・マジックの前に敗れた。モーリス・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

  • ブラッド・ミラー

    ブラッド・ミラーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    ミラーは1998年バスケットボール世界選手権でその年ロックアウトのためNBA選手が派遣されなかったときのアメリカ代表となり、ルディ・トムジャノビッチヘッドコーチの下で銅メダルを獲得した。また日本で行われた、2006年バスケットボール世界選手権でも再びアメリカ代表になり、レブロン・ジェームズ、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードらとともにマイク・シャシェフスキーヘッドコーチの下でプレーした。チームは準決勝でギリシャに敗れ、3位決定戦でアルゼンチンを破り銅メダルを獲得した。プレトーナメントでアメリカはミラーのようなシュート力のあるビッグマンを必要としていたが、彼はトーナメントでほとんどプレイタイムを与えられずに終わった。彼は準決勝では全く出場できなかった。ブラッド・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • メルビン・イングラム

    メルビン・イングラムから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2014年12月、エリック・ガーナー窒息死事件の大陪審に対する抗議で、「I Can’t Breathe(息ができない)」と書かれたTシャツを着る運動にレジー・ブッシュ、レブロン・ジェームズ、デリック・ローズらと参加した。メルビン・イングラム フレッシュアイペディアより)

  • ギルバート・アリーナス

    ギルバート・アリーナスから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    翌2005-06シーズンにはさらに成績を伸ばし、リーグ4位となる29.3得点を記録、オールNBAサードチームに選出され、オールスターには怪我のジャーメイン・オニールの代役として初出場した。3ポイントシュートコンテストにも欠場したフェニックス・サンズのラジャ・ベルの代役で出場した。プレーオフの1回戦ではレブロン・ジェームズ率いるクリーブランド・キャバリアーズと対戦。2勝4敗でチームは敗退したが、アリーナスは平均34点を記録。シーズン最後のゲームとなった第6戦のオーバータイム(延長戦)の終盤、アリーナスはフリースローを打つチャンスを得た。このとき、レブロンに「君がこのフリースローを両方はずしたらゲームは終わりだ」と耳元で囁かれ、実際に2本外してしまう。シーズン終了後、バスケットボール世界選手権アメリカ代表チーム候補としてキャンプに参加したが、代表の12人には残れなかった。ギルバート・アリーナス フレッシュアイペディアより)

  • ベン・ゴードン

    ベン・ゴードンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    ルーキーイヤーとなる2004-05シーズンは、82試合全てに出場し平均15.1得点、2.6リバウンド、1.9アシストと上々の成績を残し、新人選手としては初めてシックスマン賞(もっとも優秀なベンチプレーヤー)を受賞。さらにオールルーキー1stチームにも選出された。特に第4クオーターにおける2桁得点の試合数ではレブロン・ジェームズに次ぎ第2位(21試合)であり、新人らしからぬ驚異的な勝負強さを披露した。その一方で、ターンオーバーが多く、またスタミナ不足の問題もあった。ベン・ゴードン フレッシュアイペディアより)

  • クリーブランド・キャバリアーズのチーム記録

    クリーブランド・キャバリアーズのチーム記録から見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    56得点 レブロン・ジェームス(vs トロント・ラプターズ 2005年3月20日)クリーブランド・キャバリアーズのチーム記録 フレッシュアイペディアより)

178件中 51 - 60件表示

「レブロン・ジェームズ」のニューストピックワード