98件中 31 - 40件表示
  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たトロント・ブルージェイズ

    6月にMLBドラフトでトロント・ブルージェイズから1巡目(全体17位)指名を受け、入団。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たワールド・ベースボール・クラシック

    身長6' 6"(約198.1cm)の長身や広い肩幅など、投手としては理想的な体格を持つ。この体をベストの状態に保つために、1年間を通しての綿密なトレーニング・プログラムを組んでいるので、これまでと2009年の3月に開催されてきた国際大会ワールド・ベースボール・クラシックには、アメリカ合衆国代表のエースになれるだけの実力を持つにもかかわらず出場しない意向を示している。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たシアトル・マリナーズ

    シーズン終了直前にリッチアーディがGMを解任され、後任のアレックス・アンソポロスが引き続きハラデイのトレードを進めることになった。11月に入り、フィリーズGMのルーベン・アマロ・ジュニアがアンソポロスと接触し、トレードを打診。さらに、フィリーズは夏場にインディアンスから獲得していたリーをシアトル・マリナーズへ送る形での三角トレードを模索した。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たアリゾナ・ダイヤモンドバックス

    4月14日に行われたマイアミ・マーリンズ戦で通算200勝を達成。しかし、5月6日に右肩の故障で故障者リスト入りし、5月8日に関節鏡視下手術を受けることが発表された。リハビリを経て、8月25日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で復帰。13試合に登板し4勝5敗でシーズンを終え、2005年から続いていた二桁勝利が途切れた。10月31日にFAとなり、12月9日に古巣・ブルージェイズと1日契約で合意し、この年限りで現役を引退することが発表された。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たシカゴ・ホワイトソックス

    は5度目(5年連続)の開幕投手を務め、デーブ・スティーブの球団記録を更新。この年は急性虫垂炎を発症したため5月11日に緊急手術を受けることになった。復帰まで4週間から6週間はかかるとみられていたが、わずか20日後の5月31日(ホワイトソックス戦)には復帰。この離脱を除けば1年間フルに働いたシーズンで、前年に続き16勝を挙げた。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たサンフランシスコ・ジャイアンツ

    ハラデイは怪我なく1年を乗り切り、リーグ最多の250.2イニング・9完投で21勝を挙げた。そしてフィリーズは地区優勝し、4年連続のポストシーズン進出を果たす。ハラデイにとっては初のポストシーズンであり、レギュラーシーズンでの疲労から実力を発揮できないのでは、という声もあった。だがレッズとの地区シリーズ初戦に登板したハラデイは、ノーヒットノーランを達成し、周囲の不安を一蹴した。しかしフィリーズはこのシリーズを3勝0敗で制したあと、ジャイアンツとのリーグ優勝決定戦では2勝4敗に終わり敗退。リーグ3連覇およびワールドシリーズ出場はならなかった。シーズン終了後、ハラデイはサイ・ヤング賞を受賞。史上5人目の両リーグでの受賞となった。年間2回のノーヒッターは史上5人目の快挙でノーラン・ライアン以来の達成となり、完全試合とノーヒットノーランでの達成は史上初の快挙であった。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たワールドシリーズ

    ハラデイは怪我なく1年を乗り切り、リーグ最多の250.2イニング・9完投で21勝を挙げた。そしてフィリーズは地区優勝し、4年連続のポストシーズン進出を果たす。ハラデイにとっては初のポストシーズンであり、レギュラーシーズンでの疲労から実力を発揮できないのでは、という声もあった。だがレッズとの地区シリーズ初戦に登板したハラデイは、ノーヒットノーランを達成し、周囲の不安を一蹴した。しかしフィリーズはこのシリーズを3勝0敗で制したあと、ジャイアンツとのリーグ優勝決定戦では2勝4敗に終わり敗退。リーグ3連覇およびワールドシリーズ出場はならなかった。シーズン終了後、ハラデイはサイ・ヤング賞を受賞。史上5人目の両リーグでの受賞となった。年間2回のノーヒッターは史上5人目の快挙でノーラン・ライアン以来の達成となり、完全試合とノーヒットノーランでの達成は史上初の快挙であった。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たテキサス・レンジャーズ

    球団から強く期待をかけられ、は自身初の開幕投手となる。3・4月は1勝もできずにいたが、5月1日(レンジャーズ戦)から11登板連続で勝利投手となり、その間に防御率も4.89から3.57まで回復させるなど、次第に調子を上げていった。9月には6登板で5勝を挙げ、23イニング連続無失点・41イニング連続無自責点も記録。最終的には22勝(リーグ最多・球団新記録)7敗・防御率3.25(リーグ5位)・204奪三振(同3位)・WHIP 1.07(同2位)という好成績を収めた。シーズン終了後には球団史上3人目・4度目となるサイ・ヤング賞を受賞し、4年4,200万ドルでの契約延長も手にした。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たデトロイト・タイガース

    9月20日にメジャーデビュー。21歳130日でのデビューは球団史上3番目の若さだった。2度目の登板となった9月27日のシーズン最終戦(タイガース戦)では9回二死まで相手打線を無安打に封じる好投を見せる。続くには先発とリリーフの両方をこなして8勝7敗・防御率3.92を記録し、次期エース候補として期待されるようになった。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たニューヨーク・ヤンキース

    2006年は奪三振よりもコントロールを重視し、相手打者を打たせて取ることに重点を置いた。しかし、右の上腕筋に張りを感じたため4月9日(デビルレイズ戦)の次の登板を回避、さらに9月20日のヤンキース戦でも途中降板してシーズンを終えた。奪三振率は6年ぶりに6.00を下回る5.40だったが、3年ぶりに30先発・200投球回・15勝を突破し、防御率3.19はリーグ2位の好成績だった。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

98件中 31 - 40件表示