178件中 71 - 80件表示
  • マイク・ミラー

    マイク・ミラーから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    2010年7月15日、マイアミ・ヒートと5年2500万ドルの契約を結んだ。プレシーズンの練習でレブロン・ジェームスに対する守備を行った際に負傷、数週間をサイドラインで過ごした。同年12月20日に戦列に復帰、2011年1月22日には風邪をひいたドウェイン・ウェイドに代わり先発出場し32得点をあげた。その後2012年、2013年とヒートの2連覇に貢献した。2013年6月16日、アムネスティー条項の適用でヒートからウェイブされた。マイク・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • ネクスト・ジョーダン

    ネクスト・ジョーダンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズ (2003 - ) ジョーダンとマジック・ジョンソンを掛け合わせたような選手と評されている。デビュー時の背番号はジョーダンと同じ『23』。2010年にマイアミ・ヒートへの移籍で大きな物議を巻き起こしたが、マイアミとクリーブランドで3度の優勝、4度のシーズンMVPを獲得。現在のNBAを代表する選手となった。ネクスト・ジョーダン フレッシュアイペディアより)

  • ドリュー・グッデン

    ドリュー・グッデンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2004-05シーズンは先発出場に定着。既にチームのエースであったレブロン・ジェームズを支える形で活躍。プレイオフには届かなかったが、チームトップの平均9.2リバウンドを記録した。平均得点も前年を上回り、さらにはフリースロー成功率は.810の好成績を残した。ドリュー・グッデン フレッシュアイペディアより)

  • 2006-2007シーズンのNBA

    2006-2007シーズンのNBAから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    日本で開催されたバスケットボール世界選手権に、アメリカ代表はドウェイン・ウェイド、レブロン・ジェームス、カーメロ・アンソニーらを派遣するも、銅メダルに終わる。2006-2007シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 2007-2008シーズンのNBA

    2007-2008シーズンのNBAから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2008年のNBAオールスターゲームはニューオリンズで開催され、134-128でイーストチームが勝利した。MVPはレブロン・ジェームズが選ばれた。2007-2008シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 2007-2008シーズンのNBA

    2007-2008シーズンのNBAから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームスがコービー・ブライアントの通算10000得点達成の最年少記録を更新。2007-2008シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1997-1998シーズンのNBA

    1997-1998シーズンのNBAから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    前季6シーズンぶりにプレーオフを逃したクリーブランド・キャバリアーズは、オフに主力選手の殆どを放出し、新たにショーン・ケンプらを迎え入れ、さらに新人ジードルナス・イルガスカスが加わるなどチームを刷新し、47勝を記録してプレーオフにも復帰した。しかしこの新体制はイルガスカスの度重なる故障などで大きな成功を見ず、キャバリアーズは翌シーズンから長い低迷期へと突入する。90年代をイースト屈指の強豪チームとして過ごしたキャバリアーズが次に脚光を浴びるには、レブロン・ジェームスの登場を待たなければならない。1997-1998シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ハミルトン

    ジャスティン・ハミルトンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズらが退団し、チームの陣容が大きく入れ替わった2014-15シーズン開幕前のトレーニングキャンプでの練習中、ハミルトンは心臓発作を起こし、病院に搬送されるアクシデントが発生。その後復帰したものの、途中加入したハッサン・ホワイトサイドの大ブレイクもあり、2015年2月に三角トレードでニューオーリンズ・ペリカンズに放出された後解雇。3月5日にミネソタ・ティンバーウルブズとシーズン終了までの契約を結び、平均9得点5.1リバウンドの成績を残した。ジャスティン・ハミルトン フレッシュアイペディアより)

  • NBAオールスターゲーム最優秀選手賞

    NBAオールスターゲーム最優秀選手賞から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    ボブ・ペティットとコービー・ブライアントの4回受賞が最高である。オスカー・ロバートソン、マイケル・ジョーダンとシャキール・オニールが3回、ボブ・クージー、ジュリアス・アービング、アイザイア・トーマス、マジック・ジョンソン、カール・マローン、アレン・アイバーソン、レブロン・ジェームズ、ラッセル・ウェストブルックが2回受賞している。ジェームズは21歳1ヶ月での最年少受賞で2014年のカイリー・アービングが21歳10ヶ月で2番目である。NBAオールスターゲーム最優秀選手賞 フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・チャルマーズ

    マリオ・チャルマーズから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    その後2010年にレブロン・ジェームスが加入し、ヒートはドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュも加えた「スリーキングス」が形成され黄金期を迎え、4年連続でNBAファイナルに勝ち上がり、2012年、2013年とNBA連覇を果たし、チャルマーズも勝負強さを見せ、連覇に貢献した。マリオ・チャルマーズ フレッシュアイペディアより)

178件中 71 - 80件表示

「レブロン・ジェームズ」のニューストピックワード