170件中 21 - 30件表示
  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た池谷友良

    韓国から車智鎬を完全移籍で、G大阪から中山悟志をレンタル移籍で獲得。あとは高校生2人(吉田智志、網田慎)を獲得した。JFL昇格時のメンバーを中心としたメンバー構成で戦った1年目はシーズン終盤には8試合無敗となるなど、10勝13分19敗で12位の結果を残した。5月12日に九州産交取締役を務めた経験のある岡英生が社長に就任。8月12日には、池谷友良がゼネラルマネージャー(GM)を兼任する事が発表された。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た根占真伍

    高木体制2年目。神戸よりエジミウソン、横浜FCより岩丸史也、根占真伍を完全移籍で、FC岐阜SECONDより片山朗を獲得。清水より長沢駿及び廣井友信、柏より武富孝介が期限付き移籍。新卒では中京大学体育会サッカー部より齊藤和樹、大阪教育大学体育会サッカー部より田中俊一、柏U-18より仲間隼斗が入団した。この他、元福岡の通訳である早川エジソン正吉が正規スタッフとなった。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た早川エジソン正吉

    高木体制2年目。神戸よりエジミウソン、横浜FCより岩丸史也、根占真伍を完全移籍で、FC岐阜SECONDより片山朗を獲得。清水より長沢駿及び廣井友信、柏より武富孝介が期限付き移籍。新卒では中京大学体育会サッカー部より齊藤和樹、大阪教育大学体育会サッカー部より田中俊一、柏U-18より仲間隼斗が入団した。この他、元福岡の通訳である早川エジソン正吉が正規スタッフとなった。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た石井俊也

    池谷が監督を退任しGM職に専念する事となったため、後任として北野誠が就任した。レンタル移籍だった中山悟志、松岡康暢が完全移籍。京都から石井俊也を、甲府から宇留野純を、名古屋から元日本代表の藤田俊哉を完全移籍で獲得。G大阪から木下正貴をレンタル移籍で獲得した。リーグ戦は前年を下回る14位の成績であり、シーズン終了後に北野が監督を退任した。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た武富孝介

    高木体制2年目。神戸よりエジミウソン、横浜FCより岩丸史也、根占真伍を完全移籍で、FC岐阜SECONDより片山朗を獲得。清水より長沢駿及び廣井友信、柏より武富孝介が期限付き移籍。新卒では中京大学体育会サッカー部より齊藤和樹、大阪教育大学体育会サッカー部より田中俊一、柏U-18より仲間隼斗が入団した。この他、元福岡の通訳である早川エジソン正吉が正規スタッフとなった。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た木下正貴

    池谷が監督を退任しGM職に専念する事となったため、後任として北野誠が就任した。レンタル移籍だった中山悟志、松岡康暢が完全移籍。京都から石井俊也を、甲府から宇留野純を、名古屋から元日本代表の藤田俊哉を完全移籍で獲得。G大阪から木下正貴をレンタル移籍で獲得した。リーグ戦は前年を下回る14位の成績であり、シーズン終了後に北野が監督を退任した。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た山崎侑輝

    補強は、C大阪から高橋祐太郎、川崎から昨シーズン甲府にレンタル移籍した養父雄仁、岡山から白谷建人、大宮から藤本主税、栃木から崔根植を完全移籍で獲得、関西サッカーリーグ・アイン食品サッカー部に所属していた畑実及びFC琉球に所属していた経験のある田島翔が新加入した。また、ロアッソユース創設以来、初のトップチーム昇格で甲斐敬介が加入。新卒では宮崎産業経営大学サッカー部所属の五領淳樹が加入した。前年から引き続き九州産業大学サッカー部所属の田中達也、新たに鹿屋体育大学サッカー部に所属している山崎侑輝が特別指定選手となった。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見たサガン鳥栖

    最終戦アウェイ鳥栖戦(ベストアメニティスタジアム)では、鳥栖のJ1昇格が前節で事実上決定していた為、試合終了後にサポーターが「サガン鳥栖を愛する全ての人へ 堅忍不抜の努力に敬意を表します 追いつき追い越すまでJ1にいてね?」という段幕を掲げ、サガン鳥栖コールを繰り返して祝福した。これに対し、鳥栖市からお礼状が届き、また、サガン・ドリームス代表取締役会長井川幸広が感謝の意を述べた。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た徳島ヴォルティス

    東京V元監督の高木琢也が監督に就任。木島良輔、小森田友明、石井俊也、中山悟志、山本翔平らが退団した一方、レンタル移籍であった木下正貴を完全移籍で獲得。また、柏から南雄太、神戸から松橋章太といった日本代表経験選手を完全移籍で、名古屋より平木良樹がレンタル移籍、徳島にレンタル移籍していた筑城和人、元山形の渡辺匠を完全移籍で獲得。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見たファジアーノ岡山

    リーグ戦前半は前年からの堅守路線を継続して昇格圏を伺う位置にいたが、アウェイFC東京戦で0-5と大敗してからは高木体制初の3連敗を喫し、東京V、岡山に大敗するなど守備崩壊が顕著になり、昨年よりも下位となる11位で終了。シーズンを通して3点以上得点した試合が全く無く、チームの総得点は33点で2011年のJ2リーグ20チーム中最低を記録した。天皇杯は初戦(2回戦)で、鳥取に敗退。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

170件中 21 - 30件表示

「ロアッソ熊本」のニューストピックワード