342件中 31 - 40件表示
  • 堤俊輔

    堤俊輔から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    2010年2月20日に行われたプレシーズンマッチ、対徳島戦で左サイドバックとして先発出場。久々に実戦復帰を果たし、シーズン開始後はリーグ戦とカップ戦、それぞれ1試合に出場。しかし、長期離脱した影響で試合勘が戻っておらず低調なパフォーマンスに終始し、その後は出場機会に恵まれず、同年6月よりロアッソ熊本に期限付き移籍した。熊本では移籍直後からDF市村篤司の故障もあり、主力選手として活躍し、熊本の躍進に貢献した。堤俊輔 フレッシュアイペディアより)

  • 森本惟人

    森本惟人から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    山口県立下関中央工業高等学校、第一経済大学を経て、2004年にアルエット熊本に入団するも1年で退団。森本惟人 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見聡貴

    鶴見聡貴から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    移籍当初の鳥取は開幕5試合未勝利と不振を極めていたが、鳥取デビュー戦となるJFL・前期第6節のロッソ熊本戦で決勝ゴールを挙げる活躍を見せると、すぐにファンから認知されるまでになる。この年のシーズンは、JFLでのチーム最多タイとなる7得点を挙げ、シーズン終了後は去就が注目されたが、期限付き移籍の1年延長が発表された。鶴見聡貴 フレッシュアイペディアより)

  • 第75回全国高等学校サッカー選手権大会

    第75回全国高等学校サッカー選手権大会から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    北嶋秀朗(市立船橋→柏→清水→柏→熊本第75回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • ジョアン・フランシスコ・デ・サレス

    ジョアン・フランシスコ・デ・サレスから見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    ブラジルのクラブチームを転々としていたところヴァンフォーレ甲府からの誘いを受け、2008年6月にマラニョンとともに来日。J2第26節・対ロアッソ熊本戦でデビューするとマラニョンとともに活躍し、短い期間で6得点を挙げて、得点力不足に喘いでいた甲府が躍進する原動力となった。しかし、金銭面・戦力バランス面からマラニョンと同時に残留させることにクラブが難色を示し、同年限りで退団。ジョアン・フランシスコ・デ・サレス フレッシュアイペディアより)

  • 船津佑也

    船津佑也から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    2003年に湘南ベルマーレへレンタル移籍。翌年、完全移籍するも同年限りで戦力外となる。2005年にロッソ熊本へ移籍するが公式戦開幕前に退団。2006年にニューウェーブ北九州(現・ギラヴァンツ北九州)に移籍。船津佑也 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本主税

    藤本主税から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    藤本 主税(ふじもと ちから、1977年10月31日 - )は、山口県出身のサッカー選手(MF)。元日本代表。Jリーグのロアッソ熊本所属。中学・高校時代を徳島で過ごしたことから、ゴールを決めると阿波踊りのパフォーマンスをする。藤本主税 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木祐輔

    鈴木祐輔から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    埼玉県の名門武南高校を卒業後、駒澤大学に進学。大学では1年時から出場機会を得る。高校、大学共に最高学年ではキャプテンを務めた。大学卒業後、大学同期の太洋一、関光博、大瀬良直人と共にロッソ熊本とプロ契約を結ぶが、怪我などもありレギュラー定着には至らず、2008年をもってロアッソ熊本から解雇された。鈴木祐輔 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋祐太郎

    高橋祐太郎から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    高橋 祐太郎(たかはし ゆうたろう、1987年10月3日-)は、福岡県八女市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ロアッソ熊本所属。ポジションは、フォワード、ディフェンダー。実兄の高橋大輔もプロサッカー選手。高橋祐太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高部聖

    高部聖から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    2005年 - 2006年10月 ロッソ熊本高部聖 フレッシュアイペディアより)

342件中 31 - 40件表示

「ロアッソ熊本」のニューストピックワード