91件中 61 - 70件表示
  • ジェレミー・リン

    ジェレミー・リンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    初先発出場から2試合連続で20得点以上。(2003年のレブロン・ジェームズ以来。NBAの歴史でも6人しか達成していない。)ジェレミー・リン フレッシュアイペディアより)

  • トム・イゾー

    トム・イゾーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2010年6月、にもクリーブランド・キャバリアーズのヘッドコーチ候補として名前があがった。レブロン・ジェームズをコーチする機会に彼は悩んだが"Spartan for life" の決意と共に、1週間後にミシガン州立大学のヘッドコーチを続けることを明らかにした。トム・イゾー フレッシュアイペディアより)

  • アマーレ・スタウダマイアー

    アマーレ・スタウダマイアーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    高卒ルーキーということもあり前評判は高くなかったが、サマーリーグから才能の片鱗を見せ、1年目から71試合で先発、13.5得点、8.8リバウンド、1.06ブロックをマークした。プロ入り後わずか31試合目のミネソタ・ティンバーウルブズ戦(2002年12月30日)では38得点を記録。この活躍により、ドラフト1位のヤオ・ミンを抑え、高卒選手としては初となるルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)を受賞した。(翌年、同じく高卒のレブロン・ジェームズも受賞)アマーレ・スタウダマイアー フレッシュアイペディアより)

  • アキーム・オラジュワン

    アキーム・オラジュワンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    引退後は現役選手を対象としたスキルトレーナーとしても活動している。きっかけはコービー・ブライアントにポストでの支配力、そしてゲーム全体の支配力を高めたいとコーチを依頼されたためで、その後もドワイト・ハワード、レブロン・ジェームズ、アマーレ・スタウダマイアー、カーメロ・アンソニー、ジャベール・マクギーといった選手たちを指導している。アキーム・オラジュワン フレッシュアイペディアより)

  • デショーン・スティーブンソン

    デショーン・スティーブンソンから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    ウィザーズでの1年目となった06-07シーズンも11.2得点と成績を維持し、オフには4年1500万ドルの契約を結ぶことに成功した。07-08シーズンのプレーオフではリーグ屈指のスーパースター、レブロン・ジェームスに対するスティーブンソンの挑発行為が話題となった。プレーオフ1回戦でレブロンのクリーブランド・キャバリアーズと対戦するスティーブンソンは、レブロンを「過大評価」と言い放つと、レブロンは「まるでジェイ・Zがソウルジャ・ボーイ(いずれも人気ラッパーで、レブロンはジェイ・Zと交友がある)のような若造のほざきに付き合っているようなものだ」とコメント(ちなみにスティーブンソンの方がレブロンよりも年長である)。シリーズはウィザーズが2連敗を喫するが、試合中もスティーブンソンは相手を挑発するような仕草を繰り返し、そしてワシントンD.C.で行われた第3戦は、レブロンに引き合いに出されたソウルジャ・ボーイをコートサイドの席に座らせた上で、キャバリアーズを破ってみせた。そこでジェイ・Zは自身の曲「Blow the Whistle」でスティーブンソンをバカにした。シリーズは結局ウィザーズの敗退で終わった。デショーン・スティーブンソン フレッシュアイペディアより)

  • トニー・パーカー

    トニー・パーカーから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    05-06シーズン、パーカーは苦手だったロングレンジからのシュートを封印し、得意のペネトレイトからの得点により磨きをかけたことにより、フィールドゴール成功率が急上昇し、PGとしては異例の54.8%を記録。故障を抱え不調だったダンカンに代わりチームのリーディングスコアラーとして活躍し、平均18.9得点の成績を残し、初めてオールスターゲームに選出された。スパーズはチーム記録となる63勝19敗の成績を残したが、プレイオフではカンファレンスセミファイナルで宿敵ダラス・マーベリックスに敗れた。06-07シーズンにはダンカンが復調し、スパーズは順調に勝ち続け、プレイオフでも対戦相手を次々と退けてファイナルに進出。レブロン・ジェームス率いるクリーブランド・キャバリアーズと対戦した。このシリーズでパーカーは独擅場とも言える働き振りを見せ、平均24.5得点5リバウンド3.3アシスト、フィールドゴール成功率は57%を記録し、キャバリアーズを4戦全勝のスイープで打ち破った。パーカーはファイナル制覇3回目にして初のファイナルMVPを獲得、7月に控えた婚約者との挙式に華を添えた。トニー・パーカー フレッシュアイペディアより)

  • ボリス・ディアウ

    ボリス・ディアウから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    前述の通り、ポイントガードからセンターまでこなせる万能型である。飛躍の年になった2005-06シーズンは平均13.3得点、6.9リバウンド、6.2アシストを記録。トリプル・ダブルがジェイソン・キッドとレブロン・ジェームズに次ぐ4回(リーグ3位)だったように、攻守共にチームへの貢献度は非常に高い。またフィールドゴール成功率も高く、ミスショットが少なく堅実さも持ち合わせている。特に、ゴール下でのピボットを使ったポンプフェイクからのフィンガーロールが得意である。ボリス・ディアウ フレッシュアイペディアより)

  • ジョエル・アンソニー

    ジョエル・アンソニーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2010年7月、チームにはフリーエージェントでレブロン・ジェームズ、クリス・ボッシュが加わった。アンソニーも7月16日に5年間1800万ドルの契約を結んだ。この年チームはイースタン・カンファレンスでシカゴ・ブルズに次ぐ58勝24敗の成績で終え、NBAファイナルに進出したがダラス・マーベリックスに2勝4敗で敗れた。ファイナルでアンソニーは平均20.5分プレーし、1,3得点、3.5リバウンドを記録している。ジョエル・アンソニー フレッシュアイペディアより)

  • 最優秀選手 (NBA)

    最優秀選手 (NBA)から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    初選出は1955-56シーズンのボブ・ペティット。最多選出は6回の受賞を果たしたカリーム・アブドゥル=ジャバーで、神様と謳われるマイケル・ジョーダンは、ビル・ラッセルと並んで第2位の5回。近年では2008-09シーズンと2009-10シーズンに、レブロン・ジェームズが2年連続受賞(史上10人目)を果たしている。最優秀選手 (NBA) フレッシュアイペディアより)

  • エルトン・ブランド

    エルトン・ブランドから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    2006年のバスケットボール世界選手権では、彼単独のポスターもお目見えしていた。ただし、観客の歓声はレブロン・ジェームス、ドウェイン・ウェイド、カーメロ・アンソニーの方が大きかった。エルトン・ブランド フレッシュアイペディアより)

91件中 61 - 70件表示

「レブロン・ジェームズ」のニューストピックワード