前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
90件中 1 - 10件表示
  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たクリフ・リー

    このように故障続きだったハラデイだが、は故障者リスト入りせず1年間投げ続けることができた久しぶりのシーズンとなった。5月18日のフィリーズ戦では志願して7年ぶりにリリーフ登板。この試合を除く33試合の先発登板全てで5イニング以上を投げる安定した投球で、2003年以来のシーズン20勝と自己最多の206奪三振を記録した。強豪のレッドソックスとヤンキースを相手に8勝したハラデイをサイ・ヤング賞に推す声もあったが、投票では最多勝利と最優秀防御率の二冠を獲得したクリフ・リーの後塵を拝した。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見た松井秀喜

    ハラデイの主な球種は、90-94mph(約144.8-151.2km/h)を計時するシンキング・ファストボール(シンカー)やチェンジアップのほか、ナックルカーブにカッター。スプリッターやスラーブも投げる。プロ入り前と現在を比べるとチェンジアップを投げる割合が増していると高校時代のチームメイトは言うが、基本的にはシンキング・ファストボールで相手打者にゴロを打たせる投球が持ち味の投手である。松井秀喜はこのシンキング・ファストボールを「甘い球に感じても、思ったより逃げて沈む。打つときは厳しいコースになる」と表現し、ハラデイを「最も打ちにくい投手」と評した。またシンキング・ファストボールと他の球種との組み合わせについて、オーブリー・ハフは「彼の速球は96-97mph(約154.5-156.1km/h)も出るほど凄まじいわけじゃない。けど彼にはあのカッターとシンカーがある。まずカッターが内角に来て、それから外角へシンカー。こっちは勝ち目がないよ」と話している。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たデレク・ジーター

    シンキング・ファストボールを軸にした投球で終了時までに通算199勝100敗の成績で、デレク・ジーターに「僕が思うに、彼はおそらく球界最高のピッチャーだね」と評された好投手。ESPNは、から2009年までの10年間の "All-Decade team" 先発右腕部門にハラデイを選出している。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たサイ・ヤング賞

    球団から強い期待かかり、は自身初の開幕投手となる。3・4月は1勝もできずにいたが、5月1日(レンジャーズ戦)から11登板連続で勝利投手となり、その間に防御率も4.89から3.57まで回復させるなど、次第に調子を上げていった。9月には6登板で5勝を挙げ、23イニング連続無失点・41イニング連続無自責点も記録。最終的には22勝(リーグ最多・球団新記録)7敗・防御率3.25(リーグ5位)・204奪三振(同3位)・WHIP 1.07(同2位)という好成績を収めた。シーズン終了後には球団史上3人目・4度目となるサイ・ヤング賞を受賞し、4年4,200万ドルでの契約延長も手にした。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たマイケル・テイラー (野球)

    オールスターゲームに先立って7月7日、ブルージェイズGMのJ.P.リッチアーディが、それまで頑なに拒否してきたハラデイのトレード交渉を受け付ける用意があると表明。さらにハラデイ自身も、現行の契約がに満了するまで契約延長交渉には応じない、との意向を示した。このため移籍が確実視されるようになり、ポストシーズン進出を目指す複数のチームがハラデイの獲得に名乗りを挙げる争奪戦となった。しかしここで、リッチアーディが交渉の要点を自ら漏らしてしまったことや、経済不況の中で各球団が安価な若手有望株を出し渋る傾向にあったことなどから、交渉が難航する。ハラデイ獲得が本命視されていたフィラデルフィア・フィリーズも、既にメジャーへ昇格していた左腕J.A.ハップにマイケル・テイラーなどマイナーの有望株3選手を加えた条件でオファーを出したが、リッチアーディが強気な姿勢でこれを拒否したため、諦めてインディアンスのリー獲得に方針を切り替えた。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たフィラデルフィア・フィリーズ

    ロイ・ハラデイ(Roy Halladay, 1977年5月14日 - )は、アメリカ合衆国コロラド州デンバー出身の野球選手。本名はハリー・リロイ・ハラデイ3世(Harry Leroy Halladay III)。投手、右投右打。MLBフィラデルフィア・フィリーズに所属している。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見た故障者リスト

    サイ・ヤング賞を受賞してから数年はケガに悩まされるシーズンを送ることになる。は2回故障者リスト入りし、8勝8敗・防御率4.20と不本意な成績に終わった。7月の故障者リスト入りは、コントロールが定まらなくなったハラデイに対し監督のカルロス・トスカが「これ以上投げさせると、選手生命の危険にさらすことになる」と判断したことによる。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たJ.A.ハップ

    オールスターゲームに先立って7月7日、ブルージェイズGMのJ.P.リッチアーディが、それまで頑なに拒否してきたハラデイのトレード交渉を受け付ける用意があると表明。さらにハラデイ自身も、現行の契約がに満了するまで契約延長交渉には応じない、との意向を示した。このため移籍が確実視されるようになり、ポストシーズン進出を目指す複数のチームがハラデイの獲得に名乗りを挙げる争奪戦となった。しかしここで、リッチアーディが交渉の要点を自ら漏らしてしまったことや、経済不況の中で各球団が安価な若手有望株を出し渋る傾向にあったことなどから、交渉が難航する。ハラデイ獲得が本命視されていたフィラデルフィア・フィリーズも、既にメジャーへ昇格していた左腕J\.A\.ハップにマイケル・テイラーなどマイナーの有望株3選手を加えた条件でオファーを出したが、リッチアーディが強気な姿勢でこれを拒否したため、諦めてインディアンスのリー獲得に方針を切り替えた。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たパット・ヘントゲン

    ゴロで打たせて取るタイプの投球であるため球数が少なく、結果として長いイニングを投げることが可能である。シーズン230投球回突破はこれまでに5度記録し、(リーグ2位)以外はリーグ最多だった。また完投数でも以降は計6シーズンでリーグ最多となったほか、には4試合連続完投も記録している。このような投球スタイルになったのは・・の3シーズンにわたりチームメイトだったパット・ヘントゲンの影響で、ヘントゲンはハラデイに「三振は過大評価された指標だ」「7イニングを投げ切れなかったら勝ちはないと思え。リリーフが君に勝ちを拾ってくれるなんて考えは甘い」と教えたという。しかし好調時には奪三振数も少なくはなく、過去3シーズンで200奪三振を達成。奪三振率でも、サイ・ヤング賞を受賞した2003年は6.90(リーグ9位)、同賞投票で次点だった2008年は7.54(同10位)、2009年は7.83(同8位)という数字を残している。与四球は少なく、与四球率は2003年1.08(リーグ2位)、2008年1.43(同3位)、2009年1.32(同1位)、2010年1.08(同1位)となっている。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たコール・ハメルズ

    移籍1年目、ハラデイは4月5日の開幕戦で先発。ナショナルズ打線を相手に7回1失点で勝利投手となる。するとそこから4連勝。さらに5月には、29日のマーリンズ戦でMLB史上20人目の完全試合を達成した。この試合以降も防御率は2点台前半を推移する安定感で、ハラデイはエースとしてフィリーズを牽引する。7月下旬にはオズワルトが加入し、ハラデイとオズワルト、そしてコール・ハメルズの三本柱は頭文字から "H2O" と呼ばれるようになった。前半戦終了時点で47勝40敗のナショナルリーグ東地区3位だったフィリーズは、後半戦に入って勝率を上げていき、9月7日には地区首位に浮上する。初めてのポストシーズン進出争いを経験するハラデイは「毎日フィールドに来るのが楽しくて仕方ない」と喜びの感情を見せていた。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
90件中 1 - 10件表示

「ロイ・ハラデー」のニューストピックワード