前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示
  • クリフ・リー

    クリフ・リーから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    、フィリーズはワールドシリーズ連覇に向け、先発投手を補強するため、ロイ・ハラデイの獲得を試みたが、交換相手で折り合いがつかず交渉は不成立に終わった。その後、リー獲得に向け、ドジャースを上回るトレード要員を提示し、7月29日にベン・フランシスコと共にカルロス・カラスコ、ルー・マーソン、ジェイソン・ドナルド、ジェイソン・ナップとの交換トレードでフィラデルフィア・フィリーズへ移籍した。移籍後は球団史上のマーティ・バイストロム以来となる最初の先発登板から5戦・5勝を記録。ニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズでは第1戦と第5戦に登板し、いずれも勝ち投手となったが、チームは敗れて連覇は成らなかった。クリフ・リー フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のメジャーリーグベースボール

    2013年のメジャーリーグベースボールから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    4月14日 - フィラデルフィア・フィリーズのロイ・ハラデイが対フロリダ・マーリンズ戦(マイアミ)で通算200勝2013年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • J.P.リッチアーディ

    J.P.リッチアーディから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    リッチアーディは積極的な補強を行うことで、ヤンキース、レッドソックスと同地区という厳しい条件ながら2006年に87勝75敗で地区2位となるなど一定の成果を上げた。それ以外にも2003年と2008年に二桁の貯金を記録するなど、激戦区のア・リーグ東地区で健闘を見せた。また、生え抜きの実力者であるロイ・ハラデイ、アーロン・ヒルと金額の高騰を避けつつ長期契約を結んだことや、アダム・リンド、アーロン・ヒル、トラビス・スナイダー、ジェシー・リッチ、ショーン・マーカム、リッキー・ロメロ、ブレット・セシルら現在の中心選手をドラフトで指名したことは高い評価を受けている。トレードの成功例としては、ホセ・バティスタ、マルコ・スクータロらが挙げられる。マイナー契約で獲得したスコット・ダウンズは、後にリーグを代表する救援左腕へと成長した。J.P.リッチアーディ フレッシュアイペディアより)

  • トロント・ブルージェイズ

    トロント・ブルージェイズから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    は投手陣に故障者が続出し、新人主体の先発ローテーションを余儀なくされる。序盤は好調で40試合消化時点では27勝13敗で地区首位に立っていた。しかし、直後に9連敗を喫すると、それ以降は急激に失速し、2年連続の地区4位に終わった。大型契約失敗を繰り返したリッチアーディGMは10月3日に解任され、後任にアレックス・アンソポロスが就任した。オフシーズンにはエースのロイ・ハラデイがフィラデルフィア・フィリーズにトレードされ、チームは再建へと舵を切った。トロント・ブルージェイズ フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    1月14日にニューヨーク市内のホテルで行われた入団会見には、約300人の報道陣に加え、球団社長のランディ・レバイン、監督のジョー・トーリ、ロジャー・クレメンス、ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグらも出席した。松井は「ヤンキースはメジャーの中でも素晴らしい伝統がある。素晴らしいプレーヤーがたくさん在籍した球団。自分の中でも一番刺激があるチームで自分の力を存分に発揮したかった」と語った。巨人からFA権を行使して移籍したのは1994年の駒田徳広(横浜へ移籍)以来2人目であった。海外FAは巨人史上初。ヤンキース史上初のアジア人打者(日本人で初めてヤンキースとメジャー契約したのは投手である伊良部秀輝)である。3月31日、公式戦開幕試合のトロント・ブルージェイズ戦に5番レフトで先発出場し、初回にロイ・ハラデイから左翼前への適時打を放ち、初打席・初安打・初打点を記録。4月8日の本拠地開幕戦、ミネソタ・ツインズ戦では前打者のバーニー・ウィリアムスが敬遠された後の打席で2-3からジョー・メイズの145km/hをライトスタンドに叩き込む、メジャー初本塁打となる満塁本塁打を放つ。4月12日にはメジャー初のサヨナラ安打を放つ。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ 最近の出来事 2010年11月

    スポーツ 最近の出来事 2010年11月から見たロイ・ハラデーロイ・ハラデイ

    (大リーグ)MLB、ナ・リーグの今季サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)をフリーズのロイ・ハラデー投手が受賞した。同投手は2度目の受賞であり、今季は33試合に先発し、21勝10敗、イニング数、完投数でリーグトップ。スポーツ報知スポーツ 最近の出来事 2010年11月 フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・パーシー

    デビッド・パーシーから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイ、ジェシー・リッチに次ぐ先発3番手としてスタートしたが、5試合に先発して0勝2敗、防御率7.01という不振に陥り、AAA級ラスベガス・フィフティワンズへ降格した。ラスベガスでは24試合に先発し、9勝6敗、防御率4.46という成績だった。9月に入ると、新人のマーク・ゼプチンスキー、ブレット・セシルが年間投球回数制限に達してローテーションから外れたため、先発要員として再びメジャーに昇格した。復帰後の3試合では18回2/3を投げて防御率2.89と好調で、シト・ガストン監督も「春先よりも良くなっている」と語り、翌年の先発候補として期待を寄せた。しかし、シーズン最終登板となった10月2日のボルチモア・オリオールズ戦では3回7失点と炎上し、結局この年は1勝しか挙げることが出来なかった。デビッド・パーシー フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・テイラー (野球)

    マイケル・テイラー (野球)から見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    2009年12月15日、ロイ・ハラデイとのトレードでカイル・ドレイベック、トラビス・ダーノーと共にトロント・ブルージェイズへ移籍したが、その直後にブレット・ウォレスとのトレードでオークランド・アスレチックスへ移籍した。このオフには、「ベースボール・アメリカ」誌選定の有望株ランキングにおいて、球団内ではクリス・カーターに次ぐ2位、マイナー全体では29位の評価を受けた。マイケル・テイラー (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・スローイー

    ケビン・スローイーから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    は6月19日のヒューストン・アストロズ戦でロイ・ハラデイに次ぐ、リーグ2番目の早さで10勝に到達。7月3日のデトロイト・タイガース戦で右手首の痛め、3回で降板、翌4日に故障者リスト入り。その後、右手首手術を受け、リハビリと回復に2カ月から4カ月を要すとみられ、シーズンを終えた。ケビン・スローイー フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・マーカム

    ショーン・マーカムから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    はそれまでブルージェイズのエースを担ってきたロイ・ハラデイが移籍したため、彼に代わる開幕投手に指名される。好投するもなかなか勝ち星に恵まれない状況にあったが、5月2日のオークランド・アスレチックス戦で7回1失点の好投で勝ち投手となり、2008年9月以来となる公式戦での勝利投手となった。最終的に自己最多の13勝を挙げ、先発登板数・投球回数・奪三振・WHIPでも自己最高を更新した。ショーン・マーカム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示