438件中 21 - 30件表示
  • マーティン・シュトランツル

    マーティン・シュトランツルから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    19歳でドイツ・ブンデスリーガでのデビューを果たす。1860ミュンヘンで6シーズンレギュラーとして活躍したあと、同リーグのVfBシュトゥットガルトへ移籍。同クラブでも初年度は期待通りの活躍を見せるが、2年目になると出場機会が減り、ウィンターブレイク中に活躍の場を求めてロシア・プレミアリーグの強豪スパルタク・モスクワへ移籍。すぐに不動のレギュラーとして定着し、ロシア・プレミアリーグでの準優勝やUEFAチャンピオンズリーグ本大会出場などを果たしている。2010-11シーズンのウインターブレイク中にボルシア・メンヒェングラートバッハへ移籍、ドイツ・ブンデスリーガへ復帰した。マーティン・シュトランツル フレッシュアイペディアより)

  • グルバン・ベルディエフ

    グルバン・ベルディエフから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    現役引退後、サッカー指導者へ転進。徹底してハードワークと組織プレーを叩き込むチーム作りを行っている。カザフスタン、トルクメニスタンでの指導を経て、2001年にロシアのタタールスタン共和国のクラブ、FCルビン・カザンの監督に就任。二部リーグ優勝(2002年)を果たし、ロシア・プレミアリーグに昇格した翌年には3位という好成績を残し、ロシアリーグでの地位を固めていく。2008年、新戦力セルゲイ・セマク、ギョクデニズ・カラデニズの活躍もありクラブは初優勝を果たした。翌年にはリーグ連覇に成功。グルバン・ベルディエフ フレッシュアイペディアより)

  • ラズバン・コチシュ

    ラズバン・コチシュから見たロシア・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    育成の名門CFMウニヴェルシタテア・クルジュ=ナポカの下部組織出身であり、ユースチーム時代には全国優勝を果たした。21歳の若さでトップチームのレギュラーとなり、フランスのスタッド・レンヌFCなど複数のクラブが獲得を狙っていると噂されたが、2003-04シーズン終了後に同世代のゲオルゲ・フロレスクとともにモルドバのFCシェリフ・ティラスポリに移籍した。2007年はじめには移籍金260万ユーロでロシア・プレミアリーグのFCロコモティフ・モスクワと3年契約を結び、FCルビン・カザン戦でリーグ戦初得点を記録した。2010年3月1日、FCティミショアラと3ヶ月の短期契約(5年間の契約延長オプション付き)を結んだ。5月22日、サウジアラビアのアル・ナスルと契約した。2011年2月25日、ウクライナ・プレミアリーグのFCカルパティ・リヴィウにレンタル移籍し、3月11日のFCシャフタール・ドネツク戦 (1-0) で初得点となる決勝点を挙げた。2010-11シーズン終了後に6月、ロシア・プレミアリーグのFCロストフに完全移籍した。ラズバン・コチシュ フレッシュアイペディアより)

  • イーゴリ・シムテンコフ

    イーゴリ・シムテンコフから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    1972年か1973年にロシアの首都モスクワで生まれた。1981年にモスクワにあるスメナ・スポーツ・スクールでサッカーを始め、ウラジーミル・ロパンディンから指導を受けた。1985年から1989年まではSK EShVSM Moscowで過ごした。1990年、FCディナモ・モスクワと契約しプロキャリアをスタート。1994年、ロシア・プレミアリーグで21得点を叩き出してリーグ得点王に輝き、ロシア年間最優秀サッカー選手賞も受賞した。その後は、セリエA所属のACレッジャーナ1919やスペインのCDテネリフェに在籍をした。2002年、MLS所属のカンザスシティ・ウィザーズへ移籍をし、MLS初のロシア人プレイヤーとなり、3シーズンプレーした。2005年、母国ロシアのFCルビン・カザンへ移籍するも、怪我で1シーズンの出場は1試合15分に留まった。スポルト・エクスプレス紙のインタビューで、ルビンのサポートに感謝の意を表し現役引退を発表したが、その後、ロシア・セカンドディビジョン所属のFCディナモ・ヴォロネジと契約。そこで現役生活にピリオドを打った。イーゴリ・シムテンコフ フレッシュアイペディアより)

  • ロマン・アダモフ

    ロマン・アダモフから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    FCシャフタール・ドネツクに在籍した経験を持つが、出場機会に恵まれず。FCロストフ、FCテレク・グロズヌイでのプレーを経て、FCモスクワでは、ロマン・パヴリュチェンコ(当時FCスパルタク・モスクワ所属)とともに2007年シーズンのロシアサッカー・プレミアリーグ得点王(14得点)に輝いた。ロマン・アダモフ フレッシュアイペディアより)

  • ユーリー・コフトゥン

    ユーリー・コフトゥンから見たロシア・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    コフトゥンは警告や退場が多い選手として知られている。ロシア・プレミアリーグでは、97枚のイエローカードに10枚のレッドカードを提示された。リーグ戦、カップ戦、UEFAが主催する大会、ロシア代表を合算すると、141枚のイエローカードに14枚のレッドカードを受けた。ユーリー・コフトゥン フレッシュアイペディアより)

  • アレクセイ・イオノフ

    アレクセイ・イオノフから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    2011年4月17日、ロシア・プレミアリーグ2011-2012の第5節FCアムカル・ペルミ戦(1-3)では前半20分にリーグ戦で初となるゴールを挙げた。6月14日、第13節のFCロストフ戦(4-0)では、開始12秒にダンコ・ラゾビッチによりペナルティーエリアに入れられたボールをネットに突き刺しゴールを決めた。これはゼニト至上最速となるゴールであった。アレクセイ・イオノフ フレッシュアイペディアより)

  • ロマン・パヴリュチェンコ

    ロマン・パヴリュチェンコから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    1999年にFCディナモ・スタヴロポリでプロデビュー。翌2000年にはFCロートル・ヴォルゴグラードへと移籍し、3シーズンを同チームで送った。その後2003年にFCスパルタク・モスクワへと移籍。2006年・2007年と2年連続でロシア・プレミアリーグの得点王に輝いた。ロマン・パヴリュチェンコ フレッシュアイペディアより)

  • ウィルケル・アンヘル

    ウィルケル・アンヘルから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    ウィルケル・ホセ・アンヘル・ロメロ (Wilker José Ángel Romero, 1993年3月18日 - )は、ベネズエラ・トルヒージョ州バレラ出身のサッカー選手。ロシア・プレミアリーグのFCテレク・グロズヌイに所属している。ベネズエラ代表。ポジションはDF。ウィルケル・アンヘル フレッシュアイペディアより)

  • ヌクリ・レヴィシュヴィリ

    ヌクリ・レヴィシュヴィリから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    1987年、グルジアのクタイシにて生まれ、地元FCトルペド・クタイシのアカデミーで育つ。2004年に同クラブでプロとしてのキャリアを始めた。2006年、グルジアの最優秀若手GKに選ばれ、同年にロシア・プレミアリーグ所属のFCルビン・カザンへ移籍するも、正GKのセルゲイ・リジコフからレギュラーを奪取出来ず、2009年のシーズン終了後にルビンは契約更新を提示しなかったため退団した。ヌクリ・レヴィシュヴィリ フレッシュアイペディアより)

438件中 21 - 30件表示

「ロシア・プレミアリーグ」のニューストピックワード