142件中 51 - 60件表示
  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たケビン・ラブ

    thumb|left|230px|JRスミスのロブパスから豪快なアリウープダンクを決めるレブロンシーズン後、ヒートからFAとなっていたが、2014年7月11日にクリーブランド・キャバリアーズへの復帰を発表した。チームはNBAファイナルまで進出。キャバリアーズはケビン・ラブ、アンダーソン・ヴァレジャオを怪我で欠いており、さらにカイリー・アービングも第1戦で膝皿を骨折し戦列を離れたが、レブロンは第1?3戦で合計123得点を記録し(史上最高記録)、チームも2勝1敗でリードする。しかし第4戦から3連敗し、2勝4敗で優勝を逃した。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たデショーン・スティーブンソン

    07-08シーズンのレブロンの活躍は華々しく、得点の分野では年2月27日のボストン・セルティックス戦で通算10000得点を達成。史上最年少の23歳59日での達成はこれまでの最年少記録のコービー・ブライアントの24歳193日を大幅に更新した。またトリプルダブル7回達成はチーム最多記録、2試合連続トリプルダブル2回達成は1988年のマジック・ジョンソン以来の快挙であった。3月5日のニューヨーク・ニックス戦では50得点10アシスト以上を記録したリーグ3人目のプレイヤーとなった。オールスターゲームでは、2回目のオールスターMVPに輝いた。このシーズンの成績は30.0得点7.9リバウンド7.2アシストとMVP級の数字を残し、自身初のリーグ得点王に輝いた。一方でチームはオフの補強が上手くいかず、シーズン序盤から苦戦を強いられ、45勝37敗とレブロンがキャブス入りして以来初めて勝率を落とした。プレーオフ1回戦ではウィザーズと3シーズン連続で対戦。このシリーズではウィザーズのデショーン・スティーブンソンによるレブロンへの挑発行為が話題を集めたが、チームは4勝2敗でウィザーズを退け、カンファレンス準決勝に進出した。準決勝の対戦相手はこのシーズンリーグ首位の成績を収めたボストン・セルティックス。レブロンはセルティックスの強力ディフェンスの前に苦しみ、得点が伸び悩んだが、チームはセルティックスを追い込み、最終第7戦まで粘った。第7戦でようやく本来の姿を取り戻したレブロンは、45得点を記録してセルティックスを追い詰めたが勝利は逃し、2シーズン連続のファイナル進出はならなかった。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たアンダーソン・ヴァレジャオ

    thumb|left|230px|JRスミスのロブパスから豪快なアリウープダンクを決めるレブロンシーズン後、ヒートからFAとなっていたが、2014年7月11日にクリーブランド・キャバリアーズへの復帰を発表した。チームはNBAファイナルまで進出。キャバリアーズはケビン・ラブ、アンダーソン・ヴァレジャオを怪我で欠いており、さらにカイリー・アービングも第1戦で膝皿を骨折し戦列を離れたが、レブロンは第1?3戦で合計123得点を記録し(史上最高記録)、チームも2勝1敗でリードする。しかし第4戦から3連敗し、2勝4敗で優勝を逃した。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たアキーム・オラジュワン

    オフシーズン、チームにローポストゲームが出来る選手が必要と感じると自らその役を買って出てアキーム・オラジュワンの下でポストムーブのイロハを学んだ。11-12シーズンはロックアウトの為、レギュラーシーズンが66試合となる短縮シーズンでの開幕となった。捲土重来を目指したレブロンは27.1得点・7.9リバウンド・6.2アシスト・フィールドゴール成功率53.1%と支配力を増し通算3回目のシーズンMVPを獲得した。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たアイラ・ニューブル

    2007年のプレーオフのさなか、チームメートのアイラ・ニューブルが始めたダルフール紛争で国際的に非難されているスーダン政府を支援している中国への抗議に対する署名を拒否したため非難を浴びた。この署名運動には当時キャバリアーズに所属していたラリー・ヒューズ、サーシャ・パブロビッチ、ジードルナス・イルガスカスらが署名していた 。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たウィルト・チェンバレン

    12-13シーズン、悲願の優勝を果たし名実共にキングとなったレブロンは、1月16日ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦で史上最年少で通算20000得点を達成、さらにNBA歴代2位の連勝新記録となる27連勝、リーグ最高勝率の66勝16敗とマイアミ・ヒートのチーム記録を塗り替える大きな原動力になった。76試合に出場し、26.8点・8.0リバウンド・7.2アシスト・フィールドゴール成功率56.5%・3P成功率40%とキャリア最高のシュート効率を記録し、通算4回目のシーズンMVPを獲得した。これまでシーズンMVPに4回以上選出されたのは、6回のカリーム・アブドゥル・ジャバーをはじめ、5回のマイケル・ジョーダンとビル・ラッセル、4回のウィルト・チェンバレンだけで、レブロンはこの伝説的な選手達に続いて5人目の選手になった。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たダルフール紛争

    2007年のプレーオフのさなか、チームメートのアイラ・ニューブルが始めたダルフール紛争で国際的に非難されているスーダン政府を支援している中国への抗議に対する署名を拒否したため非難を浴びた。この署名運動には当時キャバリアーズに所属していたラリー・ヒューズ、サーシャ・パブロビッチ、ジードルナス・イルガスカスらが署名していた 。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たミルウォーキー・バックス

    1試合最多3P成功数:8 (vs ミルウォーキー・バックス 2009年2月20日)レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たオクラホマシティ・サンダー

    ファイナル3度目の挑戦の相手は得点王ケビン・デュラント率いるオクラホマシティ・サンダー。同ポジションのスーパースターによるマッチアップに期待が集まったがレブロンがデュラントにディフェンスすることはあったが、ディフェンスに難のあるデュラントはレブロンにつけなかった。レブロンにディフェンスでつける選手をサンダーは持っておらず、常にミスマッチが発生しポストアップやドライブで果敢にゴールにアタックすると共にインサイドアウトからのパスを止められずヒートが4勝1敗でシリーズを制した。特に第四戦では足の痙攣を起こしてベンチに引いたものの、その後足を引きずりながら出場して勝利を呼び込む3Pを決めた。ファイナル通して28.6得点・10.2リバウンド・7.4アシストと攻守に渡って活躍し、最終戦ではトリプル・ダブルも記録したレブロンは満場一致でファイナルMVPに選出された。シーズンMVPとファイナルMVPを同じシーズンに受賞したのは2003年のティム・ダンカン以来、NBA歴代でも10人しかいない。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たNHL

    ツイッターとフェイスブックのフォロワー数は2016年6月現在で、ともに3100万人フォロワーを獲得しており、北米4大プロスポーツリーグ(NFL、NBA、MLB、NHL)選手の中では最もフォロワー数の多い人気選手となっている。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

142件中 51 - 60件表示

「レブロン・ジェームズ」のニューストピックワード