1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
100件中 91 - 100件表示
  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たアメリカ合衆国

    レブロン・ジェームズ(LeBron James(;, 1984年12月30日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州アクロン出身のプロバスケットボール選手である。NBAのマイアミ・ヒートに所属。愛称は「キング」。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見た2008-2009シーズンのNBA

    08-09シーズン、レブロンは28.4得点7.6リバウンド7.2アシストを記録し、チームも両リーグトップの66勝16敗をマーク。チームをカンファレンス1位に導きNBA最優秀選手を獲得した。プレーオフに入っても絶好調を維持し、1回戦、カンファレンス準決勝を共に4勝0敗で突破するなど優勝候補の最右翼となった。しかし、一転、オーランド・マジックとのカンファレンス決勝では激戦の末、ホームでの第1戦を落とす。第2戦、2点ビハインドで迎えた残り1秒で、スローインからボールを受けたレブロンが劇的な3ポイントのブザービーターを沈め1勝1敗としたが敵地オーランドで計3敗を喫し、結果として2勝4敗でプレーオフを終えた。試合後、相手のマジックの選手の健闘を称えず無言でコートを後にし、試合後の記者会見も放棄して帰った事で批判を浴びてしまった。レブロンはこの件について「チームは負けたかもしれないが、俺は勝者だ。」などと後に語っている。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たロックアウト

    2011-2012シーズンのNBAは、チームオーナー側と選手会の間での収益配分に関する労使交渉がまとまらず、プレシーズンゲームは全て中止となっただけでなく、当初11月始めに開幕する予定が少なくとも2週間以上遅延することが決定。このためオーナー側はチーム施設に対するロックアウトを行い、レブロンを含む選手はチームとしての練習が行えない状況となった。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たオハイオ州

    レブロン・ジェームズ(LeBron James(;, 1984年12月30日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州アクロン出身のプロバスケットボール選手である。NBAのマイアミ・ヒートに所属。愛称は「キング」。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たディフェンス

    長らく課題だったディフェンスも2008-09シーズンにオールディフェンシブ1stチームに入るなど、守備面もトップクラスの選手になった。特に敵のファーストブレイク時に見せる、まるでバレーボールのバックアタックの様な豪快なブロックショットは、最も会場を沸かせるプレーの一つである。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見た2007-2008シーズンのNBA

    07-08シーズンのレブロンの活躍は華々しく、得点の分野では年2月27日のボストン・セルティックス戦で通算10000得点を達成。史上最年少の23歳59日での達成はこれまでの最年少記録のコービー・ブライアントの24歳193日を大幅に更新した。またトリプルダブル7回達成はチーム最多記録、2試合連続トリプルダブル2回達成は1988年のマジック・ジョンソン以来の快挙であった。3月5日のニューヨーク・ニックス戦では50得点10アシスト以上を記録したリーグ3人目のプレイヤーとなった。オールスターゲームでは、2回目のオールスターMVPに輝いた。このシーズンの成績は30.0得点7.9リバウンド7.2アシストとMVP級の数字を残し、自身初のリーグ得点王に輝いた。目覚しい活躍を見せたレブロンだが、一方でチームはオフの補強が上手くいかず、シーズン序盤から苦戦を強いられ、45勝37敗とレブロンがキャブス入りして以来初めて勝率を落とした。プレーオフ1回戦ではウィザーズと3シーズン連続で対戦。このシリーズではウィザーズのデショーン・スティーブンソンによるレブロンへの挑発行為が話題を集めたが、チームは4勝2敗でウィザーズを退け、カンファレンス準決勝に進出した。準決勝の対戦相手はこのシーズンリーグ首位の成績を収めたボストン・セルティックス。レブロンはセルティックスの強力ディフェンスの前に苦しみ、得点が伸び悩んだが、チームはセルティックスを追い込み、最終第7戦まで粘った。第7戦でようやく本来の姿を取り戻したレブロンは、45得点を記録してセルティックスを追い詰めたが、惜しくも勝利は逃し、2シーズン連続のファイナル進出はならなかった。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たゲータレード

    3年目のシーズン、チームは州の第2部に昇格したが、州タイトル3連覇は果たせなかった。レブロンは29.7得点8.3リバウンド5.7アシストの成績で、ゲータレード選出の年間最優秀選手に選ばれた。また高校生としてはケビン・ガーネット以来となるスラムマガジンの表紙を飾った。他にもスポーツ・イラストレイテッド、ESPNマガジンなど有名誌でも表紙を飾り、全米から大きな注目を集めた。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見た2005-2006シーズンのNBA

    05-06シーズンは、レブロンにとってもチームにとっても勝負の年となった。レブロンはプロ入り3年目としてチームでの結果を求められ、チームはこのシーズン後にFAとなるレブロンと契約延長するためにも、より勝てるチーム作りをしなければならなかった。チームは補強に乗り出すが、目玉であったラリー・ヒューズは怪我でシーズンの大半を欠場し、その他の補強組も期待したほどの活躍を見せず、レブロンを取り巻くチーム状況にさして変化はなかった。しかしレブロンは自身初の決勝ブザービーターを決めるなど、これまで足りないと言われてきた勝負強さも兼ね備えるようになり、チームを勝利に導ける選手にまで成長。チームは大きく躍進を果たし、50勝32敗の成績で8年ぶりにプレーオフ進出。自身も2度目のオールスターゲーム出場で29得点6リバウンドをあげて最年少のオールスターMVPに輝き、レギュラーシーズンでは初の30得点オーバーとなる31.4得点7.0リバウンド6.4アシストという好成績を残した。またトッププレイヤーの証明であるオールNBAファーストチームに初めて名を連ね、MVP投票ではスティーブ・ナッシュに次いで2位だった。初のプレーオフでは1回戦のワシントン・ウィザーズとの第1戦で、いきなり31得点11リバウンド11アシストのトリプルダブルをたたき出す。シリーズを4勝2敗で制すると、カンファレンス準決勝ではレギュラーシーズン1位のデトロイト・ピストンズ相手に3勝2敗とリードを奪うが、そこから2連勝されて惜しくも敗退した。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たNBA

    レブロン・ジェームズ(LeBron James(;, 1984年12月30日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州アクロン出身のプロバスケットボール選手である。NBAのマイアミ・ヒートに所属。愛称は「キング」。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たアメリカンフットボールのポジション

    2年目には25.2得点7.2リバウンド5.8アシストとさらに成績を伸ばす。レブロンの評判はすぐに広まり、高校はこのシーズンの開幕戦をアクロン大学のアリーナで開催し、観客5000人を集め、さらに連覇が掛かった州タイトルの決勝戦では17,000人が集まり、レブロンとチームは大観衆の前で見事に優勝を果たした。またレブロンは州史上2人目となる2年生でのオハイオ州ミスター・バスケットボールに選ばれ、またUSAトゥデイ紙選出のオールUSAファーストチームにも名を連ねた。すでに全国区となっていたレブロンはNBAのスカウト陣の注目も集め、NBAのワークアウトにも招かれた。アメリカン・フットボールのワイドレシーバーとしても優秀だったレブロンは、このシーズンに州のオールファーストチームにも選ばれていたが、怪我をしてしまいバスケット一本に絞る様になった。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
100件中 91 - 100件表示

「レブロン・ジェームズ」のニューストピックワード