438件中 31 - 40件表示
  • ドミトリー・アレニチェフ

    ドミトリー・アレニチェフから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    1994年、夢であったスパルタク・モスクワへ移籍をした。スパルタク・モスクワ5年間の在籍期間中ではロシア・プレミアリーグ優勝4回、ロシア・カップ優勝2回に貢献をした。1997年にはリーグ戦で20のアシストを決め、キャリア初となるロシア年間最優秀サッカー選手賞に選出された。ドミトリー・アレニチェフ フレッシュアイペディアより)

  • FCバルチカ・カリーニングラード

    FCバルチカ・カリーニングラードから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    1992年にロシア・セカンドディビジョン(3部)に編入され、地域トーナメントに優勝してファーストディビジョン(2部)昇格を決めた。1993年に4位、1994年に3位となったあと、1995年に同ディビジョンに優勝した。トップディビジョン昇格初年度の1996年にはクラブ史上最高の7位という成績を残した。トップディビジョンで3シーズンを過ごし、1998年に降格した。1998年はインタートトカップに参加し、3回戦に進んだ。FCバルチカ・カリーニングラード フレッシュアイペディアより)

  • FCシビル・ノヴォシビルスク

    FCシビル・ノヴォシビルスクから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    1936年に創立されたブレヴェストニク・ノヴォシビルスクがクラブの前身。数度の名称変更を経て2006年に現在のシビル・ノヴォシビルスクの名に落ち着いている。2009年、ロシア・ファーストディビジョンで2位となりロシア・プレミアリーグへ初の昇格を果たした。FCシビル・ノヴォシビルスク フレッシュアイペディアより)

  • FCルチ・エネルギア・ウラジオストク

    FCルチ・エネルギア・ウラジオストクから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    FCルチ・エネルギア・ウラジオストク(', ')は、ロシア・沿海州ウラジオストクを本拠地とするサッカークラブである。2005年には1部リーグを制し、翌2006年からは、プレミアリーグに参戦している。2007年は成績が振るわずに1部リーグに降格しかけた。FCルチ・エネルギア・ウラジオストク フレッシュアイペディアより)

  • ルスラン・ニグマトゥーリン

    ルスラン・ニグマトゥーリンから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    2005年、ロシア・プレミアリーグに昇格を果たしたFCテレク・グロズヌイに移籍をし、レギュラーとしてプレーをした。しかしクラブは2部リーグのファーストディビジョンへ降格をした。2005年、現役から退く事を発表。引退後はスポーツ・ジャーナリストやビジネスを生業としたが、この内のスポーツ・ジャーナリストの仕事は本人にとって苦痛であった。ルスラン・ニグマトゥーリン フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルギ・デメトラーゼ

    ゲオルギ・デメトラーゼから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    FCディナモ・トビリシのユース出身。1992年にFCカヘティ・テラヴィでプロキャリアを始め、1994年にユース時代を過ごしたFCディナモ・トビリシへ移籍。1996/97シーズンでは26得点を挙げチームトップの成績を残した。1997年にはオランダのフェイエノールトに6ヶ月間のレンタル移籍を経験した。1998年、ロシア・プレミアリーグのFCアラニア・ウラジカフカスへ移籍すると、2シーズン目を迎えた1999年にロシア・プレミアリーグで21得点を挙げ得点王に輝いた。2000年、ウクライナ・プレミアリーグのFCディナモ・キエフに移籍をし26試合15得点という結果を残した。2001年、これらの活躍が認められて、リーガ・エスパニョーラの最上位リーグに属するレアル・ソシエダに500万ドルで移籍をしたが膝の怪我もあり十分な活躍が出来ないまま、ロシアリーグふたつのクラブにレンタル移籍をした。2003年、冬の移籍市場でFCメタルルフ・ドネツクに移籍。2003/04シーズンでは18得点を挙げ得点王を獲得した。2010年、故郷のグルジアに戻りスパルタキ・ツヒンヴァリで現役生活を終えた。ゲオルギ・デメトラーゼ フレッシュアイペディアより)

  • ユーリー・ショミン

    ユーリー・ショミンから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    1982年、FCクバン・クラスノダールで監督としてのキャリアをスタートさせる。1986年からFCロコモティフ・モスクワの監督に就任する。1990年にニュージーランドU-21代表を率いるため、一度は退任するが1991年に復帰。2度のリーグ優勝、4度のカップ戦優勝に貢献した。2005年にロシア代表を率いたが、チームを2006 FIFAワールドカップ本大会に導くことができず解任される。2007年にはロコモティフ・モスクワの会長としてチームに戻ったが、プレミアリーグ発足後最低の7位で終え、成績不振の責任を取り辞任。2008年からFCディナモ・キエフの監督に就任した。2008-2009シーズンは、UEFAカップの準決勝では、同国の最大ライバルであるFCシャフタール・ドネツクに敗れるものの、リーグ戦では2年ぶり13回目となる優勝を収めた。2009年5月26日、前監督の後任として、ロコモティフ・モスクワの監督に就任。2007年で会長を務めていた以来、2年ぶりの復帰となった。ユーリー・ショミン フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンビア・セイドゥ

    ドゥンビア・セイドゥから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    2010年1月4日、同年夏にロシアの強豪PFC CSKAモスクワに5年契約で移籍する事が発表された。移籍金はgoal.comで1500万ユーロ、transfermarktで1000万ユーロと表記されている。2010年8月1日、ロシア・プレミアリーグ第15節のFCスパルタク・モスクワ戦でロシアリーグデビューをした。試合は2-1でCSKAモスクワが勝利をしドゥンビアは得点を挙げることは無かったもののフル出場をした。2010年8月19日、UEFAヨーロッパリーグ 2010-11のプレーオフラウンドのアノルトシス・ファマグスタ戦でCSKAの選手として初の得点を挙げた。グループステージで同組となったセリエA所属のUSチッタ・ディ・パレルモ相手にはアウェーで2得点を挙げるなどして活躍。ロシア・カップ2010-2011の決勝ではアラニア・ウラジカフカス相手に2得点を挙げクラブの6度目のカップ戦優勝(最多)に貢献をした。ドゥンビア・セイドゥ フレッシュアイペディアより)

  • PFCスパルタク・ナリチク

    PFCスパルタク・ナリチクから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    ロシア・リーグが誕生した1992年は、1部リーグ(実質2部)に所属していたが、1993年には、2部リーグ(実質3部)に降格する。1996年に1部リーグに復帰し、10年の歳月を経て、2006年、ロシアサッカー・プレミアリーグに初昇格。2006年シーズンは、降格ゾーンに沈む時期があるなど波のあるシーズンを送ったが、最終的には9位と大健闘した。PFCスパルタク・ナリチク フレッシュアイペディアより)

  • ルチアーノ・スパレッティ

    ルチアーノ・スパレッティから見たロシアサッカー・プレミアリーグロシアサッカー・プレミアリーグ

    2009年12月からロシアサッカー・プレミアリーグのFCゼニト・サンクトペテルブルクの監督に就任。個に依存していたチームに戦術を植え付け、連動性に優れた組織的完成度の高い集団へと生まれ変えた。結果にこだわる「イタリア式」も取り入れ、イタリア式をよく知るアレッサンドロ・ロジーナ、ウディネーゼ時代の教え子アレクサンダル・ルコヴィッチ(2010年8月加入)を獲得した。2008年夏のUEFAスーパーカップ制覇を機に下降線を辿っていたゼニトに早速効果が表れ、ロシア・カップ制覇に導くと、過去2年優勝争いにすら絡めなかったリーグ戦でも好調をキープし、3年ぶり3度目となるリーグ制覇へと導いた。しかし、2014年になると不振が続き、3月に解任された。ルチアーノ・スパレッティ フレッシュアイペディアより)

438件中 31 - 40件表示

「ロシア・プレミアリーグ」のニューストピックワード