1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
90件中 81 - 90件表示
  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たイニシャル

    移籍1年目、ハラデイは4月5日の開幕戦で先発。ナショナルズ打線を相手に7回1失点で勝利投手となる。するとそこから4連勝。さらに5月には、29日のマーリンズ戦でMLB史上20人目の完全試合を達成した。この試合以降も防御率は2点台前半を推移する安定感で、ハラデイはエースとしてフィリーズを牽引する。7月下旬にはオズワルトが加入し、ハラデイとオズワルト、そしてコール・ハメルズの三本柱は頭文字から "H2O" と呼ばれるようになった。前半戦終了時点で47勝40敗のナショナルリーグ東地区3位だったフィリーズは、後半戦に入って勝率を上げていき、9月7日には地区首位に浮上する。初めてのポストシーズン進出争いを経験するハラデイは「毎日フィールドに来るのが楽しくて仕方ない」と喜びの感情を見せていた。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たアメリカ合衆国

    ロイ・ハラデイ(Roy Halladay, 1977年5月14日 - )は、アメリカ合衆国コロラド州デンバー出身の野球選手。本名はハリー・リロイ・ハラデイ3世(Harry Leroy Halladay III)。投手、右投右打。MLBフィラデルフィア・フィリーズに所属している。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たカット・ファストボール

    はスプリングトレーニングから球速低下によって調子が上がらず、周囲に不安を抱かせたままシーズンに突入した。開幕後も球速は回復せず、4月は防御率こそ1.95とその影響を感じさせない数字だったが、奪三振率は低下していた。5月は防御率6.11と絶不調に陥り、5月29日に右肩の張りで故障者リストに入った。オールスター明けに復帰したが、その後も前年までの投球を取り戻せなず、苦しい投球が続いた。8年連続の二桁勝利はクリアしたものの、100イニング以上投げた年では最低となる防御率4.49、前年まで5年連続でリーグ最多を記録していた完投も12年ぶりに0に終わるなど、不本意なシーズンで通算200勝利に王手をかけてシーズンが終わった。投球の軸となるシンカー、カッターの平均球速はそれぞれ約91.1マイル≒146.6km/h、約89.4マイル≒143.9km/hで、前年の約92.7マイル≒149.2km/h、約91.5マイル≒147.2km/hから低下し、ゴロ率もキャリア平均より10%下回っていた。また、カーブ、スプリッターでの空振り率も前年より低下した。球速はブルージェイズ時代の頃(シンカーが平均93.7マイル≒150.1km/h、カッターが平均92.0マイル≒148.1km/h)をピークに低下を続けていることもあり、年齢的な衰えも指摘されるようになった。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見た2009年のMLBオールスターゲーム

    2002年以降の7年間、ハラデイはブルージェイズのエースとして投げ続け、計113勝を挙げた。これは、その期間中ではロイ・オズワルト(115勝)に次ぐメジャー2位の記録である。しかしその間、チームは1度もポストシーズンに進出できていない。この7年間の勝利数上位12投手のうち、ポストシーズン出場経験がないのはハラデイだけになっていた。、ハラデイは開幕から好調を維持し、6月7日のロイヤルズ戦では両リーグ最速で10勝に到達。続く12日のマーリンズ戦では股関節を痛めて故障者リスト入りするが、復帰後はオールスターゲームでア・リーグの先発投手となるなどの活躍を見せていた。だがブルージェイズは、オールスターゲーム時点で90試合を消化して44勝46敗の地区4位と、このシーズンもポストシーズン進出は絶望的な状況に追い込まれていた。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たナショナルリーグ東地区

    移籍1年目、ハラデイは4月5日の開幕戦で先発。ナショナルズ打線を相手に7回1失点で勝利投手となる。するとそこから4連勝。さらに5月には、29日のマーリンズ戦でMLB史上20人目の完全試合を達成した。この試合以降も防御率は2点台前半を推移する安定感で、ハラデイはエースとしてフィリーズを牽引する。7月下旬にはオズワルトが加入し、ハラデイとオズワルト、そしてコール・ハメルズの三本柱は頭文字から "H2O" と呼ばれるようになった。前半戦終了時点で47勝40敗のナショナルリーグ東地区3位だったフィリーズは、後半戦に入って勝率を上げていき、9月7日には地区首位に浮上する。初めてのポストシーズン進出争いを経験するハラデイは「毎日フィールドに来るのが楽しくて仕方ない」と喜びの感情を見せていた。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見た虫垂炎

    は5度目(5年連続)の開幕投手を務め、デーブ・スティーブの球団記録を更新。この年は急性虫垂炎を発症したため5月11日に緊急手術を受けることになった。復帰まで4週間から6週間はかかるとみられていたが、わずか20日後の5月31日(ホワイトソックス戦)には復帰。この離脱を除けば1年間フルに働いたシーズンで、前年に引き続き16勝を挙げた。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見た四球

    ゴロで打たせて取るタイプの投球であるため球数が少なく、結果として長いイニングを投げることが可能である。シーズン230投球回突破はこれまでに5度記録し、(リーグ2位)以外はリーグ最多だった。また完投数でも以降は計6シーズンでリーグ最多となったほか、には4試合連続完投も記録している。このような投球スタイルになったのは・・の3シーズンにわたりチームメイトだったパット・ヘントゲンの影響で、ヘントゲンはハラデイに「三振は過大評価された指標だ」「7イニングを投げ切れなかったら勝ちはないと思え。リリーフが君に勝ちを拾ってくれるなんて考えは甘い」と教えたという。しかし好調時には奪三振数も少なくはなく、過去3シーズンで200奪三振を達成。奪三振率でも、サイ・ヤング賞を受賞した2003年は6.90(リーグ9位)、同賞投票で次点だった2008年は7.54(同10位)、2009年は7.83(同8位)という数字を残している。与四球は少なく、与四球率は2003年1.08(リーグ2位)、2008年1.43(同3位)、2009年1.32(同1位)、2010年1.08(同1位)となっている。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たメジャーリーグベースボール

    ロイ・ハラデイ(Roy Halladay, 1977年5月14日 - )は、アメリカ合衆国コロラド州デンバー出身の野球選手。本名はハリー・リロイ・ハラデイ3世(Harry Leroy Halladay III)。投手、右投右打。MLBフィラデルフィア・フィリーズに所属している。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見たシラキュース・チーフス

    同年はマイナーリーグのルーキー級で先発8試合とリリーフ2試合をこなし、プロ1年目を終えた。は、Adv-A級ダニーデンで球団マイナー組織最多の15勝を挙げ、球団マイナー最優秀選手とフロリダ・ステートリーグのオールスターに選出される。にはAA級ノックスビルで開幕を迎え、すぐにAAA級シラキュースへ昇格。当時まだハラデイはプロ3年目・20歳で、シラキュースが参加するインターナショナルリーグでは最年少だった。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハラデイ

    ロイ・ハラデイから見た先発投手

    同年はマイナーリーグのルーキー級で先発8試合とリリーフ2試合をこなし、プロ1年目を終えた。は、Adv-A級ダニーデンで球団マイナー組織最多の15勝を挙げ、球団マイナー最優秀選手とフロリダ・ステートリーグのオールスターに選出される。にはAA級ノックスビルで開幕を迎え、すぐにAAA級シラキュースへ昇格。当時まだハラデイはプロ3年目・20歳で、シラキュースが参加するインターナショナルリーグでは最年少だった。ロイ・ハラデイ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
90件中 81 - 90件表示

「ロイ・ハラデー」のニューストピックワード