90件中 61 - 70件表示
  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たゴロ

    ハラデイの主な球種は、90-94mph(約144.8-151.2km/h)を計時するシンキング・ファストボール(シンカー)やチェンジアップのほか、ナックルカーブにカッター。スプリッターやスラーブも投げる。プロ入り前と現在を比べるとチェンジアップを投げる割合が増していると高校時代のチームメイトは言うが、基本的にはシンキング・ファストボールで相手打者にゴロを打たせる投球が持ち味の投手である。松井秀喜はこのシンキング・ファストボールを「甘い球に感じても、思ったより逃げて沈む。打つときは厳しいコースになる」と表現し、ハラデイを「最も打ちにくい投手」と評した。またシンキング・ファストボールと他の球種との組み合わせについて、オーブリー・ハフは「彼の速球は96-97mph(約154.5-156.1km/h)も出るほど凄まじいわけじゃない。けど彼にはあのカッターとシンカーがある。まずカッターが内角に来て、それから外角へシンカー。こっちは勝ち目がないよ」と話している。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見た完全試合

    移籍1年目、ハラデイは4月5日の開幕戦で先発。ナショナルズ打線を相手に7回1失点で勝利投手となる。するとそこから4連勝。さらに5月には、29日のマーリンズ戦でMLB史上20人目の完全試合を達成した。この試合以降も防御率は2点台前半を推移する安定感で、ハラデイはエースとしてフィリーズを牽引する。7月下旬にはオズワルトが加入し、ハラデイとオズワルト、そしてコール・ハメルズの三本柱は頭文字から "H2O" と呼ばれるようになった。前半戦終了時点で47勝40敗のナショナルリーグ東地区3位だったフィリーズは、後半戦に入って勝率を上げていき、9月7日には地区首位に浮上する。初めてのポストシーズン進出争いを経験するハラデイは「毎日フィールドに来るのが楽しくて仕方ない」と喜びの感情を見せていた。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見た世界金融危機 (2007年-)

    オールスターゲームに先立って7月7日、ブルージェイズGMのJ.P.リッチアーディが、それまで頑なに拒否してきたハラデイのトレード交渉を受け付ける用意があると表明。さらにハラデイ自身も、現行の契約がに満了するまで契約延長交渉には応じない、との意向を示した。このため移籍が確実視されるようになり、ポストシーズン進出を目指す複数のチームがハラデイの獲得に名乗りを挙げる争奪戦となった。しかしここで、リッチアーディが交渉の要点を自ら漏らしてしまったことや、経済不況の中で各球団が安価な若手有望株を出し渋る傾向にあったことなどから、交渉が難航する。ハラデイ獲得が本命視されていたフィラデルフィア・フィリーズも、既にメジャーへ昇格していた左腕J.A.ハップにマイケル・テイラーなどマイナーの有望株3選手を加えた条件でオファーを出したが、リッチアーディが強気な姿勢でこれを拒否したため、諦めてインディアンスのリー獲得に方針を切り替えた。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たWHIP

    球団から強い期待かかり、は自身初の開幕投手となる。3・4月は1勝もできずにいたが、5月1日(レンジャーズ戦)から11登板連続で勝利投手となり、その間に防御率も4.89から3.57まで回復させるなど、次第に調子を上げていった。9月には6登板で5勝を挙げ、23イニング連続無失点・41イニング連続無自責点も記録。最終的には22勝(リーグ最多・球団新記録)7敗・防御率3.25(リーグ5位)・204奪三振(同3位)・WHIP 1.07(同2位)という好成績を収めた。シーズン終了後には球団史上3人目・4度目となるサイ・ヤング賞を受賞し、4年4,200万ドルでの契約延長も手にした。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たリリーフ

    同年はマイナーリーグのルーキー級で先発8試合とリリーフ2試合をこなし、プロ1年目を終えた。は、Adv-A級ダニーデンで球団マイナー組織最多の15勝を挙げ、球団マイナー最優秀選手とフロリダ・ステートリーグのオールスターに選出される。にはAA級ノックスビルで開幕を迎え、すぐにAAA級シラキュースへ昇格。当時まだハラデイはプロ3年目・20歳で、シラキュースが参加するインターナショナルリーグでは最年少だった。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見た三冠王

    は惜しくも無冠に終わるも6年連続の16勝以上となる19勝、4年連続の2点台となる自己最高の防御率2.35、4年連続の200奪三振となる自己最多の220奪三振を記録してフィリーズのエースとして君臨した。5年連続のリーグ最多完投、4年連続のオールスター選出も果たし、油が乗り切った円熟の投球を見せた。サイ・ヤング賞の投票では投手三冠王を達成したクレイトン・カーショウに次いで2位に入った。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見た最優秀防御率

    このように故障続きだったハラデイだが、は故障者リスト入りせず1年間投げ続けることができた久しぶりのシーズンとなった。5月18日のフィリーズ戦では志願して7年ぶりにリリーフ登板。この試合を除く33試合の先発登板全てで5イニング以上を投げる安定した投球で、2003年以来のシーズン20勝と自己最多の206奪三振を記録した。強豪のレッドソックスとヤンキースを相手に8勝したハラデイをサイ・ヤング賞に推す声もあったが、投票では最多勝利と最優秀防御率の二冠を獲得したクリフ・リーの後塵を拝した。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たクオリティ・スタート

    そこで、ダニーデンでは投手コーチのメル・クイーンとともに、投球フォームの改造と精神面の強化に取り組んだ。投球フォームは腕の角度を下げるようにし、それによってシンカーがより大きく沈むようになった。一方のメンタル面では、心理学者2人のカウンセリングを受けた。また、心理学者ハーベイ・ドーフマンの著作 "The Mental ABC's of Pitching: A Handbook for Performance Enhancement"(『ピッチングの精神的イロハ』)を妻に薦められて手にし、これは今でもハラデイの愛読書となっている。こうした道のりを経て7月にメジャーに復帰すると、16先発中13試合でクオリティ・スタートを記録する安定した投球を披露した。翌はシーズン開幕から先発ローテーションに定着し、アメリカンリーグ最多の239.1イニングを投げ19勝(リーグ4位)7敗・防御率2.93(同5位)を記録した。オールスターゲーム初選出・初登板も果たしている。オフにはチームと1年382万ドルで契約を延長。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たインターナショナルリーグ

    同年はマイナーリーグのルーキー級で先発8試合とリリーフ2試合をこなし、プロ1年目を終えた。は、Adv-A級ダニーデンで球団マイナー組織最多の15勝を挙げ、球団マイナー最優秀選手とフロリダ・ステートリーグのオールスターに選出される。にはAA級ノックスビルで開幕を迎え、すぐにAAA級シラキュースへ昇格。当時まだハラデイはプロ3年目・20歳で、シラキュースが参加するインターナショナルリーグでは最年少だった。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見た野球アメリカ合衆国代表

    身長6' 6"(約198.1cm)の長身や広い肩幅など、投手としては理想的な体格を持つ。この体をベストの状態に保つために、1年間を通しての綿密なトレーニング・プログラムを組んでいるので、これまでと2009年の3月に開催されてきた国際大会ワールド・ベースボール・クラシックには、アメリカ合衆国代表のエースになれるだけの実力を持つにもかかわらず出場しない意向を示している。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

90件中 61 - 70件表示

「ロイ・ハラデー」のニューストピックワード