65件中 11 - 20件表示
  • アーマンド・ガララーガの幻の完全試合

    アーマンド・ガララーガの幻の完全試合から見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    MLBにおいて完全試合は、からまでの134年間で計18回記録されていた。単純計算すれば、およそ7年半に1試合という割合になる。から2009年までの30年間に限れば計9回達成されており、頻度が高まってはいるが、それでも滅多に起こることではない。ところが2010年になって、5月9日にダラス・ブレイデン(オークランド・アスレチックス)が、同月29日にはロイ・ハラデイ(フィラデルフィア・フィリーズ)が、それぞれ完全試合を達成。1年に2度達成されたのは以来130年ぶりのことであり、もし年内に3度目があれば史上初の出来事となる状況だった。アーマンド・ガララーガの幻の完全試合 フレッシュアイペディアより)

  • テネシー・スモーキーズ

    テネシー・スモーキーズから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    過去にスモーキーズに所属したことのある選手は、ロイ・ハラデイとカルロス・デルガド、ショーン・グリーンなどがいる。テネシー・スモーキーズ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・リオス

    アレックス・リオスから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    シーズンでは開幕から打撃不振に陥る。自己最悪の1試合5三振を喫した6月4日のロサンゼルス・エンゼルス戦では、試合後に球場の外でファンと口論になったリオスが、放送禁止用語を使ってファンを罵倒する様子が動画投稿サイト "YouTube" にアップロードされるというトラブルも発生。リオスは後日、この騒動について「冷静さを欠いていた」と自らの非を認め謝罪した。成績はその後も、7月終了時点で打率.263・出塁率.319と低迷。これにより前年に結んだ大型契約が、その後の選手の低迷によって失敗に終わる、いわゆる "不良債権" となる恐れが高まった。ブルージェイズは所属するアメリカンリーグ東地区で5球団中4位と、ポストシーズン進出争いに絡めず。そのため、ロイ・ハラデイのトレード交渉が進行したり(結局成立せず)、スコット・ローレンが放出されたりするなど、チーム解体の雰囲気が濃くなっていった。アレックス・リオス フレッシュアイペディアより)

  • カイル・ドレイベック

    カイル・ドレイベックから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    2009年オフ、ロイ・ハラデイとの交換要員の目玉として、トラビス・ダーノー、マイケル・テイラーと共にトロント・ブルージェイズへ移籍。カイル・ドレイベック フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のメジャーリーグベースボール

    2010年のメジャーリーグベースボールから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    ノーヒットノーランを達成したのは、4月17日にウバルド・ヒメネス(COL)、6月25日にエドウィン・ジャクソン(ARI)、7月26日にマット・ガーザ(COL)、10月6日にNLDSにおいてロイ・ハラデイ(PHI)であった。2010年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・マティス

    ブライアン・マティスから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    はエース格として期待されながらも1勝9敗・防御率10.69という悲惨な成績に終わった。10試合以上先発した投手ではにロイ・ハラデイが記録した防御率10.64を超える史上最悪の防御率となった。ブライアン・マティス フレッシュアイペディアより)

  • リッキー・ロメロ

    リッキー・ロメロから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    後半から成績が向上。開幕前には、ダスティン・マゴワン、ショーン・マーカムの故障とA.J.バーネットの移籍で枠が空いたため、ロメロが先発ローテーションの一員に抜擢された。4月9日のデトロイト・タイガース戦で、史上初となるリック・ポーセロとのドラフト1位デビュー戦対決を制してメジャー初勝利。その後腹筋を傷めて1ヶ月間故障者リスト(DL)入りするが、5月末に復帰。エースのロイ・ハラデイに次ぐ先発2番手の地位を確保した。8月2日のオークランド・アスレチックス戦でシーズン10勝目を挙げる。その後は失速したが、最終的にハラデイに次いでチーム2位、MLBのルーキー全体でもリック・ポーセロ(14勝)に次いで2位タイとなる13勝を挙げた。リッキー・ロメロ フレッシュアイペディアより)

  • カット・ファスト・ボール

    カット・ファスト・ボールから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    代表的な使い手としてはマリアノ・リベラやアンディ・ペティット、ロイ・ハラデイ、ジョン・レスター、ケンリー・ジャンセンなどがいる。特にマリアノ・リベラは史上最高のカッターの使い手として知られ、球種がフォーシームかカッターのみという非常に珍しい投球スタイルでMLB屈指のクローザーとして活躍した。リベラのカッターは90mph半ば(約153km/h以上)を超える球速で約20cm変化すると言われ、空振りを狙うことも可能であった。ただし、リベラのカッターの握りは一般的なフォーシームの握りで、人並み外れた柔らかいリストと長い指を利用しながら、中指に力をいれることで打者の手元で急激な変化をさせていたとされており、カッターではなく(フォーシーム)ファストボールだとする指導者も存在する。カット・ファスト・ボール フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のメジャーリーグベースボール

    2009年のメジャーリーグベースボールから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    12月16日 - トロント・ブルージェイズのロイ・ハラデイがトレードでフィラデルフィア・フィリーズへ移籍。2009年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • エバン・ガティス

    エバン・ガティスから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    は開幕前にブライアン・マッキャンが負傷したため、初めて開幕ロースター入りを果たした。4月3日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で、メジャーデビューを果たす。第2打席でロイ・ハラデイからメジャー初本塁打を放った。4月は、打率.250・6本塁打・16打点・長打率.566・塁打43を記録し、4月のルーキー・オブ・ザ・マンスを受賞した。5月になるとマッキャンが復帰したが、故障者リスト入りしているジェイソン・ヘイワードに変わって左翼手を守るなどして、出場機会を得ている。5月も好調を維持し、打率.303、出塁率.362、長打率.683を記録し、2か月連続でルーキー・オブ・ザ・マンスを受賞した。しかし、6月19日に故障者リスト入りした。9月3日に復帰し、9月8日のフィリーズ戦では飛距離級のホームランを放った。これは、シチズンズ・バンク・パークで最長飛距離である。この年は105試合に出場して打率.243・21本塁打・65打点を記録し、ナ・リーグの新人王の投票では7位であった。エバン・ガティス フレッシュアイペディアより)

65件中 11 - 20件表示