54件中 21 - 30件表示
  • パット・ネシェック

    パット・ネシェックから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    2007年のMLBオールスターゲームの最終選出候補者に選ばれる。(他の候補者はジェレミー・ボンダーマン、ケルビム・エスコバー、岡島秀樹、ロイ・ハラデイで最終的に岡島が選出)パット・ネシェック フレッシュアイペディアより)

  • アーバダ (コロラド州)

    アーバダ (コロラド州)から見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイ(1977年? )、メジャーリーグベースボールの選手、サイ・ヤング賞受賞者アーバダ (コロラド州) フレッシュアイペディアより)

  • アンソニー・ゴース

    アンソニー・ゴースから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    には1Aでマイナー最多の76盗塁を記録。オフにトロント・ブルージェイズからロイ・ハラデイとの交換要員の1人に指名されるが、この時はフィリーズ側が放出を拒否した。アンソニー・ゴース フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・テイラー (野球)

    マイケル・テイラー (野球)から見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    は2Aと3Aで打率.320、20本塁打、84打点、21盗塁、OPS.944の好成績を残し、フィリーズ傘下のマイナーで最も優秀な成績を残した打者と投手1人ずつに贈られる「ポール・オーウェンズ賞」を受賞した。同年12月15日、ロイ・ハラデイとのトレードでカイル・ドレイベック、トラビス・ダーノーと共にトロント・ブルージェイズへ移籍したが、その直後にブレット・ウォレスとのトレードでオークランド・アスレチックスへ移籍した。このオフには、「ベースボール・アメリカ」誌選定の有望株ランキングにおいて、球団内ではクリス・カーターに次ぐ2位、マイナー全体では29位の評価を受けた。マイケル・テイラー (野球) フレッシュアイペディアより)

  • フレディ・フリーマン

    フレディ・フリーマンから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    は3Aで打率.319、18本塁打、87打点、OPS.898という成績を残し、9月1日のニューヨーク・メッツ戦でメジャーデビュー。9月21日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で、ロイ・ハラデイからメジャー初本塁打を放った。オフには、「ベースボール・アメリカ」誌の有望株ランキングにおいて、ブレーブスの選手ではフリオ・テヘランに次ぐ2位、マイナー全体では17位の評価を受けた。フレディ・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • ドモニク・ブラウン

    ドモニク・ブラウンから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    には主に1A+と2Aで打率.299、14本塁打、23盗塁、OPS.880を記録し、マイナー全体でも屈指の有望株と見なされるようになる。同年オフには、ロイ・ハラデイのトレード交渉において、トロント・ブルージェイズ側がブラウンを交換要員に含めることを要求したが、フィリーズのルーベン・アマロ・ジュニアGMはブラウンの放出を断固拒否した。代わりにマイケル・テイラーを差し出すことでトレードは成立した。ドモニク・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のスポーツ

    1977年のスポーツから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    5月14日 - ロイ・ハラデイ(アメリカ、野球)1977年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • カット・ファスト・ボール

    カット・ファスト・ボールから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    代表的な使い手としてはマリアノ・リベラやアンディ・ペティット、ロイ・ハラデイ、ジョン・レスターなどがいる。特にマリアノ・リベラは史上最高のカッターの使い手として知られ、球種が速球かカッターのみという非常に珍しい投球スタイルでMLB屈指のクローザーとして活躍している。リベラのカッターは90mph半ば(約153km/h以上)を超える球速で約20cm変化すると言われ、空振りを狙うことも可能である。カット・ファスト・ボール フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・ウォレス

    ブレット・ウォレスから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    オフにはロイ・ハラデイのトレードの一端として、マイケル・テイラーとの交換でトロント・ブルージェイズへ移籍。同時に三塁手から一塁手へ転向した。ブレット・ウォレス フレッシュアイペディアより)

  • チェンジアップ

    チェンジアップから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    スプリットチェンジ(英: Split change、Split Finger Changeup)は、フォークボールのように人差し指と中指の間にボールを挟んで投げるチェンジアップで、打者の手元で鋭く沈む。ギャレット・オルソンによると、スプリットチェンジの利点は通常フォークボールなら折りたたむはずの薬指をボールに添えることで様々な変化をさせることができるという。ティム・リンスカムが代表的な使い手で、近年使い手が増え、ロイ・ハラデイや岡島秀樹らが投げている。チェンジアップ フレッシュアイペディアより)

54件中 21 - 30件表示

「ロイ・ハラデー」のニューストピックワード