342件中 81 - 90件表示
  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    鈴木体制3年目。ホドリゴ・ピンパォン、李天秀、2010年2月に右大腿骨骨肉腫を患い、人工関節への置換手術を受け復帰を目指していた塚本泰史が退団(その後アンバサダーに就任)。7年間在籍していた藤本主税が熊本に、石原直樹が広島に、杉山新が横浜FCに、2年間岐阜にレンタル移籍していた新井涼平が北九州に完全移籍。木原正和が福岡へ、宮崎泰右が湘南にレンタル移籍。富山にレンタル移籍していた福田俊介、大分にレンタル移籍していた土岐田洸平はレンタル移籍期間延長となった。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    2010年より、ロアッソ熊本の監督に就任。守備に重点に置きながらカウンターを狙うという戦術が功を奏して失点数を大幅に減らすことに成功し、J2昇格後3年目のチームを初めて1桁順位(7位)に押し上げた。しかし翌年11位に後退、更にその次2012年も12位以下(つまり、Bクラス)が確定したことから、クラブは2012年11月8日、同年シーズンの公式試合が終了次第退任させることを発表した。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 金川幸司

    金川幸司から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    関西学生サッカーリーグ2年連続得点王の実績を引き下げ、2000年に大宮アルディージャに加入。しかし大宮では出番に恵まれず、2001年6月にJFLのNTT西日本熊本FCに期限付き移籍し、中心選手として活躍したが同年末に所属元の大宮から戦力外通告を受ける。レンタル先の熊本などから移籍のオファーがあったものの、海外に新天地を求めオーストラリアのパイン・リバースに移籍し、2005年までプレーした。2006年よりセレッソ大阪のサッカースクールコーチを務めている。金川幸司 フレッシュアイペディアより)

  • 濱田照夫

    濱田照夫から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    大津高校3年時はキャプテンとしてチームを牽引。また熊本県選抜では国体で準優勝を飾る。高校の同級生には櫛野亮、福留亮などがいる。鹿屋体育大学在学時には九州大学選抜に選ばれる。大学卒業後は沖縄かりゆしFCでプレーしJリーグを目指すが、2003年に沖縄かりゆしFCの他の選手と共にFC琉球を結成。2005年に地元熊本のロッソ熊本に移籍。2006年限りで同チームを退団し、2007年よりFC琉球に復帰した。同年のシーズン終了後引退を発表したが、2008年シーズンより九州サッカーリーグに昇格した、地元のヴァンクール熊本にて現役復帰。現在鎮西高校にて監督を務める。濱田照夫 フレッシュアイペディアより)

  • ルネモちゃん

    ルネモちゃんから見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    2009年8月30日、熊本のJリーグチームロアッソ熊本の試合に、ルネサンス熊本フットボールクラブの選手が応援に駆けつけ、ルネサンスの選手のインタビュー時にロアッソ熊本のキャラクターであるロアッソくんがルネモちゃんのデザインされた団扇(うちわ)を振る姿がオーロラビジョンで目撃された。ルネモちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 鎌田安啓

    鎌田安啓から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    大学卒業後、2004年にコンサドーレ札幌に入団したが年末に戦力外となり、2005年に同じく札幌に在籍していた河端和哉や市村篤司とともにロッソ熊本(現・ロアッソ熊本)に入団した。2007シーズンからV・ファーレン長崎へ移籍。同年7月にFC琉球へ移籍。2008年シーズン終了後に現役引退。鎌田安啓 フレッシュアイペディアより)

  • 車智鎬

    車智鎬から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    オーストラリアのメルボルン・ナイツを経て2008年よりロアッソ熊本に加入。ロアッソ熊本初の外国人選手となった。開幕戦から主にサイドハーフとして活躍するも、5月に故障により2ヶ月間離脱。怪我から復帰後は主に左サイドバックとしてプレーした。しかし2009年は怪我や原田拓の加入などにより出場機会が減少し、同年7月21日に韓国・Kリーグの浦項スティーラースへの完全移籍が決定した。またプライベートでは6月23日に熊本放送アナウンサーの山田法子と入籍した。車智鎬 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚俊介

    大塚俊介から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    2008年1月15日、ロアッソ熊本のフィジカルコーチに就任した。4年間熊本のフィジカールコーチを務めた後、2012年よりジェフユナイテッド千葉に移籍した。大塚俊介 フレッシュアイペディアより)

  • 森戸壮介

    森戸壮介から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    2004年に横浜FCに加入。岩倉一弥と共にOSAサッカークラブ出身の初のプロサッカー選手。1年で戦力外となり、2005年はSC鳥取、バンディオンセ神戸、ロッソ熊本と移籍を繰り返すが出場機会には恵まれなかった。2006年に移籍した沖縄かりゆしFCでは主力選手として活躍。2008年にFC琉球へ移籍。前期は出場機会に恵まれなかったが、後期にはセンターバックとしてレギュラーを獲得した。2009年、関東サッカーリーグ1部・Y.S.C.C.に移籍。森戸壮介 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県民総合運動公園

    熊本県民総合運動公園から見たロアッソ熊本ロアッソ熊本

    公園内には、パークドーム熊本、サッカー場、ラグビー場、スポーツ広場と、芝生(パークドーム熊本は人工芝)のサッカースタジアムが6面あり、2002年のFIFAワールドカップの際には、その6つのスタジアムを使い、ベルギー代表がキャンプを行った。熊本県民総合運動公園陸上競技場ではこれまでJ1公式戦、J2公式戦も開催されており、2008年以降はJリーグ・ロアッソ熊本のホームスタジアムとして使用されている。熊本県民総合運動公園 フレッシュアイペディアより)

342件中 81 - 90件表示

「ロアッソ熊本」のニューストピックワード