170件中 31 - 40件表示
  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た商標

    2004年に発足した「熊本にJリーグチームを」県民推進運動本部は、アルエット熊本を母体としてプロサッカークラブを設立する方針を決定。2004年12月に運営会社として株式会社アスリートクラブ熊本(AC熊本)を設立し、2005年2月にロッソ熊本が発足した。なお、2008年に商標権の問題で「ロアッソ熊本」へ改称した。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た柏レイソル

    東京V元監督の高木琢也が監督に就任。木島良輔、小森田友明、石井俊也、中山悟志、山本翔平らが退団した一方、レンタル移籍であった木下正貴を完全移籍で獲得。また、から南雄太、神戸から松橋章太といった日本代表経験選手を完全移籍で、名古屋より平木良樹がレンタル移籍、徳島にレンタル移籍していた筑城和人、元山形の渡辺匠を完全移籍で獲得。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た清水エスパルス

    高木体制2年目。神戸よりエジミウソン、横浜FCより岩丸史也、根占真伍を完全移籍で、FC岐阜SECONDより片山朗を獲得。清水より長沢駿及び廣井友信、柏より武富孝介が期限付き移籍。新卒では中京大学体育会サッカー部より齊藤和樹、大阪教育大学体育会サッカー部より田中俊一、柏U-18より仲間隼斗が入団した。この他、元福岡の通訳である早川エジソン正吉が正規スタッフとなった。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見たガイナーレ鳥取

    リーグ戦前半は前年からの堅守路線を継続して昇格圏を伺う位置にいたが、アウェイFC東京戦で0-5と大敗してからは高木体制初の3連敗を喫し、東京V、岡山に大敗するなど守備崩壊が顕著になり、昨年よりも下位となる11位で終了。シーズンを通して3点以上得点した試合が全く無く、チームの総得点は33点で2011年のJ2リーグ20チーム中最低を記録した。天皇杯は初戦(2回戦)で、鳥取に敗退。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た天皇杯全日本サッカー選手権大会

    なお、形式上、ロアッソの前身はアルエット熊本であるが、ロアッソへの移行の際にチーム名称以外にチームカラー・エンブレム・所属選手など全て変更されたため、新たにクラブが発足した2005年がロアッソの創設年とロアッソやJリーグのホームページにも記載され、アルエット熊本とロアッソは別のクラブと見なされている。ただし、天皇杯全日本サッカー選手権大会の出場回数はアルエット熊本時代からの通算である。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見たヴィッセル神戸

    東京V元監督の高木琢也が監督に就任。木島良輔、小森田友明、石井俊也、中山悟志、山本翔平らが退団した一方、レンタル移籍であった木下正貴を完全移籍で獲得。また、柏から南雄太、神戸から松橋章太といった日本代表経験選手を完全移籍で、名古屋より平木良樹がレンタル移籍、徳島にレンタル移籍していた筑城和人、元山形の渡辺匠を完全移籍で獲得。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た熊本市

    ロアッソ熊本(ロアッソくまもと、Roasso Kumamoto)は、日本の熊本県熊本市にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た田中俊一

    高木体制2年目。神戸よりエジミウソン、横浜FCより岩丸史也、根占真伍を完全移籍で、FC岐阜SECONDより片山朗を獲得。清水より長沢駿及び廣井友信、柏より武富孝介が期限付き移籍。新卒では中京大学体育会サッカー部より齊藤和樹、大阪教育大学体育会サッカー部より田中俊一、柏U-18より仲間隼斗が入団した。この他、元福岡の通訳である早川エジソン正吉が正規スタッフとなった。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た岩丸史也

    高木体制2年目。神戸よりエジミウソン、横浜FCより岩丸史也、根占真伍を完全移籍で、FC岐阜SECONDより片山朗を獲得。清水より長沢駿及び廣井友信、柏より武富孝介が期限付き移籍。新卒では中京大学体育会サッカー部より齊藤和樹、大阪教育大学体育会サッカー部より田中俊一、柏U-18より仲間隼斗が入団した。この他、元福岡の通訳である早川エジソン正吉が正規スタッフとなった。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た白谷建人

    補強は、C大阪から高橋祐太郎、川崎から昨シーズン甲府にレンタル移籍した養父雄仁、岡山から白谷建人、大宮から藤本主税、栃木から崔根植を完全移籍で獲得、関西サッカーリーグ・アイン食品サッカー部に所属していた畑実及びFC琉球に所属していた経験のある田島翔が新加入した。また、ロアッソユース創設以来、初のトップチーム昇格で甲斐敬介が加入。新卒では宮崎産業経営大学サッカー部所属の五領淳樹が加入した。前年から引き続き九州産業大学サッカー部所属の田中達也、新たに鹿屋体育大学サッカー部に所属している山崎侑輝が特別指定選手となった。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

170件中 31 - 40件表示

「ロアッソ熊本」のニューストピックワード