91件中 51 - 60件表示
  • ケビン・ガーネット

    ケビン・ガーネットから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    ガーネットが入団した1995-96シーズン、ミネソタ・ティンバーウルブズ(以下、ウルブズ)は移行段階の真っ只中に居た。開幕当初のヘッドコーチ、ビル・ブレアはクリスチャン・レイトナーと新加入のトム・ググリオッタを先発フォワードに据え、新人ガーネットをベンチ起用した。ガーネットのNBA入りは、アマレ・スタウダマイアーやレブロン・ジェームズ、ドワイト・ハワードらといった高卒スター選手の登場を促すが、ガーネットのルーキーイヤーは彼らほど華々しいものではなかった。ガーネットは確かに長身も才能も持ち合わせていたが、回りの百戦錬磨のベテラン選手に比べて明らかに身体の線が細く、まだプロで活躍できるほどの肉体は出来上がっていなかった。ガーネットは毎晩のように自分よりも遥かに体格の良い選手に吹き飛ばされることとなり、彼にとってのルーキーイヤー前半は辛いものとなった。しかしガーネットを重用しないブレアHCをマクヘイルは20試合目で解雇し、後任にフィリップ・サンダースを起用。ガーネットに大きな可能性を感じたサンダースは彼を先発に抜擢し、さらにレイトナーにガーネットのサポートに回るよう指示した。この指示を不服としたレイトナーはサンダースHCに反発しことでシーズン中にチームから放出され、結果的にガーネットには多くのチャンスが回ってくるようになり、シーズン後半にはダブル・ダブルを連発するようになった。最終的には平均10.4得点6.3リバウンド1.8アシストをあげてオールルーキー2ndチームに選出され、チームは26勝56敗の成績だった。なお、シーズン終了時点で19歳と11ヶ月だったガーネットは、当時は歴代最年少のNBA選手だった。ケビン・ガーネット フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ガーネット

    ケビン・ガーネットから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    大学に進学せず、高校から直接NBA入りしたガーネットの成功は、ドラフト候補生の低年齢化という現象を招き、以後コービー・ブライアントをはじめ、アマレ・スタウダマイアー、レブロン・ジェームス、ドワイト・ハワードらといった高校卒業直後にNBA入りするケースが急増し、高校卒業後、あるいは大学在学中にアーリーエントリーすることがNBAのスタンダードとなった。しかしNCAAからの反発もあって次第にドラフト候補生の低年齢化は問題視されるようになり、2005年のNBAドラフトからはエントリーの年齢制限18歳から19歳に引き上げられ、事実上高校卒業直のNBA入りは不可能となった。ケビン・ガーネット フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ミラー

    マイク・ミラーから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    2010年7月15日、マイアミ・ヒートと5年2500万ドルの契約を結んだ。プレシーズンの練習でレブロン・ジェームスに対する守備を行った際に負傷、数週間をサイドラインで過ごした。同年12月20日に戦列に復帰、2011年1月22日には風邪をひいたドウェイン・ウェイドに代わり先発出場し32得点をあげた。マイク・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • 2007-2008シーズンのNBA

    2007-2008シーズンのNBAから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2008年のNBAオールスターゲームはニューオリンズで開催され、134-128でイーストチームが勝利した。MVPはレブロン・ジェームズが選ばれた。2007-2008シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 2007-2008シーズンのNBA

    2007-2008シーズンのNBAから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームスがコービー・ブライアントの通算10000得点達成の最年少記録を更新。2007-2008シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 2004-2005シーズンのNBA

    2004-2005シーズンのNBAから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    2年目のレブロン・ジェームスが率いるキャバリアーズは好調なスタートを切り、2月までは地区首位を維持していたが、選手とポール・サイラスHCの関係が悪化し、以後失速。サイラスはヘッドコーチを解任された。怪我が絶えず前季はシーズンを全休したマジックのグラント・ヒルが見事に復活し、オールスターにも出場した。チームはプレーオフ進出争いをしていたが、終盤になって脱落した。2004-2005シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1997-1998シーズンのNBA

    1997-1998シーズンのNBAから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    前季6シーズンぶりにプレーオフを逃したクリーブランド・キャバリアーズは、オフに主力選手の殆どを放出し、新たにショーン・ケンプらを迎え入れ、さらに新人ジードルナス・イルガスカスが加わるなどチームを刷新し、47勝を記録してプレーオフにも復帰した。しかしこの新体制はイルガスカスの度重なる故障などで大きな成功を見ず、キャバリアーズは翌シーズンから長い低迷期へと突入する。90年代をイースト屈指の強豪チームとして過ごしたキャバリアーズが次に脚光を浴びるには、レブロン・ジェームスの登場を待たなければならない。1997-1998シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • ヴォーグ (雑誌)

    ヴォーグ (雑誌)から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2008年4月にアメリカ版『ヴォーグ』は、有名カメラマンのアニー・リーボヴィッツが撮影を行った。表紙を飾ったのはによるスーパーモデル、ジゼル・ブンチェンとバスケットボール選手のレブロン・ジェームズ。アメリカ版の表紙を男性が飾るのはジョージ・クルーニー、リチャード・ギアに次いで3人目であり、黒人男性では初である。この表紙はジェームズが、より小さなジゼルのそばにいるというもので、映画『キング・コング』を思わせたもので、2人のポーズは同映画に出演したフェイ・レイへの追悼の意を込めている。しかし、多くの批評家からこの表紙は、偏見があると認められた。ヴォーグ (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • ギルバート・アリーナス

    ギルバート・アリーナスから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    翌2005-06シーズンにはさらに成績を伸ばし、リーグ4位となる29.3得点を記録、オールNBAサードチームに選出され、オールスターには怪我のジャーメイン・オニールの代役として初出場した。3ポイントシュートコンテストにも欠場したフェニックス・サンズのラジャ・ベルの代役で出場した。プレーオフの1回戦ではレブロン・ジェームズ率いるクリーブランド・キャバリアーズと対戦。2勝4敗でチームは敗退したが、アリーナスは平均34点を記録。シーズン最後のゲームとなった第6戦のオーバータイム(延長戦)の終盤、アリーナスはフリースローを打つチャンスを得た。このとき、レブロン・ジェームズに「君がこのフリースローを両方はずしたらゲームは終わりだ。」と耳元で囁かれ、実際に2本外してしまう。シーズン終了後、バスケットボール世界選手権アメリカ代表チーム候補としてキャンプに参加したが、代表の12人には残れなかった。ギルバート・アリーナス フレッシュアイペディアより)

  • 2006-2007シーズンのNBA

    2006-2007シーズンのNBAから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    日本で開催されたバスケットボール世界選手権に、アメリカ代表はドウェイン・ウェイド、レブロン・ジェームス、カーメロ・アンソニーらを派遣するも、銅メダルに終わる。2006-2007シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

91件中 51 - 60件表示

「レブロン・ジェームズ」のニューストピックワード