54件中 11 - 20件表示
  • ジェシー・リッチ

    ジェシー・リッチから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    は開幕からローテーション入りし、5月24日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦でメジャー初完封。6,7月に調子が落ち込み、一時マイナー落ちも経験したが、8月に復帰してからは防御率1.94と好調を維持し、最終的に、29試合に登板して176イニングを投げ、初の二桁勝利となる13勝をあげた。これはいずれも2枚看板のロイ・ハラデイ、A.J.バーネットに次いでチーム3位の成績であった。ジェシー・リッチ フレッシュアイペディアより)

  • アーマンド・ガララーガの幻の完全試合

    アーマンド・ガララーガの幻の完全試合から見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    MLBにおいて完全試合は、からまでの134年間(19世紀に2度、20世紀に14度、21世紀に2回)で計18回記録されていた。単純計算すれば、およそ7年半に1試合という割合になる。から2009年までの30年間に限れば計9回達成されており、頻度が高まってはいるが、それでも滅多に起こることではない。ところが2010年になって、5月9日にダラス・ブレイデン(オークランド・アスレチックス)が、同月29日にはロイ・ハラデイ(フィラデルフィア・フィリーズ)が、それぞれ完全試合を達成。1年に2度達成されたのは以来130年ぶりのことであり、もし年内に3度目があれば史上初の出来事となる状況だった。アーマンド・ガララーガの幻の完全試合 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のMLBオールスターゲーム

    2006年のMLBオールスターゲームから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    先発投手は、ナショナルリーグがブラッド・ペニー、アメリカンリーグがケニー・ロジャース。アメリカンリーグは1回、ペニーの前に3者連続三振に倒れる。しかし2回にブラディミール・ゲレーロがソロ本塁打を放ち、アメリカンリーグが先制する。ナショナルリーグはその裏にデビッド・ライトがソロ本塁打を放ち、すぐに同点に追いつく。3回裏、ロイ・ハラデイの暴投でカルロス・ベルトランが生還し、ナショナルリーグが1点を勝ち越す。2006年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のMLBオールスターゲーム

    2009年のMLBオールスターゲームから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    先発投手は、ナショナルリーグがティム・リンスカム、アメリカンリーグがロイ・ハラデイ。初回アメリカンリーグが2点を挙げ先制。2回にナショナルリーグがヤディアー・モリーナの安打とプリンス・フィルダーの二塁打で3点を挙げ、逆転。その後、アメリカンリーグが5回にジョー・マウアーの二塁打で同点に追いつき、8回にカーティス・グランダーソンが三塁打を放ち、アダム・ジョーンズの犠牲フライで逆転。9回にマリアノ・リベラが打者3人を抑え、オールスター通算4セーブ目を記録。デニス・エカーズリーのオールスター通算セーブ記録を更新、アメリカンリーグが勝利を収めた。2009年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・メンチ

    ケビン・メンチから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    は故障で離脱したが、はレンジャーズで復活、125試合の出場ながら26本塁打を放った。6月30日にはメジャータイ記録となる3イニング連続本塁打を記録。7月8日には、当時12勝4敗・防御率2.33とサイ・ヤング賞最有力候補だったロイ・ハラデイの足に打球を直撃させ、シーズン後半を棒に振らせている。には、シーズン序盤の4月21日から4月28日にかけて、右打者としてはメジャー史上初の7試合連続本塁打を放つ活躍を見せたがその後に失速し、同年7月26日にレンジャーズの球団通算5万本目のヒットを放った2日後、ミルウォーキー・ブルワーズにトレード移籍した。ケビン・メンチ フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・マティス

    ブライアン・マティスから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    はエース格として期待されながらも1勝9敗、防御率10.69という悲惨な成績に終わった。10試合以上先発した投手では2000年にロイ・ハラデイが記録した防御率10.64を超える史上最悪の防御率となった。ブライアン・マティス フレッシュアイペディアより)

  • カイル・ドレイベック

    カイル・ドレイベックから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    翌に右肘を痛めてトミー・ジョン手術を受け、の後半戦に復帰した。は1A+でスタートし、シーズン途中に2Aへ昇格した。7月にはセントルイスで行われたオールスター・フューチャーズゲームにも米国選抜として出場した。同年オフ、ロイ・ハラデイとの交換要員の目玉として、トラビス・ダーノー、マイケル・テイラーと共にトロント・ブルージェイズへ移籍。カイル・ドレイベック フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・アンソポロス

    アレックス・アンソポロスから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    2009年12月15日、エースのロイ・ハラデイをフィラデルフィア・フィリーズに放出する代わりに、若手有望株のカイル・ドレイベック、トラビス・ダーノー、マイケル・テイラーを獲得。そして、すかさずテイラーをオークランド・アスレチックスに放出し、ブレット・ウォラスを獲得した。アレックス・アンソポロス フレッシュアイペディアより)

  • ブラッド・ミルズ (投手)

    ブラッド・ミルズ (投手)から見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    、ダスティン・マゴワン、ショーン・マーカムの故障離脱を受けて、球団は2Aまでの経験しかないミルズを先発候補の1人に挙げ、スプリングトレーニングで先発4,5番手の座をリッキー・ロメロ、スコット・リッチモンドと争わせたが、ミルズはオープン戦で終始制球に苦しみ、3月31日にAAA級ラスベガスへ降格した。3Aでも13試合に先発して1勝8敗、防御率4.48と不振であったが、エースのロイ・ハラデイが故障者リストに入ると、その代役としてメジャーに昇格し、6月18日のフィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャー初登板を果たした。しかし、制球難に苦しみ、2試合に先発して防御率14.09という散々な結果に終わり、再びマイナーへ降格した。3A降格後の初戦を8回無失点と好投したが、その後肋骨の打撲傷で戦線を離脱し、そのままシーズンを終えた。ブラッド・ミルズ (投手) フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・オズワルト

    ロイ・オズワルトから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    フィリーズの先発ローテーションは、既にロイ・ハラデイにコール・ハメルズと2人の好投手を擁していたが、ここにオズワルトが加わったことでさらに強化された。この3人は頭文字から "H2O" と呼ばれるようになる。ロイ・オズワルト フレッシュアイペディアより)

54件中 11 - 20件表示

「ロイ・ハラデー」のニューストピックワード