90件中 41 - 50件表示
  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見た防御率

    9月20日にメジャーデビュー。21歳130日でのデビューは球団史上3番目の若さだった。2度目の登板となった9月27日のシーズン最終戦(タイガース戦)では9回二死まで相手打線を無安打に封じる好投を見せる。続くには先発とリリーフの両方をこなして8勝7敗・防御率3.92を記録し、次期エース候補として期待されるようになった。しかしは不振に陥り、成績が4勝7敗・防御率10.64と低迷。これにより翌シーズンの開幕をマイナーAdv-A級ダニーデンまで降格して迎えることになった。ハラデイはこのとき、8歳のとき以来味わったことがないという挫折感を味わった。「前の年にスランプになって自信を失い、自分の投球に疑問を持つようになった」「(A級降格は)まるで悪夢のようで、最初の1週間は信じられなかった」という。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見た最多勝利 (MLB)

    このように故障続きだったハラデイだが、は故障者リスト入りせず1年間投げ続けることができた久しぶりのシーズンとなった。5月18日のフィリーズ戦では志願して7年ぶりにリリーフ登板。この試合を除く33試合の先発登板全てで5イニング以上を投げる安定した投球で、2003年以来のシーズン20勝と自己最多の206奪三振を記録した。強豪のレッドソックスとヤンキースを相手に8勝したハラデイをサイ・ヤング賞に推す声もあったが、投票では最多勝利と最優秀防御率の二冠を獲得したクリフ・リーの後塵を拝した。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たカーブ (球種)

    はスプリングトレーニングから球速低下によって調子が上がらず、周囲に不安を抱かせたままシーズンに突入した。開幕後も球速は回復せず、4月は防御率こそ1.95とその影響を感じさせない数字だったが、奪三振率は低下していた。5月は防御率6.11と絶不調に陥り、5月29日に右肩の張りで故障者リストに入った。オールスター明けに復帰したが、その後も前年までの投球を取り戻せなず、苦しい投球が続いた。8年連続の二桁勝利はクリアしたものの、100イニング以上投げた年では最低となる防御率4.49、前年まで5年連続でリーグ最多を記録していた完投も12年ぶりに0に終わるなど、不本意なシーズンで通算200勝利に王手をかけてシーズンが終わった。投球の軸となるシンカー、カッターの平均球速はそれぞれ約91.1マイル≒146.6km/h、約89.4マイル≒143.9km/hで、前年の約92.7マイル≒149.2km/h、約91.5マイル≒147.2km/hから低下し、ゴロ率もキャリア平均より10%下回っていた。また、カーブ、スプリッターでの空振り率も前年より低下した。球速はブルージェイズ時代の頃(シンカーが平均93.7マイル≒150.1km/h、カッターが平均92.0マイル≒148.1km/h)をピークに低下を続けていることもあり、年齢的な衰えも指摘されるようになった。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見た三振

    球団から強い期待かかり、は自身初の開幕投手となる。3・4月は1勝もできずにいたが、5月1日(レンジャーズ戦)から11登板連続で勝利投手となり、その間に防御率も4.89から3.57まで回復させるなど、次第に調子を上げていった。9月には6登板で5勝を挙げ、23イニング連続無失点・41イニング連続無自責点も記録。最終的には22勝(リーグ最多・球団新記録)7敗・防御率3.25(リーグ5位)・204奪三振(同3位)・WHIP 1.07(同2位)という好成績を収めた。シーズン終了後には球団史上3人目・4度目となるサイ・ヤング賞を受賞し、4年4,200万ドルでの契約延長も手にした。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たチェンジアップ

    チェンジアップを改善させたことが功を奏し、7月3日までは12勝4敗・防御率2.33という成績を残す。これにより一時は2度目のサイ・ヤング賞受賞も有力視されたが、7月8日のレンジャーズ戦でケビン・メンチの打球を左足に受け骨折し、翌日に故障者リスト入り。そのままシーズン終了まで復帰できなかった。しかしチームはハラデイを高く評価し、のシーズン開幕前に、からの3年総額4,000万ドルで契約を延長した。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見た野球

    コロラド州のアーバダ西高校に在籍時は野球部で投手として通算22勝1敗を記録しているほか、バスケットボールでも活躍。当時の野球部チームメイトは「ハラデイがバスケしているのを観に行くと野球部のやつらはみんな、彼がダンクするたびに、着地で足首を痛めていないことを確認しては安堵のため息を漏らしていた」と証言している。高校卒業後はアリゾナ大学へ進学予定だったが、6月にMLBドラフトでトロント・ブルージェイズから1巡目(全体17位)指名を受け、入団。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たバスケットボール

    コロラド州のアーバダ西高校に在籍時は野球部で投手として通算22勝1敗を記録しているほか、バスケットボールでも活躍。当時の野球部チームメイトは「ハラデイがバスケしているのを観に行くと野球部のやつらはみんな、彼がダンクするたびに、着地で足首を痛めていないことを確認しては安堵のため息を漏らしていた」と証言している。高校卒業後はアリゾナ大学へ進学予定だったが、6月にMLBドラフトでトロント・ブルージェイズから1巡目(全体17位)指名を受け、入団。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たフォークボール

    はスプリングトレーニングから球速低下によって調子が上がらず、周囲に不安を抱かせたままシーズンに突入した。開幕後も球速は回復せず、4月は防御率こそ1.95とその影響を感じさせない数字だったが、奪三振率は低下していた。5月は防御率6.11と絶不調に陥り、5月29日に右肩の張りで故障者リストに入った。オールスター明けに復帰したが、その後も前年までの投球を取り戻せなず、苦しい投球が続いた。8年連続の二桁勝利はクリアしたものの、100イニング以上投げた年では最低となる防御率4.49、前年まで5年連続でリーグ最多を記録していた完投も12年ぶりに0に終わるなど、不本意なシーズンで通算200勝利に王手をかけてシーズンが終わった。投球の軸となるシンカー、カッターの平均球速はそれぞれ約91.1マイル≒146.6km/h、約89.4マイル≒143.9km/hで、前年の約92.7マイル≒149.2km/h、約91.5マイル≒147.2km/hから低下し、ゴロ率もキャリア平均より10%下回っていた。また、カーブ、スプリッターでの空振り率も前年より低下した。球速はブルージェイズ時代の頃(シンカーが平均93.7マイル≒150.1km/h、カッターが平均92.0マイル≒148.1km/h)をピークに低下を続けていることもあり、年齢的な衰えも指摘されるようになった。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たロジャース・センター

    結局、トレード期限の7月31日までに交渉は成立せず。チーム事情を理解しているファンは、本拠地球場ロジャース・センターでの最終登板となる(はずだった)同月24日の試合でハラデイにスタンディングオベーションを送り惜別の意を表したが、その後もハラデイはシーズン終了までブルージェイズに残留して投げ続けることになった。トレード騒動の影響もあってか7月には調子を落としたハラデイだが、9月には3完封を含む4勝を挙げ、月間防御率1.47と復調。最終的には2年連続の防御率2点台に加え、自己最高の208奪三振、ともに両リーグトップの9完投・4完封を記録した。敗戦数は2年連続の2桁となったが、敗戦試合10試合での味方打線による援護点は合計で僅か22点(1試合平均2.2点)にとどまり、シト・ガストン監督はハラデイの登板時に限って沈黙する打線を嘆いた。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たコロラド州

    ロイ・ハラデイ(Roy Halladay, 1977年5月14日 - )は、アメリカ合衆国コロラド州デンバー出身の野球選手。本名はハリー・リロイ・ハラデイ3世(Harry Leroy Halladay III)。投手、右投右打。MLBフィラデルフィア・フィリーズに所属している。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

90件中 41 - 50件表示

「ロイ・ハラデー」のニューストピックワード