54件中 31 - 40件表示
  • ダスティン・マゴワン

    ダスティン・マゴワンから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    は開幕から先発投手としてロイ・ハラデイ、A.J.バーネットに次ぐ3番手として起用された。7月8日のオリオールズ戦で右肩関節唇を痛め、翌9日から故障者リスト入り。7月31日に手術を受け、シーズンを終えることになった。ダスティン・マゴワン フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見たロイ・ハラデーロイ・ハラデイ

    【MLB】(現地)ナ・リーグのサイ・ヤング賞にフィリーズのロイ・ハラデー投手が選出された。ア・ナ両リーグからの選出は史上5人目。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    【MLB】ブルージェイズ・ロイ・ハラデイ投手がトレードでフィリーズへ移籍。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ルイーズ (野球)

    カルロス・ルイーズ (野球)から見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    は、ロイ・ハラデイが5月29日にフロリダ・マーリンズ戦で完全試合、10月6日にシンシナティ・レッズとのディビジョン・シリーズでノーヒット・ノーランを記録した際に捕手を務めた。キャリアハイの打率302を記録した。カルロス・ルイーズ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・スローイー

    ケビン・スローイーから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    は6月19日のアストロズ戦でロイ・ハラデイに次ぐ、リーグ2番目の早さで10勝に到達。7月3日のタイガース戦で右手首の痛め、3回で降板、翌4日に故障者リスト入り。その後、右手首手術を受け、リハビリと回復に2カ月から4カ月を要すとみられ、シーズンを終えた。ケビン・スローイー フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のワールドシリーズ

    2011年のワールドシリーズから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    勢いに乗るカージナルスは、ポストシーズンでも下馬評を覆して勝ち進んでいく。地区シリーズでは、レギュラーシーズンで30球団最高の102勝60敗・勝率.630という成績を残した東地区優勝のフィリーズと対戦。初戦に敗れるが翌日の第2戦には勝ち、第3戦に敗れるが翌日の第4戦には勝ち、と先行を許しながらも連敗はせずに追いつき、勝負の行方を最終第5戦に持ち込む。そして第5戦では、相手エースのロイ・ハラデイから打線が1回表に1点を先制すると、カーペンターがそれを9イニング守りきって完封勝利を挙げ、3勝2敗でフィリーズを破り地区シリーズを突破した。このシリーズでは、カージナルスの地元ブッシュ・スタジアムでの試合中にフィールド上をリスが駆け回ったことも話題を集め、"Rally Squirrel" としてグッズが販売されるなどファンの間で人気となった。続くリーグ優勝決定戦は、中地区で優勝を争ったブルワーズとの顔合わせに。レギュラーシーズンのチームOPSはカージナルスがリーグ最高の.766、ブルワーズがそれに次いで2位の.750という強打のチーム同士の対戦で、このシリーズも打ち合い主体となる。両チームとも先発投手のシリーズ防御率が7点台を記録するなか、カージナルスは救援投手を惜しみなく次々と投入してはピンチを凌いでいった。シリーズを通しての投手交代回数は28回にのぼっており、これは歴代2位の多さである。2勝2敗で迎えた第5戦でも中盤、打席のライアン・ブラウンに本塁打を許せば3点リードを追いつかれるという場面となると、先発のハイメ・ガルシアからドーテルに継投してブラウンを三振に打ち取りピンチを脱出、以降は救援陣が無失点に抑えて試合をものにした。この勝利でワールドシリーズ進出まであと1勝に迫ったカージナルスは、第6戦でも打線が14安打12得点を奪って連勝、4勝2敗でブルワーズとのシリーズを制した。2011年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・マーカム

    ショーン・マーカムから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    はそれまでブルージェイズのエースを担ってきたロイ・ハラデイが移籍したため、彼に代わる開幕投手に指名される。好投するもなかなか勝ち星に恵まれない状況にあったが、5月2日のアスレチックス戦で7回1失点の好投で勝ち投手となり、2008年9月以来となる公式戦での勝利投手となった。最終的に自己最多の13勝を挙げ、先発登板数・投球回数・奪三振・WHIPでも自己最高を更新した。ショーン・マーカム フレッシュアイペディアより)

  • ダグ・ドレイベック

    ダグ・ドレイベックから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    のドラフト会議で息子カイルがフィラデルフィア・フィリーズから1巡目(全米18位)に指名され、入団した。そして2009年オフ、ロイ・ハラデイとのトレードでトロント・ブルージェイズに移籍し、にメジャー昇格を果たした。ダグ・ドレイベック フレッシュアイペディアより)

  • トラビス・ダーノー

    トラビス・ダーノーから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    は1Aで初めてフルシーズンを過ごし、打率.255、13本塁打、71打点、38二塁打を記録。同年12月、ロイ・ハラデイとのトレードで、カイル・ドレイベック、マイケル・テイラー(直後にブレット・ウォレスとトレード)と共にトロント・ブルージェイズへ移籍した。「ベースボール・アメリカ」誌からは、ブルージェイズ内ではドレイベック、ウォレスに次ぐ3位、マイナー全体では81位の有望株と評された。トラビス・ダーノー フレッシュアイペディアより)

  • サンライフ・スタジアム

    サンライフ・スタジアムから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    2010年5月29日 フィラデルフィア・フィリーズのロイ・ハラデイ投手がフロリダ・マーリンズを相手にMLB史上20回目の完全試合を達成。サンライフ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

54件中 31 - 40件表示

「ロイ・ハラデー」のニューストピックワード