100件中 51 - 60件表示
  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たコスプレ

    人気選手のためメディアへの露出は多く、いわゆるお笑い番組にも出演しており、サタデー・ナイト・ライブではコントに挑戦した。また2007年にはESPNが主催するESPY賞授賞式で、ボビー・ブラウンのコスプレで登場し、歌とダンスを披露。その年のファイナルでレブロンを散々苦しめたブルース・ボウエンを始めとする会場に訪れた著名人達を唖然とさせた。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たサクラメント・キングス

    1試合最多アシスト:16個 (vs サクラメント・キングス 2013年2月26日)レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たフォーブス (雑誌)

    2011年6月、米経済誌フォーブス誌が「最も稼いでいる30歳未満のセレブ」のランキングを発表し、2010年の5月からの1年間で4,800万ドル(日本円で約38億4,000万円)を稼いで3位にランクインした。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たワシントン・ウィザーズ

    05-06シーズンは、レブロンにとってもチームにとっても勝負の年となった。レブロンはプロ入り3年目としてチームでの結果を求められ、チームはこのシーズン後にFAとなるレブロンと契約延長するためにも、より勝てるチーム作りをしなければならなかった。チームは補強に乗り出すが、目玉であったラリー・ヒューズは怪我でシーズンの大半を欠場し、その他の補強組も期待したほどの活躍を見せず、レブロンを取り巻くチーム状況にさして変化はなかった。しかしレブロンは自身初の決勝ブザービーターを決めるなど、これまで足りないと言われてきた勝負強さも兼ね備えるようになり、チームを勝利に導ける選手にまで成長。チームは大きく躍進を果たし、50勝32敗の成績で8年ぶりにプレーオフ進出。自身も2度目のオールスターゲーム出場で29得点6リバウンドをあげて最年少のオールスターMVPに輝き、レギュラーシーズンでは初の30得点オーバーとなる31.4得点7.0リバウンド6.4アシストという好成績を残した。またトッププレイヤーの証明であるオールNBAファーストチームに初めて名を連ね、MVP投票ではスティーブ・ナッシュに次いで2位だった。初のプレーオフでは1回戦のワシントン・ウィザーズとの第1戦で、いきなり31得点11リバウンド11アシストのトリプルダブルをたたき出す。シリーズを4勝2敗で制すると、カンファレンス準決勝ではレギュラーシーズン1位のデトロイト・ピストンズ相手に3勝2敗とリードを奪うが、そこから2連勝されて惜しくも敗退した。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たデトロイト・ピストンズ

    05-06シーズンは、レブロンにとってもチームにとっても勝負の年となった。レブロンはプロ入り3年目としてチームでの結果を求められ、チームはこのシーズン後にFAとなるレブロンと契約延長するためにも、より勝てるチーム作りをしなければならなかった。チームは補強に乗り出すが、目玉であったラリー・ヒューズは怪我でシーズンの大半を欠場し、その他の補強組も期待したほどの活躍を見せず、レブロンを取り巻くチーム状況にさして変化はなかった。しかしレブロンは自身初の決勝ブザービーターを決めるなど、これまで足りないと言われてきた勝負強さも兼ね備えるようになり、チームを勝利に導ける選手にまで成長。チームは大きく躍進を果たし、50勝32敗の成績で8年ぶりにプレーオフ進出。自身も2度目のオールスターゲーム出場で29得点6リバウンドをあげて最年少のオールスターMVPに輝き、レギュラーシーズンでは初の30得点オーバーとなる31.4得点7.0リバウンド6.4アシストという好成績を残した。またトッププレイヤーの証明であるオールNBAファーストチームに初めて名を連ね、MVP投票ではスティーブ・ナッシュに次いで2位だった。初のプレーオフでは1回戦のワシントン・ウィザーズとの第1戦で、いきなり31得点11リバウンド11アシストのトリプルダブルをたたき出す。シリーズを4勝2敗で制すると、カンファレンス準決勝ではレギュラーシーズン1位のデトロイト・ピストンズ相手に3勝2敗とリードを奪うが、そこから2連勝されて惜しくも敗退した。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たニューヨーク・ヤンキース

    ニューヨーク・ヤンキースの大ファンであり、クリーブランド市のフランチャイズチームであるインディアンズがホームでヤンキースと対戦した時、ヤンキースのキャップを被って観戦したため、地元ファンから顰蹙を買った。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たアメリカン・フットボール

    レブロンはアクロンの低所得者地区で生まれた。父親は側におらず、住居を転々としながら16歳の母親と継父によって育てられた。バスケットとアメリカン・フットボールに熱中した少年時代に、レブロンはバスケットのコーチの家に居候するようになった。新しい環境でさらにバスケットの腕を磨いたレブロンは、アマチュア・アスレチック・ユニオンの大会で頭角を現すようになった。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たNBAファイナル

    06-07シーズン、チーム戦績は50勝32敗で前シーズンと変わらなかったが、プレーオフでは順調に勝ち上がり、自身初の、またチームとしては1992年以来のカンファレンス決勝に進出。前シーズンに敗れたデトロイト・ピストンズ相手に、ダブルオーバータイムまでもつれたシリーズ第5戦では48得点(オーバータイムではチームの全得点)をあげるなどのスーパースターにふさわしい活躍を見せ、4勝2敗でこのシリーズを制し、自身初の、そしてチーム史上初のNBAファイナルに進出した。夢のチャンピオンリングまであと4勝となったが、ファイナル、サンアントニオ・スパーズとの対戦ではディフェンスのスペシャリストであるブルース・ボウエンのマッチアップと、スパーズの強固なチームディフェンスの前に苦しみ、4戦全敗で敗退。ファイナル中のレブロンはフィールドゴール成功率35%と精彩を欠いた。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見た最優秀選手 (NBA)

    05-06シーズンは、レブロンにとってもチームにとっても勝負の年となった。レブロンはプロ入り3年目としてチームでの結果を求められ、チームはこのシーズン後にFAとなるレブロンと契約延長するためにも、より勝てるチーム作りをしなければならなかった。チームは補強に乗り出すが、目玉であったラリー・ヒューズは怪我でシーズンの大半を欠場し、その他の補強組も期待したほどの活躍を見せず、レブロンを取り巻くチーム状況にさして変化はなかった。しかしレブロンは自身初の決勝ブザービーターを決めるなど、これまで足りないと言われてきた勝負強さも兼ね備えるようになり、チームを勝利に導ける選手にまで成長。チームは大きく躍進を果たし、50勝32敗の成績で8年ぶりにプレーオフ進出。自身も2度目のオールスターゲーム出場で29得点6リバウンドをあげて最年少のオールスターMVPに輝き、レギュラーシーズンでは初の30得点オーバーとなる31.4得点7.0リバウンド6.4アシストという好成績を残した。またトッププレイヤーの証明であるオールNBAファーストチームに初めて名を連ね、MVP投票ではスティーブ・ナッシュに次いで2位だった。初のプレーオフでは1回戦のワシントン・ウィザーズとの第1戦で、いきなり31得点11リバウンド11アシストのトリプルダブルをたたき出す。シリーズを4勝2敗で制すると、カンファレンス準決勝ではレギュラーシーズン1位のデトロイト・ピストンズ相手に3勝2敗とリードを奪うが、そこから2連勝されて惜しくも敗退した。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たクリーブランド (オハイオ州)

    今回レブロンがここまで激しい批判を受ける結果になってしまったのはヒートに移籍した事だけでなく発表の仕方にも大きな問題があったとされている。レブロンは去就を発表する場としてESPNで「The Decision(決断)」と銘打たれたこの為だけの1時間の特別番組を組んで、全米生中継で大々的に発表するというアメリカスポーツ界でも過去に類を見ない異例の方法をとったのである。そしてレブロンがクリーブランド首脳陣に移籍を決断した旨を伝えたのは、この番組が始める僅か数時間前のことである。この配慮の欠けた発表の仕方にクリーブランド市民は激怒し、NBAファンや関係者からは「傲慢、エゴ、ナルシスト」とレブロンに対する激しいバッシングが巻き起こった。特にクリーブランドではレブロンのユニフォームを燃やす市民の姿がテレビで多く映し出された。今回の一連の移籍騒動によりレブロンの社会的イメージは一時的に「スーパースター」から「裏切り者」へと大きく移り変わり、NBAの一大ヒールとなってしまったが、現在ではNBA随一のスーパースターとして確固たる地位を確立している。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

100件中 51 - 60件表示

「レブロン・ジェームズ」のニューストピックワード