91件中 71 - 80件表示
  • レイジョン・ロンド

    レイジョン・ロンドから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    身長185cmに対してウィングスパンは206cm。手の平のサイズは、なんとレブロン・ジェームズよりも大きい。そんな彼のカレッジ時代のニックネームは"E.T."であった。レイジョン・ロンド フレッシュアイペディアより)

  • ティム・ダンカン

    ティム・ダンカンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    プロ10年目、30歳となる2006-07シーズンを迎えたダンカンは、成績を平均20.0得点10.6リバウンドに回復させ、オールNBA1stチームにも復帰。チームは58勝24敗を記録してプレーオフも順調に勝ち進んだ。このシーズンはレギュラーシーズンで断トツの勝率を残したダラス・マーベリックスが優勝候補だったが、マーベリックスが1回戦で敗退してしまったことで、カンファレンス準決勝でのフェニックス・サンズとスパーズのシリーズが事実上の優勝決定戦となった。サンズとのシリーズは乱闘騒ぎも発生するなど荒れた内容となったが、サンズを得意な相手としているスパーズは4勝2敗でサンズを降すと、カンファレンス決勝ではユタ・ジャズを破り、ファイナルに進出。クリーブランド・キャバリアーズとのシリーズでは、キャバリアーズの若きエース、レブロン・ジェームズにエースキラーのブルース・ボウエンがマッチアップするが、そのボウエンの後ろにダンカンが控えているとあっては、さしものレブロンも手も足も出なかった。チーム間の実力に明らかな差があるシリーズとなったファイナルは、スパーズが4戦全勝でキャバリアーズを一蹴。4度目の優勝を飾ったが、先の3回の優勝と違う点はファイナルMVPを受賞したのがダンカンではなく、トニー・パーカーであったことである。ダンカンもシリーズ平均18.3得点11.5リバウンドと活躍したが、それ以上に平均24.5得点をあげたパーカーの活躍が目覚しかった。しかし優勝のためにダンカンの貢献が不可欠であった点は変わることなく、ポポヴィッチはダンカンを「公分母」とたとえ、「99年、03年、05年と彼の周りには異なるメンバーがいた。ダンカンは彼らを皆受け入れた。ダンカンとのプレイはとても容易で、彼はとても基本的であるため、皆彼に適合し易かったんだ」と語った。またファイナルを観戦したデビッド・スターンNBAコミッショナーは「彼は同世代で最も優れた選手だ」と認めた。ティム・ダンカン フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボールギリシャ代表

    バスケットボールギリシャ代表から見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    2006年の世界選手権では、NBAに所属している選手がいない中、ドウェイン・ウェイド、レブロン・ジェームス、カーメロ・アンソニーなどを擁したアメリカ代表を準決勝で破り、準優勝した。バスケットボールギリシャ代表 フレッシュアイペディアより)

  • ガス・ジョンソン

    ガス・ジョンソンから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    アクロンの低所得者地区はプレイグラウンドが多数設置されており、多くの優秀なバスケットボール選手を生み出した街でもある。ネイト・サーモンドやレブロン・ジェームズ、そしてジョンソンもアクロンのプレイグラウンドで切磋琢磨した。少年時代のジョンソンの夢はハーレム・グローブトロッターズへの入団だった。当時のアフリカ系アメリカ人のバスケ少年にとっては、最大の夢である。グローブトロッターズ入団を目指すべく、ジョンソンはバック・ザ・ビハインドやノールックパスなど、幼い頃からトリッキーな技術に磨きを掛けた。ガス・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ポール

    クリス・ポールから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    NFL選手のレジー・ブッシュとは親友で、ルイジアナ州で近所に住んでいる。NBA内ではレブロン・ジェームスとは特に親しく、またライバルとされるデロン・ウィリアムスとも私生活では親友の一人である。クリス・ポール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国のスポーツ

    アメリカ合衆国のスポーツから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    元々はアフリカ系アメリカ人や富裕層が好むとされていた。マイケル・ジョーダン(シカゴ・ブルズ)の全盛期はNBAブームで、MLBを凌ぐ人気を得た時期もあった。しかし、ジョーダン引退後は人気が伸び悩み、一時はNBAファイナルの視聴率もジョーダン全盛期の1/3程度にまで落ち込んだ。人気低迷の主な原因としては、全米規模のスター選手の不在が挙げられていた。しかし、近年ではレブロン・ジェームズに代表される若手のスター選手が続々と現れており、NBA人気も回復傾向にある。2010年のNBAファイナル第7戦は、ジョーダン引退以降では最高の視聴率を記録した。ちなみに、国内外の若年層の間では1990年代に世界的な形で広まったヒップホップ文化の影響で、NBA各球団のレプリカユニフォームやチームロゴなどをあしらった帽子やTシャツはストリートファッションの一部として広く認知されている。アメリカ合衆国のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボール

    バスケットボールから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    NBAでは本来のポジションがフォワードでありながら、ポイントガードの働きをする選手も少なくない。そのような選手は稀ながらポイントフォワードと呼ばれる。ポイントフォワードの選手には、マジック・ジョンソン(特に現役復帰後)、アンソニー・メイソン、レブロン・ジェームズ、ラマー・オドムらがいる 。バスケットボール フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2010年オフにマイアミ・ヒートがFAでレブロン・ジェームズとクリス・ボッシュを同時に獲得して、スリーキングスを結成。大きな話題となる。NBA フレッシュアイペディアより)

  • チャック・ノリス・ファクト

    チャック・ノリス・ファクトから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    レブロンは、噂によるとチャック・ノリスがNBAのチームに加わった為に引退するという)チャック・ノリス・ファクト フレッシュアイペディアより)

  • ドウェイン・ウェイド

    ドウェイン・ウェイドから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    シーズン前にロサンゼルス・レイカーズから当時リーグを支配していたトップセンター、シャキール・オニールがヒートに移籍。コービー・ブライアントとともにレイカーズの黄金時代を築き上げたオニールだが、レイカーズ時代にはコービーとの不仲説が絶えなかった。オニールはウェイドの謙虚さをいたく気に入り、良好な関係を築いた2人はNBAでも屈指のデュオとなり、チームはイースタンカンファレンス1位という好成績でレギュラーシーズンを終えた。プレイオフでもヒートの快進撃は止まらず、1回戦、カンファレンスセミファイナルを全勝で制したが、カンファレンスファイナルのデトロイト・ピストンズとのシリーズでウェイドは故障してしまい、惜しくもファイナル初出場を逃した。また、レブロン・ジェームズと共にオールスターゲームに初めて選出された。ドウェイン・ウェイド フレッシュアイペディアより)

91件中 71 - 80件表示

「レブロン・ジェームズ」のニューストピックワード