142件中 41 - 50件表示
  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たラリー・バード

    翌04-05シーズンにはこれまで苦手とされていたアウトサイドシュートが向上し、さらに得点力をアップ。2005年1月19日には最年少(20歳と20日)でのトリプル・ダブル達成、同年3月20日には最年少(20歳と80日)での1試合50得点以上を達成し、NBAオールスターゲームにも初出場を果たした。シーズン成績は27.2得点7.2アシスト7.4リバウンドで、オスカー・ロバートソン、ジョン・ハブリチェック、ラリー・バード、マイケル・ジョーダン以来5人目の27得点、7アシスト、7リバウンド以上達成となった。しかし、チームは42勝40敗と前年から更に勝ち星を増やすもののカンファレンス8位のニュージャージー・ネッツと同率の9位になり、プレーオフ出場はならなかった。しかしレブロンの才能の片鱗を見せつけることはできた。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たケンドリック・ラマー

    ラッパーのケンドリック・ラマーのファンである。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たカイリー・アービング

    thumb|left|230px|JRスミスのロブパスから豪快なアリウープダンクを決めるレブロンシーズン後、ヒートからFAとなっていたが、2014年7月11日にクリーブランド・キャバリアーズへの復帰を発表した。チームはNBAファイナルまで進出。キャバリアーズはケビン・ラブ、アンダーソン・ヴァレジャオを怪我で欠いており、さらにカイリー・アービングも第1戦で膝皿を骨折し戦列を離れたが、レブロンは第1?3戦で合計123得点を記録し(史上最高記録)、チームも2勝1敗でリードする。しかし第4戦から3連敗し、2勝4敗で優勝を逃した。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たカーメロ・アンソニー

    2006年に日本で開催されたバスケットボール世界選手権ではドウェイン・ウェイド、カーメロ・アンソニーと共に3人のチームキャプテンの1人に指名され主力選手の1人としてプレイし、14.8得点4.8リバウンド4.1アシストの成績を残したが、代表チームはまたしても銅メダルに終わった。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たラリー・ブラウン

    NBAでの1年目が終わった2004年の夏にアテネ五輪にアメリカ代表として出場したが、ベテラン重視のラリー・ブラウンHCの方針により平均14.6分と満足な出場時間を得られず5.8得点、2.6リバウンドの成績にとどまり代表チームは4大会ぶりに金メダルを逃し、現役NBA選手が参加して初めて金メダルを逃すこととなり銅メダルに終わった。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たダーク・ノビツキー

    プレーオフでも存分に活躍した。特にボストン・セルティックスとのカンファレンス・セミファイナルではシーズン中は精細を欠いていたウェイドの活躍もあり勝利、キャバリアーズに所属していた時から何度も煮え湯を飲まされてきた強敵へ勝利したことで男泣きする場面を見せた。カンファレンス・ファイナルでのシカゴ・ブルズとの試合でもこのシーズン史上最年少でMVPに輝いたデリック・ローズのマークをするなど、攻守に渡って充実したパフォーマンスを示して、自身4年ぶりとなるNBAファイナルに進出しダラス・マーベリックスと対戦。しかしファイナルを通して低調な内容に終わり、特に勝負所の4Qでの勝負弱さ、消極性にメディアからは批判が集中した。レブロンがファイナルで記録した平均17.8得点は、レギュラーシーズンの平均26.7得点からは実に8.9得点も下がっており、この落差はNBA歴代ワースト記録となった。また、第5戦の試合前、風邪を押して出場していたダーク・ノビツキーをウェイドと共に茶化すような仕草がカメラに捉えられて騒動となった。結局ヒートは2勝4敗で敗退し、またしても優勝には届かなかった。オフシーズン、ヒートに移籍した経緯やファイナルで期待された活躍が出来なかった事からも、自身の評価を大きく下げると共に、NBAファンや関係者、メディアからは激しいバッシングが巻き起こった。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たティム・ダンカン

    ファイナル3度目の挑戦の相手は得点王ケビン・デュラント率いるオクラホマシティ・サンダー。同ポジションのスーパースターによるマッチアップに期待が集まったがレブロンがデュラントにディフェンスすることはあったが、ディフェンスに難のあるデュラントはレブロンにつけなかった。レブロンにディフェンスでつける選手をサンダーは持っておらず、常にミスマッチが発生しポストアップやドライブで果敢にゴールにアタックすると共にインサイドアウトからのパスを止められずヒートが4勝1敗でシリーズを制した。特に第四戦では足の痙攣を起こしてベンチに引いたものの、その後足を引きずりながら出場して勝利を呼び込む3Pを決めた。ファイナル通して28.6得点・10.2リバウンド・7.4アシストと攻守に渡って活躍し、最終戦ではトリプル・ダブルも記録したレブロンは満場一致でファイナルMVPに選出された。シーズンMVPとファイナルMVPを同じシーズンに受賞したのは2003年のティム・ダンカン以来、NBA歴代でも10人しかいない。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たデリック・ローズ

    プレーオフでも存分に活躍した。特にボストン・セルティックスとのカンファレンス・セミファイナルではシーズン中は精細を欠いていたウェイドの活躍もあり勝利、キャバリアーズに所属していた時から何度も煮え湯を飲まされてきた強敵へ勝利したことで男泣きする場面を見せた。カンファレンス・ファイナルでのシカゴ・ブルズとの試合でもこのシーズン史上最年少でMVPに輝いたデリック・ローズのマークをするなど、攻守に渡って充実したパフォーマンスを示して、自身4年ぶりとなるNBAファイナルに進出しダラス・マーベリックスと対戦。しかしファイナルを通して低調な内容に終わり、特に勝負所の4Qでの勝負弱さ、消極性にメディアからは批判が集中した。レブロンがファイナルで記録した平均17.8得点は、レギュラーシーズンの平均26.7得点からは実に8.9得点も下がっており、この落差はNBA歴代ワースト記録となった。また、第5戦の試合前、風邪を押して出場していたダーク・ノビツキーをウェイドと共に茶化すような仕草がカメラに捉えられて騒動となった。結局ヒートは2勝4敗で敗退し、またしても優勝には届かなかった。オフシーズン、ヒートに移籍した経緯やファイナルで期待された活躍が出来なかった事からも、自身の評価を大きく下げると共に、NBAファンや関係者、メディアからは激しいバッシングが巻き起こった。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たアレクサンダル・パブロビッチ

    2007年のプレーオフのさなか、チームメートのアイラ・ニューブルが始めたダルフール紛争で国際的に非難されているスーダン政府を支援している中国への抗議に対する署名を拒否したため非難を浴びた。この署名運動には当時キャバリアーズに所属していたラリー・ヒューズ、サーシャ・パブロビッチ、ジードルナス・イルガスカスらが署名していた 。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たウサイン・ボルト

    2016年12月、2度目のAP通信選出年間最優秀男性アスリート賞に選ばれる。五輪の英雄、男子競泳のマイケル・フェルプスと陸上短距離選手のウサイン・ボルトを押さえて、堂々の受賞となった。複数回受賞はNBAではマイケル・ジョーダンに続く2人目。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

142件中 41 - 50件表示

「レブロン・ジェームズ」のニューストピックワード