178件中 61 - 70件表示
  • ポール・サイラス

    ポール・サイラスから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    ホーネッツ退団後のすぐ翌2003-04シーズンにはクリーブランド・キャバリアーズのヘッドコーチに就任。この年キャバリアーズはレブロン・ジェームスという新人スター候補を獲得しており、将来への躍進が期待された。キャバリアーズは期待通り低迷期から抜け出し、順調に成績を伸ばしていったが、プレーオフにはなかなか手が届かず、また選手とサイラスとの間で軋轢も生じ、キャバリアーズでのキャリアは僅か2シーズンで幕を閉じた。ポール・サイラス フレッシュアイペディアより)

  • アイラ・ニューブル

    アイラ・ニューブルから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    ニューブルは再び下部リーグでプレーし、2001-02シーズン途中にアトランタ・ホークスと契約。2003年夏には、黄金ルーキーレブロン・ジェームズが入団したクリーブランド・キャバリアーズと契約。ロールプレーヤーとしてキャバリアーズを支え、2007年にはNBAファイナルも経験した。しかし、翌2008年2月に、シカゴ・ブルズも加わった三角トレードでシアトル・スーパーソニックスに放出された後解雇された。翌3月にロサンゼルス・レイカーズと契約。同シーズンレイカーズはNBAファイナルに進出したもののボストン・セルティックスに2勝4敗で敗退。以降ニューブルはNBAでプレーすることが出来ず、ヨーロッパ諸国でプレーした後、2010年1月に選手生活から引退した。アイラ・ニューブル フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・ギブソン

    ダニエル・ギブソンから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームスにマークが集中し、フリーになり3ポイントシュートを連発というのが得意技。そのため、レブロンからも厚い信頼を得ている。規定数に達しなかったため目立たなかったが、実はルーキーシーズン怪我をするまでは3P成功率3位だった。2年目の2007-2008シーズンも、そのシュートタッチはさらに向上し、成功率4位という成績を残した。ダニエル・ギブソン フレッシュアイペディアより)

  • ドリームチーム (バスケットボール)

    ドリームチーム (バスケットボール)から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    コービー・ブライアントとレブロン・ジェームズは2012年のロンドンオリンピックに出場したアメリカ合衆国代表チームはドリームチームに勝利出来ると考えている。ブライアントは「(ドリームチームは)高齢の選手が多く、ほとんどがキャリアの終焉に向かっていた。我々は正しく若い競走馬ばかり、競争を熱望している連中達だ」と述べたが、このコメントを聞いたチャールズ・バークレーは「(ドリームチームは)二桁以上の得点差で勝てるよ」と嘲笑した。マイケル・ジョーダンも「忘れないでくれ、彼らは我々から学んでいる。我々は彼らから学んでいないんだ」と異議を唱えた。アメリカ合衆国大統領バラク・オバマまでが「私は92年のチームを楽しんだし、(ジョーダンが所属していた)ブルズファンだから、元祖ドリームチームを支持しないとね」とコメントした。ドリームチーム (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ブーザー

    カルロス・ブーザーから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    卒業後2002年のNBAドラフトでブーザーは2巡目全体35番目で指名を受け、クリーブランド・キャバリアーズに入団する。ドラフト下位指名者ながらルーキーシーズンは10得点7.5リバウンドのアベレージを残し、オールルーキーセカンドチームに選出されるなど、期待以上の働きを見せた。2年目のシーズンはさらに活躍をみせる。ゲーム平均で15.5ポイント、11.4リバウンドを記録し、トータルリバウンドはNBAで5位の成績だった。ブーザーの予想以上の成長ぶりに加え、チームは2003年のNBAドラフトでレブロン・ジェームスを獲得しており、キャバリアーズはこの2人を中心としたチームとなるはずだった。しかしチーム側がブーザーとの3年目の契約を破棄し、新たに高額契約を結ぼうとしたが、ブーザーはキャバリアーズとは再契約せず、より高額なサラリーを提示したユタ・ジャズと契約した。カルロス・ブーザー フレッシュアイペディアより)

  • ポイントフォワード

    ポイントフォワードから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    NBAでは、レブロン・ジェームズ(LeBron James)らが該当する。ポイントフォワード フレッシュアイペディアより)

  • ドリブル (バスケットボール)

    ドリブル (バスケットボール)から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    NBAプレーヤーでは、多彩なドリブルを操る多くの名選手がおり、現役選手では、スティーブ・ナッシュ、コービー・ブライアント、レブロン・ジェームズ、過去にはマジック・ジョンソン、ジョン・ストックトン、アレン・アイバーソン等が有名である。ドリブル (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • ガス・ジョンソン

    ガス・ジョンソンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    アクロンの低所得者地区はプレイグラウンドが多数設置されており、多くの優秀なバスケットボール選手を生み出した街でもある。ネイト・サーモンドやレブロン・ジェームズ、そしてジョンソンもアクロンのプレイグラウンドで切磋琢磨した。少年時代のジョンソンの夢はハーレム・グローブトロッターズへの入団だった。当時のアフリカ系アメリカ人のバスケ少年にとっては、最大の夢である。グローブトロッターズ入団を目指すべく、ジョンソンはバック・ザ・ビハインドやノールックパスなど、幼い頃からトリッキーな技術に磨きを掛けた。ガス・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・デラベドバ

    マシュー・デラベドバから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2015年5月14日のシカゴ・ブルズとのプレーオフ第6戦ではチームトップの19得点をあげて、チームにとって、2009年以来となるカンファレンスファイナル進出に貢献した。アトランタ・ホークスとの第3戦でのデラベトバのアグレッシブなプレーが、デラベトバがダーティーな選手であるか、大きな論争になった。デラベトバとアル・ホーフォードがリバウンド争いをした蔡、ホーフォードがデラベトバの頭部にひじ打ちをして退場処分を受けた。これに対してチャールズ・バークレーやチームメートのレブロン・ジェームズはデラベトバのプレースタイルを擁護し、バークレーは「あんな安っぽい挑発に乗ってるようじゃあ、ヤツはキャプテン失格だな」と、ホーフォードを批判している。マシュー・デラベドバ フレッシュアイペディアより)

  • NBAファイナル最優秀選手賞

    NBAファイナル最優秀選手賞から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    マジック・ジョンソン、 シャキール・オニール、ティム・ダンカン、 レブロン・ジェームズが3回授賞で、 ウィリス・リード, カリーム・アブドゥル=ジャバー, ラリー・バード、 アキーム・オラジュワン、 コービー・ブライアントが2回受賞している。NBAファイナル最優秀選手賞 フレッシュアイペディアより)

178件中 61 - 70件表示

「レブロン・ジェームズ」のニューストピックワード