90件中 21 - 30件表示
  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たデーブ・スティーブ

    は5度目(5年連続)の開幕投手を務め、デーブ・スティーブの球団記録を更新。この年は急性虫垂炎を発症したため5月11日に緊急手術を受けることになった。復帰まで4週間から6週間はかかるとみられていたが、わずか20日後の5月31日(ホワイトソックス戦)には復帰。この離脱を除けば1年間フルに働いたシーズンで、前年に引き続き16勝を挙げた。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たオークランド・アスレチックス

    シーズン終了直前にリッチアーディがGMを解任され、後任のアレックス・アンソポロスが引き続きハラデイのトレードを進めることになった。11月に入り、フィリーズGMのルーベン・アマロ・ジュニアがアンソポロスと接触し、トレードを打診。さらに、フィリーズは夏場にインディアンスから獲得していたリーをシアトル・マリナーズへ送る形での三角トレードを模索した。交渉の結果、この3球団にさらにオークランド・アスレチックスも加わり、4球団・9選手(うちハラデイとリーの2人がサイ・ヤング賞投手)が動くという大型トレードが成立、ハラデイはカイル・ドレイベック、マイケル・テイラー、トラビス・ダーノーとの交換でフィリーズへ移籍することになった。移籍と同時にハラデイはフィリーズと、以降の3年6,000万ドル(4年目は相互オプション)で契約を延長した。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たシンシナティ・レッズ

    ハラデイは怪我なく1年を乗り切り、リーグ最多の250.2イニング・9完投で21勝を挙げた。そしてフィリーズは地区優勝し、4年連続のポストシーズン進出を果たす。ハラデイにとっては初のポストシーズンであり、レギュラーシーズンでの疲労から実力を発揮できないのでは、という声もあった。だがレッズとの地区シリーズ初戦に登板したハラデイは、ノーヒットノーランを達成し、周囲の不安を一蹴した。しかしフィリーズはこのシリーズを3勝0敗で制したあと、続くジャイアンツとのリーグ優勝決定戦では2勝4敗に終わり敗退。リーグ3連覇およびワールドシリーズはならなかった。シーズン終了後、ハラデイはサイ・ヤング賞を受賞。史上5人目の両リーグでの受賞となった。年間2回のノーヒッターは史上5人目の快挙でノーラン・ライアン以来の達成となり、完全試合とノーヒットノーランでの達成は史上初の快挙であった。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たカンザスシティ・ロイヤルズ

    2002年以降の7年間、ハラデイはブルージェイズのエースとして投げ続け、計113勝を挙げた。これは、その期間中ではロイ・オズワルト(115勝)に次ぐメジャー2位の記録である。しかしその間、チームは1度もポストシーズンに進出できていない。この7年間の勝利数上位12投手のうち、ポストシーズン出場経験がないのはハラデイだけになっていた。、ハラデイは開幕から好調を維持し、6月7日のロイヤルズ戦では両リーグ最速で10勝に到達。続く12日のマーリンズ戦では股関節を痛めて故障者リスト入りするが、復帰後はオールスターゲームでア・リーグの先発投手となるなどの活躍を見せていた。だがブルージェイズは、オールスターゲーム時点で90試合を消化して44勝46敗の地区4位と、このシーズンもポストシーズン進出は絶望的な状況に追い込まれていた。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たトレード

    オールスターゲームに先立って7月7日、ブルージェイズGMのJ.P.リッチアーディが、それまで頑なに拒否してきたハラデイのトレード交渉を受け付ける用意があると表明。さらにハラデイ自身も、現行の契約がに満了するまで契約延長交渉には応じない、との意向を示した。このため移籍が確実視されるようになり、ポストシーズン進出を目指す複数のチームがハラデイの獲得に名乗りを挙げる争奪戦となった。しかしここで、リッチアーディが交渉の要点を自ら漏らしてしまったことや、経済不況の中で各球団が安価な若手有望株を出し渋る傾向にあったことなどから、交渉が難航する。ハラデイ獲得が本命視されていたフィラデルフィア・フィリーズも、既にメジャーへ昇格していた左腕J.A.ハップにマイケル・テイラーなどマイナーの有望株3選手を加えた条件でオファーを出したが、リッチアーディが強気な姿勢でこれを拒否したため、諦めてインディアンスのリー獲得に方針を切り替えた。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たボストン・レッドソックス

    このように故障続きだったハラデイだが、は故障者リスト入りせず1年間投げ続けることができた久しぶりのシーズンとなった。5月18日のフィリーズ戦では志願して7年ぶりにリリーフ登板。この試合を除く33試合の先発登板全てで5イニング以上を投げる安定した投球で、2003年以来のシーズン20勝と自己最多の206奪三振を記録した。強豪のレッドソックスとヤンキースを相手に8勝したハラデイをサイ・ヤング賞に推す声もあったが、投票では最多勝利と最優秀防御率の二冠を獲得したクリフ・リーの後塵を拝した。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見た安打

    9月20日にメジャーデビュー。21歳130日でのデビューは球団史上3番目の若さだった。2度目の登板となった9月27日のシーズン最終戦(タイガース戦)では9回二死まで相手打線を無安打に封じる好投を見せる。続くには先発とリリーフの両方をこなして8勝7敗・防御率3.92を記録し、次期エース候補として期待されるようになった。しかしは不振に陥り、成績が4勝7敗・防御率10.64と低迷。これにより翌シーズンの開幕をマイナーAdv-A級ダニーデンまで降格して迎えることになった。ハラデイはこのとき、8歳のとき以来味わったことがないという挫折感を味わった。「前の年にスランプになって自信を失い、自分の投球に疑問を持つようになった」「(A級降格は)まるで悪夢のようで、最初の1週間は信じられなかった」という。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たワシントン・ナショナルズ

    移籍1年目、ハラデイは4月5日の開幕戦で先発。ナショナルズ打線を相手に7回1失点で勝利投手となる。するとそこから4連勝。さらに5月には、29日のマーリンズ戦でMLB史上20人目の完全試合を達成した。この試合以降も防御率は2点台前半を推移する安定感で、ハラデイはエースとしてフィリーズを牽引する。7月下旬にはオズワルトが加入し、ハラデイとオズワルト、そしてコール・ハメルズの三本柱は頭文字から "H2O" と呼ばれるようになった。前半戦終了時点で47勝40敗のナショナルリーグ東地区3位だったフィリーズは、後半戦に入って勝率を上げていき、9月7日には地区首位に浮上する。初めてのポストシーズン進出争いを経験するハラデイは「毎日フィールドに来るのが楽しくて仕方ない」と喜びの感情を見せていた。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たマイナーリーグ

    同年はマイナーリーグのルーキー級で先発8試合とリリーフ2試合をこなし、プロ1年目を終えた。は、Adv-A級ダニーデンで球団マイナー組織最多の15勝を挙げ、球団マイナー最優秀選手とフロリダ・ステートリーグのオールスターに選出される。にはAA級ノックスビルで開幕を迎え、すぐにAAA級シラキュースへ昇格。当時まだハラデイはプロ3年目・20歳で、シラキュースが参加するインターナショナルリーグでは最年少だった。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たトロント・ブルージェイズ

    コロラド州のアーバダ西高校に在籍時は野球部で投手として通算22勝1敗を記録しているほか、バスケットボールでも活躍。当時の野球部チームメイトは「ハラデイがバスケしているのを観に行くと野球部のやつらはみんな、彼がダンクするたびに、着地で足首を痛めていないことを確認しては安堵のため息を漏らしていた」と証言している。高校卒業後はアリゾナ大学へ進学予定だったが、6月にMLBドラフトでトロント・ブルージェイズから1巡目(全体17位)指名を受け、入団。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

90件中 21 - 30件表示

「ロイ・ハラデー」のニューストピックワード