342件中 71 - 80件表示
  • サガン鳥栖

    サガン鳥栖から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    選手では、DF犬塚友輔、DF守田創と契約を更新せず、期限付き移籍終了でMF岡本知剛(広島に復帰)、DF金根煥(横浜FMに復帰後新潟に完全移籍)、FWトジンが退団した。また、2012年途中から富山に期限付き移籍していたMF國吉貴博が富山に完全移籍、DF黒木恭平は愛媛に、MF黒木晃平は熊本にそれぞれ期限付き移籍することとなった。サガン鳥栖 フレッシュアイペディアより)

  • AC長野パルセイロ

    AC長野パルセイロから見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    ビエイラ体制3年目。プロ契約の貞富と丸山が退団した一方、元ロアッソ熊本の鈴木祐輔、NECトーキンの大橋良隆、長野県出身で佐川印刷の野澤健一などが加入。柏レイソルの大島嵩弘をレンタル移籍で獲得した。北信越リーグはJAPANサッカーカレッジ(JSC)に次いで2位となった。全社は準決勝で敗退。シーズン後にビエイラが監督を退任した。AC長野パルセイロ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    我那覇と箕輪がそれぞれ神戸、札幌に完全移籍し、原田拓が熊本へ、大橋正博がKリーグ江原へ、レンタル移籍だった都倉賢(草津)、西山貴永(仙台)が完全移籍するなど7選手が退団。また、FC東京にレンタル移籍していた佐原秀樹のレンタル期間が1年延長された。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 早川エジソン正吉

    早川エジソン正吉から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    2010年4月にファビオとターレスの2人のブラジル人選手が入団した関係で、通訳を探していたロアッソ熊本でパートタイムとして通訳の仕事に再び就き、2011年にはスタッフとして正式採用された。約2年間通訳を務めた後、2012年1月12日に退団が発表された。早川エジソン正吉 フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・ヤン・フェレイラ

    パブロ・ヤン・フェレイラから見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    パブロ・ヤン・フェレイラ(Pablo Yan Ferreira, 1994年8月30日 - )は、ブラジル出身で日本に帰化しているプロサッカー選手。Jリーグ・ロアッソ熊本所属。ポジションはFW。パブロ・ヤン・フェレイラ フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県民総合運動公園陸上競技場

    熊本県民総合運動公園陸上競技場から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟のロアッソ熊本のホームスタジアムとして知られる他、ジャパンラグビートップリーグの試合、駅伝や各種陸上競技大会なども開催される。熊本県民総合運動公園陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    藏川洋平が退団、パク・ドンヒョクが大連実徳に、仙石廉(岡山)、池元友樹(北九州)がそれぞれレンタル移籍していたにチームに完全移籍、兵働昭弘が千葉に、相馬大士がJFL・FC琉球に、岡山にレンタル移籍していた山崎正登がFC岐阜に、JFL・秋田にレンタル移籍していた比嘉厚平が山形に、FC岐阜にレンタル移籍していたエフライン・リンタロウがJFL・秋田にレンタル移籍、武富孝介の熊本への期限付き移籍期間も延長した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • ギラヴァンツ北九州

    ギラヴァンツ北九州から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    1947年創部の三菱化成黒崎サッカー部が前身となり、2010年に九州地区ではロアッソ熊本に次いで5番目の、福岡県ではアビスパ福岡に次いで2番目のJリーグ加盟クラブとなった。現在の運営会社は株式会社ギラヴァンツ北九州である(2011年2月に株式会社ニューウェーブ北九州から商号を変更)。ギラヴァンツ北九州 フレッシュアイペディアより)

  • 水前寺 清子

    水前寺清子から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本応援イメージソング 「HIKARI 〜輝く未来へ〜」を歌った縁から、J2・ロアッソ熊本のファンであることを自ら公言している。水前寺清子 フレッシュアイペディアより)

  • 福嶋洋

    福嶋洋から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    都立駒場高校から2001年にアビスパ福岡に入団。U-22日本代表も経験した。2005年10月からロッソ熊本にレンタル移籍中であったが2006年12月に所属元の福岡が契約更新を行わない事を発表。福嶋洋 フレッシュアイペディアより)

342件中 71 - 80件表示

「ロアッソ熊本」のニューストピックワード