342件中 11 - 20件表示
  • 佐川急便東京SC

    佐川急便東京SCから見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    加藤竜二(→ロッソ熊本ロアッソ熊本コーチ)佐川急便東京SC フレッシュアイペディアより)

  • うすた京介

    うすた京介から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    故郷のJリーグチーム・ロアッソ熊本のファンである。『ジャンプ』の巻末コメントに「にわかサッカーファンとしては自分の育った熊本のアルエット熊本(ロアッソ熊本の前身)を応援したい」、「ロアッソ熊本のJ2デビュー戦をテレビで見る事ができた。がんばれ熊本!」等と書いており、時間があればテレビ観戦している。うすた京介 フレッシュアイペディアより)

  • 北嶋秀朗

    北嶋秀朗から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    北嶋 秀朗(きたじま ひであき、1978年5月23日 - )は、千葉県習志野市出身のサッカー選手。元日本代表。Jリーグ・ロアッソ熊本所属。ポジションはフォワード。愛称はキタジ。北嶋秀朗 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎 美子

    宮崎美子から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    故郷のサッカークラブ・ロアッソ熊本の社長である岡英生とは熊本高校時代の同級生という縁もあり、ロアッソ熊本の試合が行なわれる際は、マネージャーを帯同させずに1人で応援に行ったりしている。また、ロアッソ熊本の情報誌「K'move」にも応援コメントを寄せている。宮崎美子 フレッシュアイペディアより)

  • 松本山雅FC

    松本山雅FCから見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    元甲府の土橋宏由樹と白尾秀人、元熊本の奈良安剛といった元Jリーガーを中心に補強。開幕戦で前年度1部リーグ覇者の長野エルザサッカークラブ(現AC長野パルセイロ)を破り、リーグ戦最終節まで長野及びJAPANサッカーカレッジ(JSC)と優勝を争い、勝ち点1差で2位(優勝はJSC)。また、9年ぶりに天皇杯へ出場した(2回戦で新日鐵大分サッカー部に敗退)。松本山雅FC フレッシュアイペディアより)

  • 熊本放送

    熊本放送から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    VIVA! ROASSO RADIO(火曜 21:00〜21:30) - Jリーグ所属の地元プロサッカークラブロアッソ熊本の応援番組熊本放送 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木晃平

    黒木晃平から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    黒木 晃平(くろき こうへい、1989年7月31日 - )は、熊本県出身でJリーグ・ロアッソ熊本所属のプロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。黒木晃平 フレッシュアイペディアより)

  • セレッソ大阪

    セレッソ大阪から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    8月30日の熊本戦からは10勝3分と勝ち点を積み重ね、11月8日に草津に5-0で勝利をおさめ、J1昇格が決定。同時に勝ち点100越えを達成した。J2で勝ち点100以上を達成したチームは川崎、広島に次いで3チーム目(ただし川崎は44試合、広島は42試合)。シーズンを通じて昇格圏外に落ちることはなかった。セレッソ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • マルセロ・ゴメス・ソアレス

    マルセロ・ゴメス・ソアレスから見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    来日当初こそ、キャンプでは周りの選手との格の違いを見せつけ、一部の関係者からは「フッキのような選手」という高評価を得ていたが、シーズンが開幕するとなかなか得点を記録できなかった。2009年J2第10節ロアッソ熊本戦でゴールを決めると徐々に復調し、5月30日に行われたJ2第18節水戸ホーリーホック戦では二回目の一試合二得点ゴールを決めた。シーズン最後の2試合では先発出場し2得点を挙げる。特に第50節の徳島戦ではチームの4得点すべてに絡む大活躍を見せた。マルセロ・ゴメス・ソアレス フレッシュアイペディアより)

  • 山口武士

    山口武士から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    高校在学時はユース代表に選ばれるなどチームの中心選手として活躍。高校卒業後、鹿島アントラーズとプロ契約を結ぶ。同期には小笠原満男、本山雅志、中田浩二、曽ヶ端準、中村祥朗といったユース代表の常連だった選手たちがいる。怪我が多く、2000年にレンタル移籍した大分トリニータ時代も含めJリーグでの出場はなかった。2002年にJFLのソニー仙台へ移籍。2005年には地元熊本のロッソ熊本へ移籍。山口武士 フレッシュアイペディアより)

342件中 11 - 20件表示

「ロアッソ熊本」のニューストピックワード