65件中 51 - 60件表示
  • フェリックス・ヘルナンデス

    フェリックス・ヘルナンデスから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    シーズンでは自身初のオールスター出場を果たしたほか、リーグ最多タイの19勝(5敗)で球団史上初となる最多勝のタイトルを獲得。勝率や被打率でもリーグ1位の数字を残し、奪三振数は自身初めて200を超えた。そのほか、月間最優秀投手を2度受賞するなど1年通して安定した投球内容でチームを支えた。サイ・ヤング賞レースではザック・グレインキーに敗退し受賞はならなかったものの、ジャスティン・バーランダー、CC・サバシア、ロイ・ハラデイといった好投手を抑えて2位を記録した。フェリックス・ヘルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • ジェシー・リッチ

    ジェシー・リッチから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    は開幕からローテーション入りし、5月24日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦でメジャー初完封。6,7月に調子が落ち込み、一時マイナー落ちも経験したが、8月に復帰してからは防御率1.94と好調を維持し、最終的に、29試合に登板して176イニングを投げ、初の二桁勝利となる13勝をあげた。これはいずれも2枚看板のロイ・ハラデイ、バーネットに次いでチーム3位の成績であった。ジェシー・リッチ フレッシュアイペディアより)

  • 5月14日

    5月14日から見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    1977年 - ロイ・ハラデイ、メジャーリーガー5月14日 フレッシュアイペディアより)

  • チェンジアップ

    チェンジアップから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    スプリットチェンジ(英: Split change、Split Finger Changeup)は、フォークボールのように人差し指と中指の間にボールを挟んで投げるチェンジアップで、打者の手元で鋭く沈む。ギャレット・オルソンによると、スプリットチェンジの利点は通常フォークボールなら折りたたむはずの薬指をボールに添えることで様々な変化をさせることができるという。ティム・リンスカムが代表的な使い手で、近年使い手が増え、ロイ・ハラデイやエドワード・ムヒカ、アレックス・カッブらが投げている。チェンジアップ フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・メンチ

    ケビン・メンチから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    は故障で離脱したが、はレンジャーズで復活、125試合の出場ながら26本塁打を放った。6月30日にはメジャータイ記録となる3イニング連続本塁打を記録。7月8日には、当時12勝4敗・防御率2.33とサイ・ヤング賞最有力候補だったロイ・ハラデイの足に打球を直撃させ、シーズン後半を棒に振らせている。には、シーズン序盤の4月21日から4月28日にかけて、右打者としてはメジャー史上初の7試合連続本塁打を放つ活躍を見せたがその後に失速し、同年7月26日にレンジャーズの球団通算5万本目のヒットを放った2日後、ミルウォーキー・ブルワーズにトレード移籍した。ケビン・メンチ フレッシュアイペディアより)

  • 王建民

    王建民から見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    は第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のチャイニーズタイペイ代表を打診されていたが、ケガの影響を理由に辞退。シーズンではリーグトップタイ、アジア人投手最多記録となる19勝を挙げ、サイ・ヤング賞投票で2位につけた。(1位票はすべてヨハン・サンタナが獲得。2位票15、3位票6の合計51ポイントで3位のロイ・ハラデイに3ポイント差)。王建民 フレッシュアイペディアより)

  • パット・ネシェック

    パット・ネシェックから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    3月2日にツインズと1年契約に合意し、自身初の開幕ロースター入りを果たした。開幕後は4月に2勝0敗、防御率2.25、5月は13.2イニングを投げて被安打6、防御率0.66と好成績を残し、オールスターの最終選出候補者に選ばれる(他の候補者はジェレミー・ボンダーマン、ケルビム・エスコバー、岡島秀樹、ロイ・ハラデイで最終的に岡島が選出)。この年は74試合に登板して7勝2敗・防御率2.94・74奪三振の成績を残した。パット・ネシェック フレッシュアイペディアより)

  • ノーヒットノーラン

    ノーヒットノーランから見たロイ・ハラデーロイ・ハラデイ

    年間個人最多達成回数は2回でジョニー・ヴァンダー・ミーア、、、ノーラン・ライアン、ロイ・ハラデー、マックス・シャーザーが達成。ハラデーは完全試合を含む。ノーヒットノーラン フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のワールドシリーズ

    2011年のワールドシリーズから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    勢いに乗るカージナルスは、ポストシーズンでも下馬評を覆して勝ち進んでいく。地区シリーズでは、レギュラーシーズンで30球団最高の102勝60敗・勝率.630という成績を残した東地区優勝のフィリーズと対戦。初戦に敗れるが翌日の第2戦には勝ち、第3戦に敗れるが翌日の第4戦には勝ち、と先行を許しながらも連敗はせずに追いつき、勝負の行方を最終第5戦に持ち込む。そして第5戦では、相手エースのロイ・ハラデイから打線が初回表に1点を先制すると、カーペンターがそれを9イニング守りきって完封勝利を挙げ、3勝2敗でフィリーズを破り地区シリーズを突破した。このシリーズでは、カージナルスの地元ブッシュ・スタジアムでの試合中にフィールド上をリスが駆け回ったことも話題を集め、"Rally Squirrel" としてグッズが販売されるなどファンの間で人気となった。続くリーグ優勝決定戦は、中地区で優勝を争ったブルワーズとの顔合わせに。レギュラーシーズンのチームOPSはカージナルスがリーグ最高の.766、ブルワーズがそれに次いで2位の.750という強打のチームどうしの対戦で、このシリーズも打ち合い主体となる。両チームとも先発投手のシリーズ防御率が7点台を記録するなか、カージナルスは救援投手を惜しみなく投入してはピンチを凌いでいった。シリーズを通しての投手交代は28度にのぼっており、これは歴代2位の多さである。2勝2敗で迎えた第5戦でも中盤、打席のライアン・ブラウンに本塁打を許せば3点リードを追いつかれるという場面となると、先発のハイメ・ガルシアからドーテルに継投してブラウンを三振に打ち取りピンチを脱出、以降は救援陣が無失点に抑えて試合をものにした。カージナルスはこの勝利でワールドシリーズ進出まであと1勝に迫ると、第6戦でも打線が14安打12得点を奪って連勝、4勝2敗でブルワーズとのシリーズを制した。2011年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ドモニク・ブラウン

    ドモニク・ブラウンから見たロイ・ハラデイロイ・ハラデイ

    には主にA+級とAA級レディング・フィリーズで打率.299、14本塁打、23盗塁、OPS.880を記録し、マイナー全体でも屈指の有望株と見なされるようになる。同年オフには、ロイ・ハラデイのトレード交渉において、トロント・ブルージェイズ側がブラウンを交換要員に含めることを要求したが、フィリーズのルーベン・アマロ・ジュニアGMはブラウンの放出を断固拒否した。代わりにマイケル・テイラーを差し出すことでトレードは成立した。ドモニク・ブラウン フレッシュアイペディアより)

65件中 51 - 60件表示